鉢植えをミニ盆栽にするには<根を鉢に固定する>植え替えの方法2

 

植え替えをするときに大切なことは
根の整理と「根の固定」です。

針金を使って
根をしっかり鉢に固定する方法を
写真で詳しく解説します。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

根を鉢に固定するのはなぜ?

鉢の中で根がぐらつくと
用土の中に隙間ができて
根の生長がとまったり、
逆に徒長根の原因になります。

徒長枝ができて樹形が乱れる要因の
ひとつになるので、しっかりと固定します。

自然界では、
根は水や養分を吸収するだけでなく
大地に根を張って木を支える役割があります。

盆栽は根を小さくして鉢に入れるので
その役割を人間が果たさなければならないのです。

必要なのは針金2種類と鉢底ネット

kotei1

針金は太いのが直径2.5ミリ。
それより細い、2ミリで十分です。
細い針金は0.5ミリ。
1ミリでもOKです。

鉢には針金を通すための
小さな穴が2個空いていますが、
大きい穴が1個しか開いていない鉢もあるので
今回は穴1個のやり方を紹介します。

kotei2

「U」字に曲げた針金を
内側から鉢底ネットに通して
同時に両方に開くとネットが固定されます。

あ、怪長はカメラを左手に持っているので
写真では片方の手しかありませんが‥。

kotei3

針金の途中をペンチで折り曲げると
よりしっかりとネットを固定できます。

kotei4

細い針金を半分に折って
鉢の外側からネットに差し込みます。

ネットを固定した太い針金に
かかるように通しておきます。

kotei5

鉢を元に戻して、細い針金を
両側に広げておきます。
これで準備完了。

korei6

鉢底用にふるいにかけた
大粒の用土を入れます。

korei7

植えつけ用の小さい粒の用土を入れます。
このときは、真ん中を盛り上げるのがコツ。

根の裏側に用土がしっかり入り込みます

 

細い針金でしっかり固定する

korei8

前回のこの記事
鉢植えをミニ盆栽にするには<根の整理>植え替えの方法1

で用意した根を
上から軽く押し付けるようにして
左右に回しながら置きます。

上から指で軽く押さえながら
細い針金を外側から内側へ持っていき
2本を交差させて、手で数回ねじります。

ねじり終えたら、ペンチでしっかりねじります。
このとき、針金を上に持ち上げながらねじると
きちんと固定できます。

きつく締めると根を傷めるので、
ほどほどにしておきましょう。

あとは、余分な針金を切り、
ねじった方向に倒します。

右にねじっていたら右に倒します。
逆に倒すと緩んでしまいます。

用土をしっかり詰めると根が生長しやすい

korei9

固定できたら、用土を隙間に入れて
棒でつつきながら根の周りに
詰め込んでいきます。

隙間ができないように
しっかり詰め込むのがコツです。

ここでも根を傷めないように
優しく丁寧に詰め込んでいきます。

korei10

用土を詰め込み終わったら
鉢底の穴から水がスーッと流れるまで
ジョウロで水をかけます。

穴から流れ出る水は
始めは茶色に濁ります。

それは微塵が外に排出されているからです。

茶色が消えて、透明になったら完了です。

根が伸びるまで
1週間~10日待ってから
肥料を与えるようにします。

 

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪