温泉探索中に発見したトドマツの世代交代

ドドマツです。
小さいのも、ちょっと大きいのも
もっと大きいのも、みんなトドマツ。

で、トドマツの生えている地面のような
ところは‥?

それも、ドドマツです。
直径80㎝くらいの倒木でした。

つまり、
これはトドマツの世代交代の画像なのです。

温泉探索の帰り道に発見

北海道東部、オホーツクの沿岸(網走市)から
直線で約70㌔西の北見市留辺蘂町の山の中です。

11月10日、午前11時ころにみっけました。

周囲は360度‥森。てんこ森です。

なんで怪長がそんなところにいるか?

温泉、探してました。

「温泉みつけたから、見に来い」
というオジサンがいたので、見に行きました。

国有林の中です。

林道に車を止めて、ササをかき分けて
歩くこと10分。

森の中に湯気が‥。
「お~っ! 温泉だ!」

斜面の中腹から、こんこんと湧き出る湯。
周囲は手つかずの森。

そう、だ~れも知らないのです。クククッ>

怪長:「で、この温泉どうするの?」

オジ:「このまんま。ときどき来る」

怪長:「で‥?」

オジ:「足湯にして入る」

怪長:「で‥?」

オジ:「でっ‥て?」

怪長:「それだけ?」

オジ:「そう。人が来ない方がいい」

怪長:「来ない方がいいか」

オジ:「いい」

ということで、帰ってきました。

トドマツの世代交代は
その帰り道に見つけたのです。

この温泉は、27度でした。
ま、つかるのにはちと寒いですけど。

そこにたたずんでいるだけで
温泉気分は味わえます。

ただ、今時期だと熊が怖い。|д゚)

北見市留辺蘂には
「温根湯温泉」という温泉街があります。

造材と温泉で栄えたまちだけに、
山の中には温泉、冷泉の源泉が
怪長の知っているだけでも6ヵ所あります。

根上りの始まり

あ、トドマツのことでしたね。

トドマツは、このまま大きくなるうちに
下のトドマツが朽ちて
上のトドマツは根上り状態になります。

ミニ盆栽でよく、根上りを作るあれです。

この記事にちょこっと出てます
根上がり・根洗いミニ盆栽の作り方

自然の中では、根上りができるのに
どれくらい時間がかかるのでしょうか‥?

盆栽なら数年。
森の中なら数十年というところでしょうか。

とどとど2

トドマツの幼木は、
そっとそのままにして帰ってきました。

ところで、

怪長の友達で
日本野鳥の会の「怪員」の方がいます。
※一般的な会員と同じよみ

怪長以上に怪しい人物なのです。

川辺で鳥の写真を撮るときは
ダンボールの箱に身を隠し、
じっとしています。

で、その箱には
「怪しい者ではありません」と
シールが貼ってあったりして。メッチャアヤシイダロ >

その怪員の方が言ってました。

「とっていいのは写真だけ。
持って帰ろう、ごみと思い出」

いっそう、怪しく聞こえるので面白いです。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

“温泉探索中に発見したトドマツの世代交代” への2件の返信

  1. 面白い怪員さんですね(・∀・)!!うけました
    その心構えもいいですね大事な自然ですからね。

    それにしても温泉がでるとかうらやましい!秘密の温泉かぁ。
    そんなところに棲んでみたいです本当に。

    1. しんとうさん

      こんばんは!
      コメントありがとうございます。

      自然はそのまま、そっとしておくのがいいですよね。
      人が入るとその分、壊れてしまいますから。

      この辺は、山の中に行かなくても温泉だらけです。

      肌がツルツルになる「塩別つるつる温泉」。
      そのちょっと奥には、
      肌がもっとツ~ルッ‥ツルになる温泉もあります。

      日本野鳥の会の怪員さんはTさんといって、
      凡才会の事務局長さんです。

      なのに、なぜか盆栽は1鉢もない‥。

      ところが、自宅でこっそり
      キタミソウという珍しい植物を育てているのです。

      ここにチラッと
      ミニ盆栽あるある失敗談‥怪長の悪い見本特集

      あ、そのうち、T氏の記事を書きます。
      怪しさ満点のオジサンです。

      お楽しみに。

      ありがとうございました。

      怪長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。