ミニ盆栽は雪に埋まりました。大丈夫かな~?

オホーツクのミニ盆栽は雪に埋まっています。つい半月前までは、雪をかぶりながらも姿は見えていたのですが…。この状態で4月まで冬眠です。

12月16日から18日にかけてオホーツクを襲った暴風雪で一気に雪が積もりました。我が家は沢のそこにあるので、平地より雪が多く積もります。
暴風雪直後の雪の深さは1m以上ありましたが、10日経ったいまでは60cmくらいでしょうか。

写真の赤い丸のしたに盆栽が埋まっています。赤い矢印のしたは錦松の露地植えです。
この写真を撮影した時刻は午前11時。気温は多分、2度cくらいでしょうか。ポカポカ暖かいです。

でも…。これが夜になるとギーンと冷えます。
空に雲がないと、地上の熱は宇宙に抜けてしまうのです。
放射冷却現象というのだそうです。

午後7時ころになると一気に気温が下がり始めます。
午前0時を過ぎるころには氷点下10度c以下になります。
そのまま、気温は下がり続け、午前7時前後が最も低くなります。

太陽が出て明るいのですが、冬の太陽は力が弱いので日が差しても暖かくなるのが遅いのです。
今朝(12月27日)の最低気温は…氷点下…わ、18・9°cでした。
この冬一番の寒さだったようです。
寒い写真
気象庁の日最低気温一覧

赤い枠の中が、怪長(ブログ管理人)の住んでいる北見市の気温です。

ミニ盆栽はこの寒さの中、雪の下でじっと眠っています。

ところが、この地域の寒さはこんなものではありません。
1月になるともっと冷えます。
流氷が近づいて来ると、もっともっと冷えます。
氷点下20°cを下回ることもよくあります。

流氷が接岸すると、なんと表現して良いのか…背骨がきしむ感じがします。
オホーツク沿岸から50km内陸のこの地でも「流氷が来た」と分かります。

2月下旬まで、そんな寒さが続き、気温が上がり始めるのは3月に入ってから。
なんとも、長い冬です。

それでもミニ盆栽は、気温の変化を感じ取り、少しずつ芽を膨らませます。
4月の中旬にちょっとだけ姿を見せるようになると、すでに芽が膨らんでいます。

その時が楽しみなのですが、それにしてもあと4ヶ月はありますね。
あ~、早く春にならんかな~。

そうそう、野ネズミが現れるかどうかも心配です。
その年によって違うので、現れないのを祈るばかりです。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

越冬中のミニ盆栽の最大の敵とは?|野ネズミ対策

Ueno zoo_17
Ueno zoo_17 / ajari

<このねずみちゃんは記事とは関係ありません。かわいいです>

ミニ盆栽の冬越しは寒さと乾燥から木を守るためにムロなどで管理します。
積雪寒冷地では寒さに強い地元の木はそのまま雪の下で冬越しをします。
雪は乾燥した風を防ぎ、温度の変化を和らげるのでミニ盆栽の越冬には欠かせない存在です。
ところが、冬の終わりころになると、野ネズミが雪の下の盆栽を食べにやってくるのです。
“越冬中のミニ盆栽の最大の敵とは?|野ネズミ対策” の続きを読む

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪