種プレゼント2年目の春「だんだんミニ盆栽になってきました!」岡山県のT・Iさん<嬉しいお知らせVol.20>

2015年秋の第1回無料種プレゼントで7種類の種をゲットした岡山県のT・Iさん。2回目の春を迎えて、種はどんどんミニ盆栽になっていきます。オホーツクで採れた種が遠く離れた岡山県でこんなに育ってくれるなんて、怪長は嬉しさを飛び越えてジーンとなってしまいます。
  
スポンサーリンク
[ad#adsbon1]  
“種プレゼント2年目の春「だんだんミニ盆栽になってきました!」岡山県のT・Iさん<嬉しいお知らせVol.20>” の続きを読む

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

種プレゼントから「1年が経ちました!」おぉ!素材がいっぱいになった岡山県のT・Iさん<嬉しいお知らせVol.18>

 

昨年の無料種プレゼントで種をゲットした岡山県のT・Iさんから「1年が経ちました!」と、写真が届きました。おぉ!すっごい数です。ぜんぶ発芽したのかな~?てんこ盛りです。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

どんどん育ったオホーツクの種

これはてんこ盛りです。

いったい、何個あるのでしょう。
1、2、3、4、5、6‥‥‥‥

ポットと鉢に植えた幼木が
ざっと30数個はあります。

賑やかですね~。

怪長が育てるより、ずっと大きいです。
さすが、岡山県は暖かいからでしょうか。

近くによって見てみましょう。

tihatuga3

ノブドウ
ヤマブドウ

それにしても、大きくなるのが早いです。

これニシキギですね

tihatuga2

7種類のうち6種類が発芽

種プレゼントでお届けしたのは
ノブドウ・ヤマブドウ・ニシキギ
ナツヅタ・イチイ・ヒョウタンボクの6種類。

それに、発芽しないかもだったコクワ。

T・Iさんはこのうちイチイを除いて
ぜんぶ発芽に成功しました。

イチイは発芽しないで翌年に出ることが多いので
「来春に期待します」とT・Iさん。

コクワは発芽したけど
残念ながら枯れてしまったそうです。

でも、これだけ増えたらすごいですよね。

T・Iさんのお知らせは4回目

そうなんです。

昨年12月に「ヒョウタンボクの芽が出ました!」が最初。
ヒョウタンボクの芽が出ました!<嬉しいお知らせVol.2>

続いて今年の1月には「ナツヅタの芽が出ました!」
ナツヅタの芽が出ました!<嬉しいお知らせVol.3>岡山県T・Iさん

さらに、今年の4月には
6種類の種が発芽して

TIヒョウタンボク

ミニ盆栽の種6種類が一斉に発芽!<嬉しいお知らせVol.6>岡山県T・Iさん

それから半年。つまり、種をまいて1年が今回です。

それにしても、増えましたね~。

種プレゼントをした時は
こんなうれしい写真を送っていただくなんて
想像もしていませんでした。

T・Iさん
ありがとうございます!!

今年の種プレゼントは?

もちろん、やりましょう!

今年も10月に入ってから
種のある場所に様子を見に行っています。

ところが、
去年、ヒョウタンボクを採取した
怪長の勤める会社の駐車場に行ってみると‥‥‥‥。

あ”~、木がない‥‥‥‥。

刈り取られておりました。
がっかり。

ま、種はいろいろあるので
数種類は用意できるでしょう。

準備が整ったら、このブログで
ご案内します。

去年よりも早くなくなるかもしれません。

受付開始まで
もう少しお待ちくださいね

お楽しみに!

T・Iさんのように
ドバっと幼木を増やしてしまいましょう。ククク

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽の素材の見つけ方ーその2・幼木を見つけよう

 

前回のミニ盆栽通信は、「種を探そう」でしたね。

公園や歩道を歩いていると種が見つかります。

夏になると、
実が膨らんでいるのを見かけますよね。

怪長は、忘れないように
場所と種類をメモをしておいて
秋になったら採取しに行きます。

メモしておかないと、忘れます。

でも、最近は‥‥

メモ帳をどこに置いたか、忘れるので
困ったものです。

あ‥。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

幼木は意外に身近にあるのです

今日は、種ではなくて
幼木を見つけようというお話しですね。

種が落ちて自然に芽が出た幼木は
盆栽の素材にはいいですね。

そして、意外に身近にあります。

怪長は年に3回は庭の草取りをします。

すると、必ず幼木が見つかります。

カラマツ
白樺

中には、ノブドウやニシキギもあります。

盆栽の実がいつの間にか落ちて
勝手に芽を出します。

種は、芽が出ると嬉しいのですが、
幼木は手間が省けていいですよね。

幼木を見つけると
「おお、いいミニ盆栽になりそうだ」

いつもそう思うのですが、
これもメモしておかないと
忘れます。

で‥‥‥。

メモをどこに置いたか忘れるのです。

なので、幼木を見つけた時は
メモした後でブログにアップします。

この記事
ミニ盆栽用の幼木を探しに森に行ってみたら‥おおっ!

記事にしておくと、
続きを書く必要があるので
忘れないで採取に行きます。

幼木を採取する時期が肝心

そこで、ひとつ
忘れてはいけないのが
採取する時期です。

採取するのは
春まで待ちましょう。

本州の方でしたら、
6月いっぱいなら十分育ちます。

でも、夏に近くなればなるほど
鉢に植え替えると元気がなくなります。

怪長の住んでいるオホーツクでは
5月中に採取すると元気に育ちますが、
6月下旬だと、元気にならずに秋が来ることが多いです。

この違いは、とても大きいので
1年待ってもいいから春に採取。

その方がいいです。

前回の種のお話をしたその日、
メルマガを読んでくださっている
仙台のT・Sさんからメールが来ました。

ご自宅の近くの歩道のアスファルトの隙間から
ヤマモミジの幼木がたくさん出ているそうです。

羨ましいですね。

でも、どうやって掘り出せば‥‥‥。

道端には良い素材があるかもしれない‥

道端にも幼木はあります。

草刈りで刈り取られてしまいますが、
中にはしぶとく芽を出して
すごくいい素材になっているのもあります。

そういうのを発見すると
嬉しくなりますよね。

さっそくメモをして
翌年の草刈りの前に
頂いてきましょう。

くれぐれも、
メモの置き場所を忘れないように。

仙台のT・Sさんから嬉しいメールが‥

ミニ盆栽通信を配信後、
T・Sさんからメールが届きました。

‥‥‥‥ここから‥‥‥‥‥

ヤマモミジは歩道と側溝の間に生えているので
引っ張ると根ごと簡単に抜けますす。

抜いたらビニル袋に入れ、
公園前の野菜の産直売場で
水をもらって袋に少し入れて持って帰ります。

根を切って、鉢か発泡スチロールの箱に植えます。

野生の苗は丈夫で、
根を切っても枯れず元気に育っています。

‥‥‥‥ここまで‥‥‥‥‥‥

嬉しい情報ですね~。

採取する時期を間違わなければ
ヤマモミジは根を切っても大丈夫です。
※ぜんぶ切らずに少し残しますが‥

幼木の植え方はこの記事を参考に
ミニ盆栽用の幼木を探しに森に行ってみたら‥おおっ!

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽用の幼木を探しに森に行ってみたら‥おおっ!

森には木がたくさんありますが、
ミニ盆栽にるすような小さい木は
どこにあるのでしょう。

なんて、もったいぶった言い方を
している間に、来てしまいました。

見つけてしまった、秘密の森に‥。

ありますね~。小さい木がいっぱい。

森の中はミニ盆栽の素材がいっぱい

ここは、昨年10月に種を探しに来た森です。
ミズナラの種「ドングリ」がいっぱいあった場所。

怪長(ブログ管理人)の住宅から歩いて30分‥。
あ、車で行ったので5分でした。

昨年はミズナラがたくさん実り、地面を覆うほど
ドングリが落ちていた場所です。

ミズナラの実
この記事で紹介しています
種から育てるミニ盆栽の素材2|秋は公園や森で種を探そう!

今はどうなっているのか見てみると‥

おおっ!」ミズナラの幼木がびっちり。

ミズナラ幼木2

見渡す限りミズナラの幼木です。
ちょっと大げさですね。写真の中での話ですが‥

赤い矢印「」がミズナラです。
1.2.3‥‥いっぱい。

手前の青い矢印「」は
ツルウメモドキですね。

そのほかにイタヤカエデ、エゾヤマザクラ、
ハルニレの幼木もあります。

ドングリは、たいてい虫に食われて
直径1mmほどの穴が開いておしまいなのですが、
あまりの量に、虫も食べきれなかったのでしょう。

‥‥

‥‥

「で‥? これをどうするのか‥」ですよね。

今日のところは見つけて、喜んで終わりです。

「今はもう秋‥♪」 歌っているわけではありませんが
今の時期は、冬に備えて養分をため込んでいるのです。

オホーツクはあと9月の末になると、紅葉の時期なので
このままにした方が、ミズナラは元気でいれるのです。

来年の雪解け早々に、またここに来て
〝収穫〟させていただきます。

幼木採取の方法

採取のコツは

  • 根を傷めないようにする
  • 根が乾燥しないようにする
  • なるべく小さくて太いを選ぶ

幼木素材1

小さいスコップで幼木の周りを掘ります。
20㎝ほど掘ったら十分です。

幼木の高さより少し離れたところ
を掘ると根を傷めないで済みます。

土を簡単に起こせるようにしておきます。

そっと掘り出したら、根の周りの土を
払い落します。

全部きれいに取らないほうが良いです。

バケツのような器を用意しておき
根が乾かないうちに器に入れて持ち帰ります。

ペットボトルに水を入れておいて
土に少しかけて湿らせておくと安心です。

小さいのを選んだ方がミニ盆栽にしやすいです。

ポットか鉢に植え替える

持ち帰ったら、植え替えます。

根についている土を落として軽く水で流します。

真ん中の太いゴボウ根を切って
細い根だけを残します。

植え替える前に針金を軽く巻いて
幹に曲がりをつけておきます。

曲がりは、根元に近いところで1曲
幹の中間で1曲あれば十分です。

幼木素材2

曲がりをつけるのを忘れると
ミニ盆栽にするとき苦戦します。

あとは、通常の植え替えと同じように
ポットか素焼きの仕立て鉢で育てます。

根が小さいので頼りないですが、
乾燥させないようにしていれば
大丈夫です。

「あ~ 早く、春にならんかなぁ~」

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪