オホーツクのミニ盆栽は冬眠します|5ヵ月間は雪の下

オホーツクに本格的な冬が来ました。雪をかぶったミニ盆栽たちは長い冬眠に入ります。それは試練の始まりでもあります。雪解けは来年の4月中旬。それまでミニ盆栽たちは、どんな試練を乗り越えるのでしょう。

うっすらとミニ盆栽を覆う雪。寒そうですね~。
でも、オホーツクに住む人々にとって、この風景は暖かい風景なのです。
な、なんで?

オホーツクの木は寒さには強い

雪が降るときは空が雲で覆われています。地上の熱は雲に遮られてどこにも逃げず、気温は下がらないのです。
ところが、雲がない晴れた日は、放射冷却現象といって地上の熱がどんどん空に逃げて行き、気温はぐんぐん下がります。

12月にはいると、マイナス10度Cを下回るようになります。
ミニ盆栽の上には、まだ数十センチの雪しかありませんから、もろに寒さが襲います。

でも、このあたりで育つ木は平気なんですね~。これで枯れていたら周囲の山々の木々に笑われてしまいますよね。

それでも乾燥には弱い

問題なのは乾燥です。

気温が下がると待機中の水分はみんな凍って地上に落ちます。空気はカラカラに乾いています。

乾燥した空気がミニ盆栽にあたると、枯れる最も大きな原因になります。

ミニ盆栽を雪と風の当たらない小屋の中に入れたとしても、乾燥した空気はどこからでも入ってきて、ミニ盆栽から水分を奪い取っていきます。

雪の中は空気が動きませんから、乾燥していても水分が奪われ続けることがありません。氷点下で一定の湿度を保つのです。

つまり、雪はミニ盆栽を乾燥から守るのです。

もし、寒さに弱いミニ盆栽を持っていたら地下1m以下のところにムロを作って、そこで冬を越すのが安全策です。

年が開けて1月になると雪はどんどん降り積もります。もし、ミニ盆栽が軒下にあったらなら、屋根から落ちた雪で枝が折れたりします。

このため、雪の落ちて来ない場所を選んで囲いを作り越冬させます。

春の風からミニ盆栽を守る

囲いは雪が積もっている間は何の役にも立ちませんが、4月の中旬から雪が解けはじめ、ミニ盆栽が少しずつ見えるようになると威力を発揮します。

春の乾燥した風から守るのです。

春の風も乾燥していますし、風速が早いので、盆栽にとっては驚異です。

このころになると、新芽も膨らみ始めますが春の乾燥した風に当たると、そのままドライフラワーのように枯れてしまいます。

ミニ盆栽の周りの囲いがあるだけで相当違います。

春のからっ風は、5月の連休あけころまで続きます。すでに新しい葉がで初めて、枝にかわいらしい緑が増え始めますが、油断は禁物。
じっと風が止むのを待つのです。

会社が休みで時間はたっぷりあるのに「ミニ盆栽に触るのは待ちなさい!」というわけです。イライラ

3月に剪定しするとしたら

剪定は新芽が動く前が適期と言われていますが、オホーツクでそれをしようとしたら、深い雪をほっくり返さなければなりません。

できなくはありませんが、もしやったとしたら……ん~ん
・ミニ盆栽をひとつ掘り出すまでにヘトヘトに疲れる。
・剪定をしているうちに、人間がしばれる。
・かみさんに「なにバカなことしてんの」と言われる。
・野ネズミに「じゃまだ!」と言われる。
そんな感じでしょうか。

あ、野ネズミも3月末ころからミニ盆栽を狙っています。

野ネズミの被害はこちら
野ネズミは剪定の天才?|ミニ盆栽の樹形を一瞬で変える
防止対策はこちら
越冬中のミニ盆栽の最大の敵とは?|野ネズミ対策

に書いておきましたので、どうぞ。(^O^)

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽用の苔の増やし方|胞子と分身の術を使ってみよう!

苔は胞子で増えます。種ではありません。

種と言われているのは苔をほぐして
篩(ふるい)にかけたものです。

苔を増やすにはいろいろな方法があります。

今回は、胞子で増やす方法と、
分身の術で増やす方法をお伝えします。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

胞子で増やす方法

胞子で増やす1
苔は生長すると胞子のうを出します。

ミニ盆栽のアクセントにするハイゴケは、
春になると苔から細い茎(胞子柄)を出します。

その先端はやや膨らんでいます。それが胞子のうです。

晴れた日、気温が高くなると胞子のうが開いて、
粉のような胞子が風に吹かれながら散っていきます。
その性質を利用して胞子で苔を増やしてみます。

床の作り方

胞子で増やす3
大きめの鉢に砂を入れ、キッチンペーパー
(新聞紙でもいいです)を敷きます。

砂とキッチンペーパーの間に隙間を作らない
ようにしてペーパーにに水を含ませ、
けと土を薄く塗ります。

厚さは1ミリもあれば十分です。
これで床のできあがり。

胞子で増やす2
次は、ハイゴケから胞子のうが出るのを待ちます。

胞子のうが膨らんできたら
用意しておいた床を風下にかざし、
胞子のうの先端を細長い棒でなぞるように刺激してやります。

すると胞子がふわっと散ります。
その胞子を湿らせたけと土で受けます。

よほど目の良い人でなければ、胞子が付着
したかどうかは分かりませんが、たいていはついています。

あとは、涼しいところに置いて乾燥しない
程度に水をあげて放って置くと、2ヶ月ほどで
緑色の苔が増え始めます。

分身の術で増やす方法

分身の術で増やす
ギンゴケ、ヤマゴケ、ハイゴケは
分身の術で増やすことができます。

育った苔の緑色の部分を床屋
さんがするように切ります。

切った苔はキッチンペーパー
(新聞紙でもよい)で受けます。

苔がたまったら、風に飛ばされないよう
日の当たる窓辺(室内)に置いて乾燥させます。

カラカラに乾いたら手でもみほぐして小さくします。

粉になるほど小さくすると苔が育つまでに時間が
かかりますから、1ミリ程度でやめておきます。

あとは、胞子で増やすのと同じ要領で
床をつくり、乾燥した苔の粉を古いに入れて
ハラハラと濡らした床に蒔きます。

乾燥させなくてもいいのですが、
乾燥させた方が全体に平均的にまきやすいです。

苔の管理の方法

胞子でも苔の粉(俗にいう種)でも管理の方法は同じです。

日の当たる涼しい場所でなるべく
乾燥させないように時々水をやりながら
置いておくだけです。

どちらかというと、水をやり過ぎたり、
暗いところに置いたり、苔が出てこないから
失敗したと思ってしまう人間の心の管理の方が
難しいかもしれません。

怪長(ブログ管理人)のことですが…^^;

ボーッと待っていれば苔は自然に生えてきます。

苔だけでなく雑草と呼ばれる様々な植物も
出てきますので、ピンセットで抜いてやると
苔は喜ぶと思います。

乾燥したら死んだふり

苔は大気と大地が乾燥したら自分も乾燥して休眠します。

ずっと乾燥していたら自分もずっと乾燥しています。

雨が降って水を得たら活動を再開します。

自分も乾燥するというような性質を「受容」といい、
環境をそのまま受け入れるという生き方です。

木はこの「受容」ができないので、
乾燥してしまったら眠ったきり復活しません。

木など多くの植物は「適応」
という生き方をしています。

サボテンのように乾燥地帯で生きる植物は、
葉をトゲに変化させて環境に「適応」しています。

しかし、適応できる限界を超えて
しまったら枯れるしかないわけです。

苔が古代から生き抜いた秘訣は
「受容」という生き方にあったのです。

苔には根がない

苔には根がありません。

根のように見えるのは「仮根」と呼ばれ、
石や地面に体を固定するためのものです。

根ではないので養分を吸収することはありません。
つまり、苔に肥料をやっても意味がないのです。

でもなぜか液肥のハイポネックスを
与えると色が良く元気になります。

苔の栄養源とは?

光合成と水です。

苔は暗いとこが好きと思われがちですが、
日当たりのないところでは光合成ができず、
育ちません。

日当たりの強いところでは乾燥してしまいますが、
いないように見えるだけで雨が降ると復活します。

苔にとって水は生きる糧なので、苔同士が
体を寄せ集めて隙間に水を溜め込みます。

苔の容量の3倍もの水をためます。

これがミニ盆栽には良くない結果を生むこともあります。

鉢にタップリ水をやったつもりなのに、
鉢の中まで水が通っていなかった…とか

苔が生えるのを喜んでいたら、実は鉢が水分過多で
木の根が腐りやすかった…ということもあるので、
苔とミニ盆栽の同居にはちょっとだけ気を使いましょう。

こちらの記事が参考になれば幸いです。
苔はミニ盆栽に必要?それとも不要|メリットとデメリット

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽を枯らす原因ベスト5|最も多いのは乾燥

気に入ったミニ盆栽を枯らしたことがあります。
1鉢や2鉢ではありません。三桁まではいきませんが…。
原因は次の5つに集約されます。

“ミニ盆栽を枯らす原因ベスト5|最も多いのは乾燥” の続きを読む

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

苔はミニ盆栽に必要?それとも不要?|メリットとデメリット

ミニ盆栽に苔(コケ)を使う人と使わない人。

怪長(ブログ管理人)の仲間には両方います。

本当のとのところはどうなんでしょう?
苔はミニ盆栽に必要なのか、不要なのか…?

苔はミニ盆栽の見栄えを良くする

苔を張るとミニ盆栽はみずみずしく見えて、
とても見栄えが良くなります。

観賞価値が1ランク上がるのが苔のメリットですね。

自然の中で生きる木の根元のには草が生えて
いますからその雰囲気、自然な感じが増すわけです。

小さい盆栽ほど苔を使うと素晴らしく見えます。

ちょっと頼りない木でも苔を使うとミニ盆栽全体
にアクセントが生まれますね。

ミニ盆栽ができあがっても
「苔を張らないと完成した気分にならない」
という人もいますね。

その気持ち、すごく良く分かります。

怪長も一時、苔に夢中になりました。
ミニ盆栽を作る前にはまず、苔を探して歩いたものです。

盆栽の展示会で見る素晴らしい盆栽は、苔をうまく
利用して、観賞価値を高めていますよね。

ではなぜ「ミニ盆栽に苔を張らない」という人が
いるのでしょう?

苔のデメリットは2つある

・鉢が乾いたかどうか分かりにくい
・水が鉢に通りにくく、水やりしたつもりになる

苔はミニ盆栽を枯らす原因になることもある
ということです。

鉢が乾いたかどうかがわからない

ミニ盆栽に水をやる理想的なタイミングは
用土の表面が乾いた時です。

ところが、苔が鉢を覆っていると乾いているか
どうかが分からず水やりのタイミングを見過ご
してしまうことがあります。

水が鉢に通りにくい

苔は水をたくさん吸い込みます。

保水力が高いので水をたくさんやったと錯覚
してしまいます。

水を十分にやっても、水が底の穴から通り抜けた
後は、土より苔の方が水を多く含んでいるので
根が苔に向かって伸びてしまいます。

koke2

苔で覆われた鉢から苔を剥がしてみました。

koke3

根の先が鉢の縁にありますね。

根が上に伸びると鉢と苔の間に根を張ってしまいます。

苔が乾いた時には根の先端が乾燥して枯れてしまい
ますから、木を弱らせる原因になります。

苔のデメリットを解消

苔にデメリットがあるからといって、嫌うことも
ありません。

koke5

苔を張るときは鉢全体を覆うのではなく、木の周り
だけとか鉢の一部とかにするといいですね。

鉢の縁には苔を張らず用土が見えるようにしておく
のもいいです。

koke4

苔が全面を覆うようになったら、縁だけ剥(は)がします。

見栄えは少し落ちますが2年ほどこのように苔を
剥がしたりしていると、植え替えの時期が来ます。

その時に、苔を張り直すか、自然に苔が生えるのを
待つのもいいですね。

まとめると

  • 苔はミニ盆栽の見栄えをよくする
  • 鉢が乾燥しているのが分かりにくい
  • 水をやったつもりになる
  • 根が上にのびて木を弱らせる
  • 苔が全面を覆わないように工夫する

ということで、
うまく苔とつき合っていきましょう。(^^)

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽はどう冬を越す?|まさか雪の下では…

ミニ盆栽の冬囲いの様子です

ミニ盆栽の冬越しの方法は地域や樹種によって異なります。
雪が少なく、比較的温かい地方はムロが主流ですが、
雪の多い地方や氷点下20度以下になる地域の越冬方法は
そのまさかの雪の下です。
どうして…?

雪の下が良い理由

1 冬の乾燥した風に当たらない
2 気温の変化が少ない

怪長(ブログ管理人)の住んでいる道東の北見市は
12月から2月中旬まで氷点下10度以下の日が続きます。
寒い時は氷点下30度近くまで下ります。

気温が氷点下より下がるほど、空地中の水分が凍結し地上に落ちます。

そのため、冬の大気は非常に乾燥しています。
寒干しという言葉があるように冬の風に当てると
水分を奪われ乾燥します。

地上に落ちた氷は、知っている方も多いと思いますが
時にはダイヤモンドダストになってキラキラと輝きます。

そんな乾燥から、ミニ盆栽の木を守るには
雪の下に置くのが一番良いのです。

くれぐれも暖房の効いた家の中には置かないでください。
枯れます。

雪の下に置く方法

地面が凍結する前の10月下旬から11月中旬までに
鉢を肩まで地中に埋めておきます。
鉢の乾燥を防ぐためです。

鉢に土をかぶせてしまうと、
春になって掘り出した後で目詰まりを起こすので
鉢の半分程度まで埋まっていれば良いとお考えください。

枯れ葉を枝の下に敷き詰めておくとなおよいですが、
そのままでも構いません。

地中に埋めた鉢をブロックか板で囲い風を避けます。
上から板で覆うことはしません。

地面が凍結するまで週に1回程度、水をやります。

本格的な冬が来ると雪が積もりミニ盆栽を覆います。
雪が少ない場合は可能な限り周囲から集めて
ミニ盆栽にかぶせます。

冬越の絵
↑ 絵をクリックすると別窓で開きます。

ミニ盆栽が雪に完全に埋まったら冬越しの準備は完了。
春までひたすら待ちます。

厳寒の地で育つ木は寒さには強いのですが、
ミニ盆栽は乾燥した風に当たると枯れてしまいます。

春になるとまたもや試練

3月の中旬から雪が解け始めます。
すると雪の中でミニ盆栽の芽が動き始めます

4月中旬になると雪が解けてミニ盆栽が雪の下から
出てきます。

ここからがミニ盆栽の試練です。
春の風も乾燥しているからです。

冬になる前に囲っていた板が風よけに威力を発揮します。

5月に入ると気温が上がり、
囲いの中で葉が開き始めるミニ盆栽もあります。

「もう温かいから棚に移そう」と、思うのですが
そこをさらにこらえて春の乾燥した風が収まるまで待ちます。

乾燥した風が収まるのは5月の連休明けです。

周囲の野や山の草が育ち始めると空気が乾燥しなくなりますから
ミニ盆栽を棚に上げてください。

温かいのだから…と、侮(あなど)ると危険です。

怪長の失敗談

怪長は春のカラッ風を侮ったがために
一度に50鉢を枯らしてしまったことがあります。

春の風で枯れたミニ盆栽は、新芽が膨らんだまま枯れます。
いつまでたっても葉が開かないので「変だなぁ~」と思って
芽に触れてみて分かったのですが、
ドライフラワーになっていました。(T_T)

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪