ミニ盆栽って木をいじめてるの?|森に答えがあります

カナダ人の友達が、初めて作ったミニ盆栽をフェイスブックで紹介したところ、
「木をいじめてる」という反応がけっこうあったそうです。
複雑な表情を浮かべた友達…。
ミニ盆栽って木をいじめてることになるのでしょうか?
そう言いたげでした。

怪長(ブログの管理人)が子どものころ、
隣のおじいさんが盆栽の手入れをしているのをよく見ていました。

・針金をかけて枝を曲げたり
・葉をはさみで全部切って丸坊主にしたり
・鉢から木を抜いて根をバサバサと切っていたり
・枝をバツンと切ったり

子どもの目には木をいじめているようにしか見えませんでした。

・針金をかけて枝の向きを変えるのは葉に日光を十分にあてるため
・葉を全部切るのはモミジの葉刈りで、小枝を増やすため
・根を切るのは植え替えして根を健康に保つため
・枝を切るのは、徒長した枝の整理して樹形を整えるため

でした。

いじめているという反応の多くは、
木は自然の中で生きるべき、との考えに基づくようです。

それも一理ありますね。

では自然の森の中ではどんなことが起きているのでしょう。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

日陰の木は淘汰されている

大きな樹の下には小さな木があります。
木の陰で僅かな光でかろうじて生きています。
大きな木が枯れて倒れると、光があたって伸び始めますが
木の寿命は数十年から長いものでは千年。
足元で枯れていく木がたくさんあります。

日陰の枝も淘汰される

樹の枝は光の当たる方へ伸びていきます。
陰になった枝には光が当たらず、葉が枯れます。
葉が枯れると枝も枯れ、やがて折れて落ちていきます。

長く伸びた枝は下を向く

長い枝は自分の重みで垂れ下がっていきます。
そうすることによって、光が当たりやすくなります。
1本の木がより多くの光を浴びようとすると、下の枝は長く垂れ下がります。
上の枝に覆われてしまわないように自然にそういう形をつくります。

自然の力は針金どころではない

冬になると雪が積もります。
ひ弱な枝は春までに折れてしまい、消えてなくなります。
折れなかったとしても大きく曲がってほかの枝に隠れて枯れていきます。
幹が細くバランスの悪い木は、幹ごと折れてしまいます。
風で倒れたり、大水で根がむき出しになることもあります。
厳しい寒さで凍結し、一瞬で幹が裂けることもあります。
山に残るのは自然の力に耐えた強い木か自然の脅威にさらされなかった木だけです。

種の大半は芽を出さない

大きなカシワの木の下には、秋になると地面を覆うほど実が落ちます。
何万個の世界ですね。

しかし、春になって芽を出すのは1割あるかなぁ~。
ほとんどの実には1ミリに満たない小さな穴が1個開いていて
中は虫に食われてボロボロになっています。

芽を出した木のうち、数十センチに育つのは数本。
それも大木の陰になり、そう簡単には育つことはできません。
そのうちに、虫に食われて枯れます。

離れたところから森を見ていると
自然が木にとって過酷なものには見えませんが、
実際のところ自然は想像よりはるかに厳しいものです。

それと比較すると、盆栽として生きる木は過保護なほど人間が環境を整えています。

もちろん人間が手入れを放棄したり、
亡くなってしまったら木も枯れてしまいますが、
それもまた自然の成り行きかもしれませんね。

木は常に無言

木がどう思っているのか…なんて考えても木から答えが返ってくることはありません。
木が生きる上では人間に伝えるものはなにもないということです。
人間がどう考えようと木は関知せず、ひたすら生きるだけなのではないでしょうか。

盆栽をする人間もひたすら手入れをするだけです。
無知による失敗は付いて回ることかもしれませんが、
人間の都合を優先させず木と向き合っていけば良いと思います。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽を枯らす原因ベスト5|最も多いのは乾燥

気に入ったミニ盆栽を枯らしたことがあります。
1鉢や2鉢ではありません。三桁まではいきませんが…。
原因は次の5つに集約されます。

“ミニ盆栽を枯らす原因ベスト5|最も多いのは乾燥” の続きを読む

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽を枯らす初心者の失敗例|やってはいけない7つのこと

ミニ盆栽を始めようと思っている方が
失敗しやすい事例を紹介します。

怪長(ブログ管理人)の失敗談もあります。
ちょっと恥ずかしいですが ^^; 

もし、あなたが同じことをしていたら…
大切なミニ盆栽を枯らてしまうかもしれません。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

1 鉢に庭の土や畑の土を入れていた

鉢底の穴に石を挟んで畑の土を詰め込んでいました。

畑の土なら栄養もあるし、木はすぐ大きく
なるだろうと思っていました。

ところが、1ヶ月ほどで枯れました。

初めて盆栽を作ろうとして怪長が一番先にやった失敗です。

原因は根腐れです。根が小さかったのも原因です。

盆栽には用土(ようど)という盆栽専用の土を使います。

用土は

  • 通気性を保つ
  • 水分を保つ

という2つの重要な役割を同時に果たしてくれます。

主に赤玉土(あかだまつち)と
砂(火山れき)を調合して使います。

木の種類や日当たりなど鉢を置く環境
によって調合を変えて使います。

カテゴリーの「用土」にある3記事が参考になります

2 根が小さいのに木は大きいまま

山から採取してきた木や庭にあった幼木を
抜いてミニ盆栽の素材にしました。

根を鉢に入るサイズに切ったまでは良いのですが、
木はそのままの大きさでした。

植えたの木よりも根が小さかったのです。

初めて作った10鉢は、ことごとく枯れてしまいました。

根元から上の木と根はほぼ同じボリュームに保つのが基本です。
根を切って小さくしたら、木もほぼ同じボリュームに切り詰める必要があります。

ミニ盆栽用の木の準備
ミニ盆栽は難しい?|3つの基本を知れば簡単
が参考になります。

3 寒そうだからと盆栽を家の中に入れる

寒い時期に盆栽を家の中に入れると枯れます。

必ず枯れるというわけではありませんが、家の中で
盆栽が好む環境を維持するのは難しいのです。

暖房がきいているため乾燥しやすくなります。

じょうろで水をやるわけにもいかず、
つい霧吹きで水分を与えてしまいます。

一見みずみずしくても、鉢の中では
水不足や酸欠が起きやすくなります。

木は水分と同時に根の周囲に酸素が必要なので、
鉢に水を通す必要があります

ところが、始めたばかりの方は
その点に気づかないことが多いのです。

夏も「暑そうだから」と言って冷房の効いた
部屋に入れると乾燥してしまいます。

4 雨が降っているから大丈夫と思う

体調が悪い日とか、二日酔いで寝坊した時は
朝の水やりが辛いこともあります。

ちょうどよく、雨が降りそうな空。

怪長も「今日の水やりは天気に任せよう」
そう思って大失敗したことがあります。

降ると思っていた雨は降らずに
午前中から晴れてしまいました。

仕事を終えて自宅に帰った
時には葉が縮れていました。

それ以来、小雨の中でも水やりは欠かしません。

カテゴリーの水のやり方」にある2つの記事が参考になります

5 受け皿に水を張り、その上に鉢を置く

ミニ盆栽をいつも側に置きたくて、この方法を思いつき、
会社のデスクの上においておきました。

最初の1ヶ月はあまり変化はなかったのですが、
次第に弱り、最後は枯れてしまいました。

盆栽を水に浸したままにしておくと
通気性が悪くなって根が弱ります。

6 鉢を石やコンクリートの上に置く

石やコンクリートの上に鉢を置くと
一見、見栄えがすることもあります。

ところが、
日差しで石やコンクリートが暖められ、
非常に乾燥しやすくなります。

コンクリートからの輻射熱(ふくしゃねつ)は
葉の裏や幹、枝にも当たるので思った以上に
乾燥しやすくなります。
ミニ盆栽は置き場所が肝心|西日を避ける理由?が参考になります

7 肥料をやり過ぎる

肥料をやり過ぎると根が弱り、枯れる原因になります。

肥料をやると大きく育つと思いがちですが、
基本的には肥料をやる必要はありません。

鉢の中で不足しがちなチッ素、リン酸やカリなど
必要な養分を補って木の健康を保つという考え方で十分です。

肥料のやり方はこちらの記事を参考に
肥料のやり方|ミニ盆栽を元気にするには

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽は難しい?|3つの基本を知れば簡単

ミニ盆栽は簡単だと思ったけれど難しい―。
そんな声をいただきました。

怪長(ブログの管理人)も20年近くやっていますが、
分からないことだらけです。

とは言っても基本的なことは分かるようになったので
分からないことは、そのつど調べれば良いことです。

もしあなたがミニ盆栽は難しいと感じるなら、
3つの基本的なことを知ってください。
これが分かれば、あとは木が無言であなたに教えてくれます。

その3つとは…

“ミニ盆栽は難しい?|3つの基本を知れば簡単” の続きを読む

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

アブラムシからミニ盆栽を守る|偵察隊のアリ

アリがいてくれるおかげで
怪長の盆栽はアブラムシの
被害を受けることはほとんどありません。

アリがアブラムシの居所を教えてくれるからです。

ミニ盆栽が100鉢以上あって、
数えきれないほど葉がついていたとしても
アブラムシの居場所をピンポイントで教えてくれます。

どうすれば分かるのか…。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

アリを見ていればいいだけです。

アブラムシはお尻から「甘露(かんろ)」という
甘い蜜を出します。アブラムシの排泄物です。

アリは甘露が大好きで、
アブラムシを見つけると
仲間のアリに知らせに行ったり、
触覚でアブラムシの体に刺激を与えて甘露を出させます。

朝は、水やりをする前に
ミニ盆栽の棚をゆっくり見て回ります。

ミニ盆栽を見るというより、
棚にアリがいるかいないか、
アリがいたら、どんな動きをしているか―を見ます。

足早に動いていたら、
アリの跡を目で追っていきます。

そんな時は、だいたいアブラムシがいると思ってください。

アリを追っていくと、
その先にアブラムシがいます。

ari2

アブラムシは若い葉の根元にいます。

そこにピンポイントで
駆除薬をシュッと1回かけるだけ。

アリの動きを見逃すと
アブラムシはどんどん増え
木の汁を吸って弱らせてしまいます。

若い葉は広がらずに縮んでしまい
、盆栽を楽しむことはできません。

ミニ盆栽をしている人にとって、
アリはアブラムシの偵察隊だと思っていいです。

怪長の庭には黒いありと、
赤茶の小さなアリがいます。

ふつうなら厄介者のアリですが、
アブラムシをあっという間に発見して
居場所を教えてくれるアリはありがたい存在です。 

アリがいなければ
1枚ずつ若い葉をめくらなければなりませんからね~。

時間がいくらあっても足りません。

それに、
アブラムシが付いているかどうか分からない葉に
駆除剤を吹きかけるのは、好ましくありません。

ari1

今年は庭においている
丸太の椅子の中にありが巣を作りました。

「なんでこんなところに鋸屑があるのかな」と思って
よく見ると、丸太の中が蟻の巣になっていました。

鋸屑に見えたのは丸太の中の木の屑です。

「まあ、仕方ないか、どうぞ巣にしてください。丸太はアリさんに差し上げます」

そんな感じで怪長はアリと共存しています。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽を枯らさない工夫|夏の対策

夏は気温が上昇しします。鉢の保水力の少ない
ミニ盆栽は水不足で枯れる危険と隣り合わせです。

かといって、仕事の途中で水をやりに帰って
来るわけにもいかず、心配になります。

そこで、暑い夏を乗り切る方法を紹介します。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

夏対策

仲間の盆栽が暑さで枯れてしまいました。
左が作った直後、右が3週間後。

こうならないために
欠かせないのは次の3点です

  1. 朝は忘れずに十分に水やりをする
  2. ヨシズなどで日陰を作る
  3. 大きな鉢に小粒の用土を入れ鉢を乗せておく

朝の水やり

前日の夜に十分水やりをしても、大丈夫ではありません。

乾いていなくても、鉢の中の水は用土に含まれている
水だけですから、乾いてしまう可能性があります。

雨が振りそう、もしくはすでに降っている時でも
朝の水やりはしておきましょう。

天気が回復して雨がやみ、太陽が照りだすと
乾いてしまい、後悔することがあります。  ※怪長もこれで…。

どの程度、水をやると「十分」なのか…。

鉢を手に持って、水をやってみて鉢の底の穴から
水がぼたぼたと落ちる程度です。

朝の水やり

毎回、鉢を保つ必要はありませんが、
その感覚を覚えておくといいですね。

じょうろでやった水が、鉢に染み込んだ後
もう一度か二度、同じことを繰り返してください。

ヨシズなどで日陰を作る

強い日差しが長時間続くと鉢の中の水は蒸発します。

それを避けるために、陽の光を
半分程度にすると効果があります。

ヨシズが風で飛ばないようにする工夫も必要ですね。

日の当たるコンクリートの床や壁は、
葉の温度を高める原因になりまから
床、壁からは数十㎝離す場所に置きます。

壁にヨシズを当てるのも、熱を防ぐひとつの手です。

大きな鉢に赤玉土を敷き鉢を置く「二重鉢」

二重鉢写真

二重鉢の絵

赤玉土にこだわることはありませんが
保水力の高い用土の方が効果があります。

水だけでは通気性が良くないので
根を痛めることがあります。

根が痛むと水を吸収する力が弱り、木を弱らせてしまいます

砂のような水はけの良いものは乾きやすく
温度が上がりやすいので、保水力のある用土がいいですね。

この方法を取るときは、ヨシズなどで遮光するのを忘れずに。

強い直射日光が当たると温度が上がり
逆効果になることがあります。

暑い日差しからミニ盆栽を守りながら夏を乗りきましょう。(^^)

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽は置き場所が肝心|西日を避ける理由?

ミニ盆栽を置くのに適した場所と
適さない場所があります。

適した場所と適さない場所

置き場所2

ミニ盆栽をおくのに適した場所は
日当たりの良い屋外の棚の上です。

棚を作ってその上に置くようにします。

強い日の当たるときは、ヨシズなどで
日差しを避ける工夫をしましょう。

特に西日を避けるように工夫してください。

適さない場所は

・家の中
・壁のすぐ近く
・石やコンクリートの上

それぞれに理由があります

自然の森では、
一日中陽があたっていても
木がかれたりはしません。

ところが、盆栽は
鉢の中に大地の機能を凝縮しているので
一日中、日の当たる場所だと自然の機能を
十分に満足できないことがあります。

木は一日中、日に当たっていなくても光合成がでるので、
日当たりがそれほどよくなくても心配はありません。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

西日を避ける理由は

葉やけを起こすことがあるからです。

葉やけというのは、強い日差しで
水分が蒸発したり、細胞の組織が壊れて
健康な緑の色を失った状態のことです。 

白っぽい緑になったり、
葉の先端が茶色になって
枯れてしまうこともあります。

西日は、人間にとっても暑苦しいものですが、
実際に光が強いかといえばそうではありません。

太陽が西に傾くまでの間に
空気や地面、周りの建物などの温度が上がり、
その輻射(ふくしゃ)熱と西日の熱で葉の温度が
上がってしまうからです。

西からの日光を避けることで、
複合的な熱の影響を抑えることができます。

家の中はなぜ適さない場所なのか

初めて盆栽を手にした人は
いつもそばにおいておきたくて、
家の中に入れてしまいますよね。

もちろん、怪長もそうしてました。

間近でいつも眺めていたい…。
その気持ちはよく分かります。

ところが家の中は木にとっては
決して快適な場所ではありません

夏は冷房、冬は暖房。
空気も乾燥しています。

家の中で鑑賞す時は、
数鉢を作って1日交代制にしたり、
家の中に置く時間を数時間に限ると安心です。

石やコンクリートの上も適さない場所

置き場所1

日中の日差しで周りの温度が上がってしまい
盆栽にとって過酷な環境となります。

陽が直接当たる壁の際も
輻射熱で温度が上がり過ぎることがあります。

土の上に直接鉢を置くのも好ましくありません。

根が地面に入り込んだり、
足で鉢を引っ掛けてしまったりします。 
※怪長の失敗

台を作って地上数十㎝のところに板を渡して
鉢を置くようにすると、環境は良くなります。

水やりもしやすく、
水の吸い込みの様子もよく見えます。

まったく日の当たらない薄暗い場所に
好んで盆栽を置く人は少ないとは思いますが

カンカン照りのコンクリートの上と
直接、光の当たらない場所とで
どちらが良いかといえば、
日の当たらない場所の方がまだましです。

特に、弱い光を好む木では後者の方が良いです。

植え替えや、鉢上げなどをしたばかりのミニ盆栽は
風通しの良い日陰においてください。

日中の日差しが強くて葉がしおれてぐったりしていたら
鉢ごと水に漬けて、2、3日は日陰で養生させてください。

まとめると

  1. 盆栽は日陰でも生きる
  2. 温度が上がり過ぎると弱るか、枯れる
  3. 風通しがよく、日が当たるところが良い
  4. 温度が上がり過ぎないよう日光を遮る工夫をする
  5. 西日は避ける
  6. 家の中は盆栽にとって快適ではない

ミニ盆栽を枯らさない工夫|夏の対策も参考に(^^)

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

なぜ枯れた?ミニ盆栽|水をやっていたのに…どうすれば

水をきちんとやっていたはずなのに枯れてしまった…。
ミニ盆栽をやっていると、こんな経験をすることがあります。
考えられる原因は…

怪長の失敗談をご紹介しますので。
反面教師にしていただけると幸いです。^_^;

1 用土ではなく鉢に土を入れた
2 植え替えをしていない
3 根が木と比べて小さい
4 水をやったつもりになっている

の4つがあります。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

用土ではなく土を入れていたら

すぐに木を鉢から抜いて、土をほぐして
取り除き、根を水に漬けてすすぎ洗いをする。

残った土はホースのシャワーなどですべて
きれいに取り除いてから植え替えてください。

土を洗い落とした後の手順は
植え替えの手順|樹高10㎝のヤマモミジ
を参考にしてくださいね。

植え替えをしていない

生長の早い若い木は2年目、3年目に植え替えをします。
年数の経た木は3、4年に一度、植え替えをします。

植替えをせずに放っておくと鉢の中が根に占領されて
用土がなくなり、保水力が低下して乾きやすくなります。

枯れた根が鉢の中で腐るので、
元気な根の働きも悪くなります。

この場合も根をきれいに洗い、枯れた根を
取り除いて大きめの鉢に植え替えます。

根が木よりも小さい

鉢から抜いて、枯れた根を除去して
木と根のボリュームを比べます。

根のボリュームになるまで枝や幹を切り詰めます。

枝にはほんの少しだけ葉を残してください。
葉の残った枝は枯れないことの方が多いです。

葉が全部枯れていて枝に残す葉がなくても
諦めないでください
助かる可能性はあります。

これも大きめの鉢に植え替えて3ヶ月ほど様子を見ます。

水をやったつもりになっている

鉢が苔に覆われていると、水をやっても
鉢の中まで水が浸透しないことがあります。

水を十分やったつもりでも十分ではなかった…ということです

この場合は、鉢を水に数分漬けて水を染み込ませ、
用土の表面の苔を全て取り除き、用土が古くなって
いるようなら植え替えをします。

用土が古いかどうかは、用土の配合によって
見え方が違うため、一概にこうだとはいえませんが、
赤玉土の粒が崩れて粘土化しているなど、
用土が固まった様子がみられます。

植え替えして間もないか、2年目程度なら
苔を取り除いて、乾燥させないようにしながら
通常管理で様子をみます。

木は人間が思っているほど弱くはなく、
忘れたころに復活することがあります。

元の樹形を保つことはできませんが、
新たな木として、あなたと長い付き合いが
再び始まります。

枯れたと思った木から、新芽が吹いてきたら、
小躍りするほど嬉しいものです。(^^)

枯れた木2

この木は、野ねずみに皮を全部食べられて枯れた
ボケの木ですが、根本から新しい木が育っています。

幹は枯れても根は生きている証拠です。

木は一見、枯れたように見えても根の一部が
生きていると復活することが多いのです。

怪長の失敗談

ミニ盆栽を始めてみようと思って近くの森や山に行き、
木だと思うものはかたっぱしから集めて来て、
そのまま仕立て鉢に植えました。

根と木のボリュームや用土などの知識などまったくなく、
やみくもに植えたので20種類くらいあった木は1週間で
ことごとく枯れました。

難しいものだなぁ~、と思って諦めて忘れていたら、
1ヶ月ほどして少しずつ回復してきました

面白くなったのはそれからです。

本を買って読み始めたら、いろいろなことが
分かるようになりました。

もう一つ、失敗談というのか

春のからっ風で、枯れた盆栽を鉢から外して
捨てようとした怪長に、盆栽の先輩が
「土用の丑の日まで待て」と言いました。

うなぎを食べる日まで待つ?

意味がわからないまま、普通に水をやっていたら
新芽が出てきて、びっくり。

今は、驚きませんが。(^^)

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪