樹形を変えてしまおう!

 

「かっこいいな~」
「素晴らしいな~」

と思うような盆栽は、
樹形がしっかりしている盆栽です。

 

樹形には模様木、直幹、懸崖などいろいろあって、
それぞれ樹形の基本があります。

基本に沿って盆栽を仕立てていくと‥‥。

 

そう!
かっこいい盆栽になります。

もちろんミニ盆栽もかっこよくなります。

‥‥‥‥

‥‥‥‥

分かってますよね。そんなこと。

でも、

実際はなかなか、うまくはいきません。

そこで今日は「樹形を変えてしまおう!」というお話です。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

どうやっても樹形が定まらない時もある

芽摘みやせん定をさぼったら、
枝が間延びしちゃった‥‥

 

今日は雨が降りそうだから、
水はやらなくても‥と思っていたら、
雨が降らずに大切な枝が枯れちゃった、とか。

 

枝振りが良くなくて、
どうしていいかわからない‥困った。

というようなことは、日常茶飯事です。

 

怪長も、樹形をどうするかで悩むことがよくあります。

根の整理をして、
芽摘みと植え替え、枝の整理もして‥

幹の下の方から芽が出たら大切に育てよう。

 

そう思ってやってみても
2、3年はかかりますよね。

針金を巻いてみても、

枝の出ている場所が、かなりズレていて苦しい‥

ということもよくあります。

 

そんなとき、

いい方法があるのです。

改作で樹形を変えてしまおう

何だと思います?

「改作」といいます。

簡単に言うと、樹形を変えてしまうのです。

 

例えば、

直幹に仕立てるもりが、
根張りが四方に伸びなくて片根になってしまった。

そういう時は、

根のある方に思い切り倒して
不要な枝も切り落として、針金を巻いて
懸崖、半懸崖にしてしまう。

そんな方法があります。

新たな樹形が隠れているかも

あなたミニ盆栽の中で
困ったちゃんがいるとします。

じっと見てみてください。

それから

鉢を右に傾けたり左に傾けたり、
ぐる~っと、回してみたり。

いろいろやっていると

「あっ! もしかして‥‥」と、気づくことがあります。

 

新しい樹形です。

木は隠れたところに、
もうひとつの姿を持っていることがあります。

それを発見すると、

次の植え替えの時に
樹形を変えることができます。

時間をかけなくても
まったく新しい盆栽になったりします。

新しい樹形になったら、
そこからまた手入れをしていくと
かっこいいミニ盆栽をつくることができます。

 

でもどうすれば、
新しい樹形に気付くことができるのか。

良い盆栽をよく見てセンスを磨く

あまり難しくはありません。

盆栽の本とか盆栽のサイト
盆栽展示会、盆栽専門店などで
素晴らしい盆栽をたくさん見ていると
目が養われてアイデアが浮かぶようになります。

 

それだけなんですけど。

そうしていると、いつのまにか、
目が養われていきます。

センスを磨くことにつながるのです。

 

「かっこいいな~」
「素晴らしいな~」

と思う盆栽を見つけたら

穴があくほどよ~く見るのが
良い盆栽をつくる近道なのです。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽の正面の決め方-その2・具体的な手順

 

前回は正面を決める考え方
みたいな内容でしたね。

盆栽の正面の決め方-その1・正面ってなに?<ミニ盆栽通信バックナンバー17>

今回は、盆栽の正面を決める
具体的な手順をお伝えします。

さっそくいきましょう。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

根張りで正面の候補を決める

正面がはっきりしていないとか
どこを正面にしようか迷っている場合は

まず、鉢を目の高さに合わせて
幹の根元の根の張り方を見ます。

根が用土に埋まっているときは
少しほじってみてください。

いろいろな根の張り方があります。

四方に根が伸びている場合と
四方に伸びていない場合があります。

四方に伸びているときは
一番太くて強く張った根が手前に来ないように、
右か左、または奥に行くようにして見てみます。

根が左右に広がって、最も格好が良い場所を
正面の第1候補としておきます。

その次に格好が良いところを第2候補にしておきます。

幹模様でも候補を決める

根張りで正面の候補を決めたら
幹模様を見て、左右に形よく振れているところを選びます。

これも第1、第2‥と決めておきます。

次に、根張りと幹模様の第1、第2候補の
折り合いの良い場所を見ていきます。

枝がありますから、
枝に気を取られないようにしがなら
根張りと幹模様に注目して選んでいきます。

根が四方に伸びていない場合も
太い根があなたの方を向かないようにして、
左右に広がるところを選びます。

枝振りと正面の関係

根張りと幹模様で正面が決まったら
次は枝振りを見ます。

このときは、木を真上から見ます。

木を真上から見ると
だいたい、楕円形の形をしています。

直径の長い方が正面から見た左右です。

直径の短い方が正面、もしくは裏側
ということになります。

ここで問題になるのが
根と幹模様で決めた正面と
枝振りで決まる正面が合わない‥‥ことです。

幼木の時から正面を意識して
針金かけや剪定をしてないと
そうなることがよくあります。

木の正面で重視するのは
根張りと幹模様なので
枝振りが合わない時は

・剪定をして長い枝を切る
・短い枝、小さな枝を育てる
・針金をかけて枝の向きを変える

という作業をしていきます。

上から見た時の枝葉の分量は
正面側が3割、裏側が7割程度です。

そのような配分にすると
正面から見た時に根張りと幹模様が
よく見える盆栽になります。

実際にはうまくいかないことも多い

ところが、この手順で実際にやってみると
なかなかうまくはいきません。

根張りと幹模様で正面を決めると
切りたくない、立派な枝を切らなければ‥

のようなことが起きてきます。

そういう時は
枝振りを重視して幹模様を我慢する。

そんな発想もありです。

ミニ盆栽のように小さい木は
この手順にこだわりすぎると
うまくいかないこともよくあります。

できれば、木が小さいうちに
「どちらが正面になるのかな‥‥」と

将来の木の姿を想像しながら育てていくと
やりやすくなります。

そのための知識として
正面の決め方を意識していただければ幸いです。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

盆栽の正面の決め方-その1・正面ってなに?

盆栽の正面の決め方-その1・正面ってなに?<ミニ盆栽通信バックナンバー17>

「この木、どう剪定すればいいのだろう‥」
と、悩んだことはありませんか?

そういう時は、
正面がどこか決まっていなくて
漠然としていることが多いのです。

正面が定まらないと、
どの枝をどうせん定してよいか
分からなくなるのです。

伸びすぎた枝を切るだけだと、
いつかは変な格好の盆栽になってしまいます。

なので、今日は
盆栽の正面は「どうやって決まるのか」お伝えします。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

正面を決める3つの要素

木の正面の決め方は
おおざっぱにいうと

「どの方向から見たら一番格好よく見えるか」
ということになります。

ミニ盆栽は手に持って
回しながら見ることができますから
やってみてください。

あぁ、こっちかな?
「こう見るとかっこいいな~」

そう思ったら、次に、
「なぜ?」と問いかけてみてください。

心の中で、なぜ?
と思うだけでいいです。

幹の曲がりが良かったり、
根の張り方がよかったり、
枝ぶりが良かったりします。

つまり、正面を決めるのは
その木の良いところを発見することなのです。

そこで、
木の良さが現れるポイントを
おさえておきましょう。

ポイントは

1、根張り
2、幹の模様
3、枝ぶり

この3つです。

重要視する順番も

1、根張り
2、幹の模様
3、枝ぶり

になります。

そして、この3つに共通するキーワードが

「左右」です。

「前後」ではなく「左右」。

みんなが知っていることなのに、
意外にうまくいかないことが多いですよね。

根張りは左右にしっかり張っていても
幹が前後に曲がっている‥とか

根張りがしっかりして
幹も左右にちょうどよく振れているのに
枝が左右にない‥とか。

困りますよね、そういう時は。

なぜ、困ってしまうかというと

木を育てる段階で
意識していないからなんです。

怪長も、意識しないで
ただ枝を切っていたことがありますが、
今も悩みの種になっています。

それはそれで、
「仕方ないな~」とは思っていますが、

できるなら、最初から
正面はどこか‥‥と意識しながら
育てるといいわけです。

自然が作り出す根張りと幹模様

ところで、なぜ
根、幹、枝の順番かというと
怪長の独断と偏見ですが‥‥。

根張りは、
その木がどんな場所に
生きているかを連想させます。

例えば、

広い草原か
海辺の砂地か
山の頂上付近の斜面か
崖の上か、崖の途中か‥
ゴツゴツした岩のある場所か

いろいろありますよね。

場所によって根の張り方も違ってきます。

広い大地なら四方に根を張って
真上に高く伸びることができるでしょう。

岩のあるところなら
四方に根を伸ばすことができません。

懸崖もそうですね。

なので、まず根張りが
その木のある場所を連想させる
重要な要素になります。

次に幹模様です。

幹模様とは、
幹の傾きや曲がり方のことを言います。

これは、木のある場所と
環境で変わってきます。

例えば、
広い平地に育った木は四方に根を張り、
真っ直ぐ上に伸びることができます。

直幹という樹形になりますよね。

幹はほとんど曲がりがなく
真っ直ぐに伸びます。

箒作(ほうきづくり)りもそうですね

ところが、
強い海風が吹く場所にある木は
幹が山側に傾きます。

すると、樹形は
吹き流し、斜幹、模様木になります。

崖の途中なら
いったん下を向いて伸びた幹が
先端の方で上を向くような幹になります。

木がある場所と環境を意識する

最後は枝ぶりですが、

枝は、木のある場所と
その環境に影響されますから
根張りがあって、幹模様があって、
その次に枝ぶりが定まっていく、ということになります。

もちろん、
手に入れた盆栽が自然の摂理の通りに
なっているとは限りません。

種から育てたり、
幼木から育てたり、
素材を購入して育てたりもしますよね。

どんなときでも、
その木がある場所と環境を
意識しながら育てていくと

自然を連想させる木になっていきます。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪