清梅焼の「通水性」は素焼き鉢の17倍!それでも乾かないのはなぜ?

水を吸い上げる驚異の鉢「清梅焼」の通水性をテストしました。通気性が良く盆栽の素材を育てるのに良い素焼鉢と比較した実験です。水が抜けていくスピードは‥‥なんと素焼鉢の17倍でした。すごく乾きやすいことになりますが、 清梅焼は乾きにくいのです。なぜ?その秘密は‥‥‥まずは、実験をご覧ください

 
スポンサード リンク

[ad#adsbon1]

 

鉢の穴を塞いで水を入れてみた

実験をしたのは
清梅焼を制作している
ほたるぶくろさんです。
 
ほぼ同じ大きさの鉢。
左の茶褐色の鉢が素焼鉢。
右の濃い茶色の鉢が清梅焼です。

 
両方とも底穴を水中ボンドで塞いであります。
水漏れは、なし。

そこに水100ccを入れました。
時刻は12時46分です。
2017年8月13日。

この水が抜けていく様子を
観察しようというわけです。

ジーッと見てても
すぐには抜けないので
翌日まで待つことにしました。

 

24時間後、清梅焼の水がない

素焼きの鉢に水が染みているのが分かりますか?

清梅焼は色が濃くて分かりにくいですが、
水がほとんどなくなっています。

時刻は12時36分。
日付は2017年8月14日。

ちょうど、1日経った状態です。

 

通水性は素焼鉢の17倍だった


 
鉢を見ていても分かりにくいので
残った水をメスシリンダーに移してみました。

左が素焼鉢:95cc
右は清梅焼:15cc

その差が80ccです。

清梅焼の鉢に入れた水は
いったい、どこへ行ったのでしょう。

なんて、言うまでもなく
鉢の外に抜けていったのです。

夏ですから蒸発したのも
少しはあるでしょうが。

素焼鉢の通水性は:5cc/1日
清梅焼の通水性は:85cc/1日

85÷5=17

という結果です。

 
スポンサード リンク
 
[ad#adsbon1]

 

通水性が良いということは通気性もよい

怪長は鉢の材質のことは分かりませんが、
素焼鉢は700~900度で焼くそうです。

清梅焼は1230度だそうです。

焼く温度が低いと通気性が良い
といわれていますが、

清梅焼は高温で焼いても
遥かに通気性が良いということになります。

 

通気性が良いのに乾きにくいのはなぜ?


 
先に答えを言いますね。

水盤から水を吸い上げるからです。

‥‥‥‥

‥‥‥‥

「当たり前だろう!」
と思いましたね。クックック ( ̄▽ ̄)

水盤に水を張っておくと
夏でも乾きません。

通気性が良いので、
水は蒸発し、新しい水を吸いあげます。

すると、根に酸素が供給され
「いつも濡れているのに根腐れしない」

ということになります。
 
 

水盤を使わなかったら?

先に答えを言いますね。

乾きにくいです。

‥‥‥‥

‥‥‥‥

「うそだろ~」
と思いましたね。クックック ( ̄▽ ̄)

怪長は怠け者なので
素焼きの鉢ではなく
駄音鉢(だおん鉢)を使います。

 
だおん鉢は素焼鉢ほどではありませんが
乾きやすいです。

 
でも清梅焼は
水盤を使わなくても
だおん鉢より乾きにくいのです。

ことし1年、実験しました。

不思議でした。

写真のカラマツを植えた鉢が
清梅焼です。

ほかのだおん鉢が乾いても
清梅焼にはいつも、少し水分が残っていました。

その理由が
この実験で明らかにされました。

こちらの記事をご覧ください。
北見工業大学の分析結果です

吸水鉢「清梅焼」の驚異的な秘密が明らかに<最新作品の一覧も>

 
 

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

枯れたのか?<図解>ミニ盆栽の復活方法

ミニ盆栽が枯れたかどうか、確かめる方法は枝を折ってみることです。
ポキッと折れたら枯れています。折れなかったらハサミで切ってみます。
緑色が抜けていたら‥‥枯れてます。でも緑いろをしていたら、復活する可能性があります。
復活させる方法を図解で紹介します。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

枯れてしまった?でも、諦めないで

葉が枯れてしまって、枝も枯れていそう。

そんな時は、枝を折ってみます。

こちらの記事も参考に
枯れてしまったミニ盆栽を復活させる方法はある?

ポキッと折れなかったら、はさみで切ってみて
切り口が緑色をしていなかったら
もう少し切ってみます。

緑が出て来たら「枯れていないかも」と
思ってください。

でも、思っただけでは復活しません。

そういう時は

鉢から外して土に埋める

まず、鉢から木を抜き取ります。
鉢の形のまま、すっぽり抜けます。

抜いたら根をほぐさないように
そのまま、下3分の1ほどを土に埋めます。

鉢の口が小さくて
すっぽり抜けない時は、
根を少し崩してから外しますが、

そ~っと、なるべくほどけないように、
できるだけそのままを保ちます。

埋めるところは水はけの良い土

1、水はけの良い地面

2、使い古した用土を1か所に集めてある場所

3、発泡スチロールに水はけの良い用土を入れる方法

ベランダでミニ盆栽をしている方向けの方法です。

コツは半分以上むき出しにする

埋める時は、ぜんぶ埋めてしまわずに、
鉢に入っていた部分の大半を空気にさらします。

土に埋まっているのは3分の1以下で、
そのまま、土の上に置いてもいいくらいの感覚です。

水やりは、
埋めてある地面が乾かなないように
していればOKです。

乾いたら水をやってください。

肥料は置きません。

枯れた枝は、

ぜんぶ切り取ってしまいます。

根の通気性を高めると‥‥

こうしておくと、
通気性は非常に良くなります。

鉢に入っていたところの
保水力は弱いですが、
地面はかなり保水力があります。

弱ってしまった根の中に
まだ生きている根があると
復活してきます。

完全に枯れてしまっていたら
復活はしません。

ところが、

人間の目で枯れているように見えても
根が生きていることがあるので
諦めないようにしましょう。

葉が枯れる理由は?水と根と葉の関係

葉が枯れるのは木の自己防衛手段
と考えると分かりやすいです。

根が吸収する水より
葉が消費する水の量が多い時に
木は葉を枯らして自らを守ろうとします。

夏の暑い時期に水やりを忘れたとします。

根がたくさんあっても、
水がないですから葉が枯れます。

こういう時は、鉢ごと水に数分漬けて
涼しい日陰で様子を見るのが応急処置です。

重傷でなければ
回復することも多いです。

急な水不足の場合は
葉が縮れたり、葉の縁が茶色になったりして
あ‥‥と分かります。

水をちゃんとやっているのに
枯れてくるという場合は

根が弱っている可能性があります。
既に根腐れが進んでいるかも知れません。

この場合は、

水があっても根の吸収力が落ちていますから
葉の消費する水に追いつかないわけです。

人間から見ると
水をやりすぎたのか足りなかったのか
悩んでしまうかもしれませんが、

木から見ると、

・根が弱って水を吸収できない
・水がなくて吸収できない

つまり、

「水の需要と供給のバランスが崩れた」

という理由になります。

水がなかった場合も
根が弱ってきますから、

対処法の第1は
「根を元気にさせること」
となります。

どうすれば…と、迷ったら、
「水をどれくらいやる?」と考えるのではなく
水分を保ちながら「通気性を高める」のが
回復のポイントになります。

いつごろ復活するの?

ほぼ2ヵ月です。

5月に地面に埋めたら
7月下旬。

土曜の丑の日まで、じっと待ちます。

怪長は春の空っ風で枯らしてしまったことがありましたが、
この方法で30~50%の確率で復活します。

枝をどこまで切っても緑が出てこなければ
99%は刈れています。

でも、1%の「もしかして」があれば、やります。

あなたも、迷ったらやってみてください

枯れたはずの枝や幹に、
プチッと緑が見えたら復活です。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽の根を増やすにはどんな用土がいいの?

 

今日は「根を増やすにはどんな用土がいいの?」
ということについて、お伝えします。

結論から言うと「粒状の土を使う」です。

すでに、ミニ盆栽をしている人にとっては
常識ですね。

でも、なぜ粒状の土が良いのか‥。
ちょっとだけ考えてみましょう。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

根が伸びる条件には3つある

1、暗いところ
2、湿度のあるところ
3、空気があるところ

です。

粒状の土を使うことで、
粒と粒の間に隙間ができます。

水は隙間から外に抜けるので
空気が通りやすくなります。

同時に、
粒状の土の中に浸み込んだ水が
隙間の湿度を保ちます。

鉢の中の土が畑の土のように小さい粒だと
通気性を保つことができず、
空気がない状態になります。

鉢は大地のように無限に広くはないので
普通の土を使うと空気が通らなくなります。

空気が通らないと、
根に酸素が補給されず腐ってきます。

このため、
用土にとって最も大切な条件は
3の通気性になります。

微塵を残すと通気性がなくなる

水を好む木と、それほどではない木があるので
粒の大きさや、赤玉土と桐生沙の配分を変えますが、
通気性を保つことはどの木にも当てはまります。

ところが、
ふるいにかけて粒を整えた用土でも
微塵が含まれています。

用土がぶつかり合ってできた粉ですが、
これを残しておくと、用土の隙間が詰まり、
通気性が損なわれます。

なので、
植え替えをした後は
鉢底の穴から水が流れ出るまで
ジョウロで水をかけ続けて微塵を
鉢の外に排出しなければなりません。

植え替えした後の水は
最初は薄茶色に濁っていますが、
水をかけ続けると透明になります。

透明になったら
微塵が排出されたということなので
植え替えが完了したことになります。

微塵は、用土が濡れて数時間経つと
外に流れ出なくなります。

なので、この作業は植え替え後すぐに
やっておきましょう。

微塵を取り除く作業をしておかないと
せっかく粒状の用土を使っても
目詰まりを起こしやすくなります。

ということで、
根が増える用土の条件は

・粒状の土を使うこと
・微塵を取り除くこと

でした。

ザルに植えると根が増えるってほんと?

本当です。

怪長のブログにも載っているので
知っているかもしれませんね。

根は明るいところでは発根しません。

通常は鉢に植えるので
この点を考えることはないのですが、

ザルに植える場合は
ザルは周りが穴だらけですから
根が伸びると明るいところに出てしまいます。

すると、発根が止まって
別のところから新しい根を出そうとします。

根を増やすには効果的な方法ですが、
乾きやすいので湿度を保つのが難しいです。

怪長のようなサラリーマンには
水の管理が難しいのですが、
機会があったら試してみてください。

根が増えて、幹が早く太くなります。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

通気性、排水性、保水性、保肥性の違いって?

 

今日は、通気性、排水性、保水性、保肥性について
どう違うのか、解説します。

前回、ミニ盆栽通信第2回では
赤玉土がこの4つの性質に優れている
というお話をしましたね。

でも、通気性と排水性はどうちがうの?
それに、保水性と保肥性の違いは?

そんな疑問が湧いてきませんでしたか?

怪長は初めのころ
通気性と排水性は同じ
保水性と保肥性も同じ‥‥と思っていました。

でも、良く調べてみると、違うんですね~。

その違いが分かると
盆栽の用土が何を重要視しているかが見えてきます。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

通気性と排水性はどう違う?

では、それぞれの違を明確にしましょう。

まず、【排水性】です。

排水性とは、水が抜けやすいかどうか、です。

花崗岩のようないわゆる石を鉢に入れたとします。
水はあっという間に抜けていきますよね。

これは排水性が高いということです。

次に、【通気性】ですが、

通気性とは、酸素を根に十分供給できるかどうかという
性質のことです。

排水性とよく似ていますが、
根に酸素を供給できなければ
通気性が良いとは言えません。

では、どういうのが通気性が良いのかというと、
粒と粒の間の隙間が多いと通気性が良くなります。

・粒がある程度、小さいこと
・粒の一つひとつがデコボコしていて角がある
・気孔のような細かい穴があいている

粒が大きいと隙間が大き過ぎて
排水性には優れますが、乾いてしまって
根に酸素を供給できません。

粒が小さいと、隙間は多くなりますが
排水性が劣ってしまいます。

このため、ふるいにかけて、
微塵を取り除いたり粒の大きさを分けたりします。

とても似ている保水性と保肥性

次は【保水性】と【保肥性】ですが、
これはとても良く似ています。

保水性とは、水を保つ力
保肥性とは、肥料成分を保持する力

です。

粘土や有機質成分の高い土で高いので、
黒土や腐葉土、ピートモスは保水性、保肥性に優れています。

バーミキュライトは鉱物を加工したものですが、
これも保水性と保肥性が高いです。

どちらも、とてもよく似ているので
同じと考えてもいいのですが、

ゼオライトのように
保水性はそれほどでもないのに
保肥性の高いものもあります。

こうした性質を
盆栽の用土に置き換えて考えてみましょう。

用土の粒の大きさをすべて3ミリと仮定した場合の
性質別ランキング(怪長の独断ですが‥‥)は?

【排水性】
①花崗岩(大粒の砂)
②軽石(火山礫・富士砂)
③赤玉土‥‥‥‥弱酸性
④鹿沼土‥‥‥‥酸性

【通気性】
①軽石(火山礫・富士砂)
②赤玉土‥‥‥‥弱酸性
③鹿沼土‥‥‥‥酸性
④花崗岩(大粒の砂)

【保水性・保肥性】
①黒土
②腐葉土
③バーミキュライト‥‥‥‥アルカリ性
④くん炭‥‥‥‥アルカリ性

おおざっぱですが、
こんな感じです。

赤玉土と富士砂と花崗岩の
保水力をテストした記事があります。
参考になると思います。

盆栽の保水力ってどれくらい?|赤玉土・富士砂・花崗岩を比較

用土が最も重視するのは通気性

すでにお気づきになっているとおもいますが、

盆栽に使う用土は、
通気性、排水性を最も重視しています。

赤玉土、鹿沼土(ツツジ・サツキ向け)
軽石や富士砂を使うのは

第1に通気性・排水性
第2に保水性

ということになります。

水は乾いたらあげればよいし
肥料も固形肥料(置き肥)や液肥で補えますが、

根の健康と生長に最も影響のある通気性は
人間の手ではどうしようもなく
用土にお願いするしかないわけです。

粒の大きさや保水性のバランスを試しながら
配合を工夫していくと、
盆栽上手になれますよ。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

質問・回答コーナー

【Q】植え替えの時に残った古い用土は再利用できるのか?
【A】盆栽には使うことはできません。

怪長も初心者のころ、
植え替えした時の古い用土を再利用できないか
先輩に聞いてみたことがあります。

先輩は困った顔で「う~ん」と言いながら

「焼いて雑菌をなくしてからなら‥」
と言いかけて「やっぱ、ダメだね」。

使い古した用土は
排水性、通気性が衰えています。

それに、雑菌、不要な有機物が多いので
再利用はとても難しいです。

怪長は、庭の隅の地面の上に
古い用土の置き場を作って
枯れかけた盆栽を鉢から抜いて
置いておくようにしています。

意外に復活するものです。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽は難しい?|3つの基本を知れば簡単

ミニ盆栽は簡単だと思ったけれど難しい―。
そんな声をいただきました。

怪長(ブログの管理人)も20年近くやっていますが、
分からないことだらけです。

とは言っても基本的なことは分かるようになったので
分からないことは、そのつど調べれば良いことです。

もしあなたがミニ盆栽は難しいと感じるなら、
3つの基本的なことを知ってください。
これが分かれば、あとは木が無言であなたに教えてくれます。

その3つとは…

“ミニ盆栽は難しい?|3つの基本を知れば簡単” の続きを読む

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪