幹を太くするための3つの方法<メリットとデメリット>

「幹を太くするにはどうすればよいのでしょうか?」こんなご質問をいただきました。盆栽を始めた人なら誰しも「幹を太くしたい」と思いますよね。怪長もういつもそう思っています。そこで、幹を太くする方法Vol.2をご紹介します。

スポンサード リンク

[ad#adsbon1]

幹を太くするある方法を使ったカラマツの3年前後

2014年7月にカラマツの事例をブログに載せました。

こんなカラマツを

せん定したら‥‥‥‥

このようになって

それから3年経った2017年7月に

ほとんど大きくなっていませんが、
枝葉が増えて、幹もひと回り太くなっています。

■参考記事
ミニ盆栽の剪定の方法3|幹を太くするにはどうすれば

荒っぽい方法ですが考え方はこの記事の通りです。

ビフォー・アフターを並べて見ました。

左が2014年7月です。
ボウボウに伸びたカラマツの枝を切って
小さくしたのが中央の写真です。

それから、3年。
右のようになりました。

樹高は8センチくらいで
3年間で数ミリしか伸びていません。
※芽摘みして伸ばさないようにしてます。

枝が増えました。

 

実は失敗していた‥あぁ‥( ;∀;)

失敗したのは【写真】左の黄色い丸の枝を切ったことでした。

そのため【写真】右のように
左側の丸のところに空間ができてしまい
これを将来、なんとかしなければなりません。

あの枝があれば、
凄くかっこ良くなったと思います。
あぁ‥( ;∀;)

ということで

 

幹を太くする3つの方法の概要

自然の木は幹が太い分、樹高もあります。
自然の木で幹だけが太くなる木はないのです。

盆栽も同じで、
幹を太くするには一度は背を高くします。
すると幹も太くなります。

ところが、背が高いままだと盆栽になりません。

そこで、太くしたら幹を切る‥‥を繰り返します。

単純に切っただけなら、格好が悪くなるので、
切る場所の下の枝を新しい幹に立て替えます。

これを「芯の立て替え」といいます。

芯を立てかえて新しい幹をつくりその幹に枝を増やしていくと
幹が太く、背が高くない盆栽ができます。

【写真】左と【写真】中央の「A」が
新しい芯というわけです。

・Aが伸びたら切り戻す
・別な枝を伸ばして、また新しい芯を作る

これを繰り返しながら育てていくと、
小さいまま徐々に幹が太くなります。

幹の下が太く上に行くにつれ細くなる
「こけじゅん」も芯の立て替えで作っていきます。

でも、それを鉢ですると、すごく時間がかかるので
早く大きくする方法をとる人もたくさんいます。

2通りの方法があります。

1 地面に直接植え替える
2 鉢の代わりにザルを使う

 

その1・地面に植える

驚異的な速さで大きくなるので
その分、幹もすぐ太くなります。

もし、写真のカラマツを地面に植えたら、
太さは軽く2倍になっているでしょう。

ただ、この方法は、根が太く長く伸びて
幹や枝も伸びすぎる危険があります。

そこで、2年に1度は地面から抜いて
根と枝を整理して地面に植え戻します。

デメリット

目を離すとすぐに大きくなって
盆栽にならなくなる‥‥です。

 

その2・ザルで育てる

ザルで育てる時は、用土に川砂を使います。

水はけ、通気性が極めてよいので、
どんどん水をあげて、肥料もたくさんあげるようにします。

すると早く大きくなります。

根はザルの縁まで伸びると生長が止まり、
別のところから根を出すので、
細かい根がたくさん増えます。

この方法は、すぐ水きれを起こすので
夏はしょっちゅう水をあげる必要があります。

デメリット
枯らしてしまいやすい‥‥‥です。

 

一番良い盆栽ができるのは

時間をかけて少しずつ太くしていく方法です。

幹肌も、枝のきめ細かさも
時間をかけて作ったものの方がよいです。

地面やザルである程度そだててから
鉢に切り替える方法もあります。

鉢を使って大きくするには
ダオン鉢や素焼きの鉢を使用し、
ひと回り大きい鉢に植えるといいです。

大きな鉢に入れるより
「ひと回り大きい鉢」の方が
細かい根が増えやすいのです。

例えば
五葉松の場合は芽切りをせずに

・みどり摘み・芽かき・せん定・針金かけ
・枝抜き・芯の立て替え・水やり・肥料・日に当てる

これを丹念にすることで、
よい盆栽になっていきます。

怪長のカラマツの場合は、
芽摘みと針金かけだけで作っていきます。
これから針金をかけていくので
あと5年くらいはかかると思います。

 

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽の根を増やす魔法の鉢とは

 

ミニ盆栽通信は今日まで、
根の話ばっかり続けてきました。

「どうして毎回、根の話ばかりなの」
と思ったかもしれませんね。

怪長の今までの失敗の半分は
根に関するものでした。

根は鉢の中にあるので、普通は見えないし
ふだんはあまり気にしていないのかもしれません。

でも、盆栽、特に小さな鉢で育てる
ミニ盆栽では、根のことは本当に重要です。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

自然の木と盆栽の最も大きな違いは「大地」と「鉢」

盆栽と自然の木は、どこが一番違うかと言えば、
「大地にあるか」「鉢にあるか」の違いなのです。

盆栽の目指すところは自然の風景。
自然の中で生きる木の姿です。

つまり、ゴールは盆栽も自然の木も同じなのです。

ところが、盆栽と自然の木は
スタートが「大地」と「鉢」ですから
まったく違うわけですね。

人間は小さな木を大地ではなく鉢で育てます。

なので、最も気を使うべきところはどこか?
それは、鉢の中ではないでしょうか。

と、いうことで、
今日は鉢と根のお話しの「とりあえず最終回」

根が増える鉢ってどんなの???です。

 

根をどんどん増やしくれる鉢とは

一番根が増える鉢は何だと思いますか?

ザルです。

‥‥‥‥

‥‥‥‥

ザ‥‥‥‥ザル‥‥?

怪長もはじめは
「ザルに盆栽を植えてどうすんの?」

と思いました。

でも、ザルで育てると根が増えます。

具体的にどうするかと言えば
用土の代わりに風化花崗岩を入れます。

身近になければ、
ザルの目からこぼれない程度の砂。

それがなければ、軽石のような
水はけが良くて硬い用土を使います。

それを使って、
鉢ではなくてザルにうえつけます。

植え方は普通の用土を使ったのと同じです。

水はけがよいので、すぐ乾きます。
なので乾かないように水をあげます。

すると細かい根が増えてきます。

 

ザルに植えるとなぜ根が増える?

なぜ、細かい根が増えるのか。

根が伸びた先には空気があって
根の生長はそこでストップします。

すると、根の途中から
新しい根が伸びます。

伸びた根がザルの縁まで来ると、そこで生長がとまるので、
また、元のところから根を出します。

枝の先端の芽を摘むと
小枝が増えるのとよく似ていますよね。

ザルではない普通の鉢だと
鉢の中は乾燥していないので
根が鉢の中で長く伸び続けます。

ザルだと長く伸びずに
本数を増やそうとするわけです。

ザルで2年育てると、
ワサッと細かい根が増えてきます。

怪長もやってみましたが、
すぐに水切れを起こしてしまいますから、
怪長のように、会社勤めをしている人には向いていません。

あなたががもし、
お勤めではないのでしたら、
やってみる価値はあります。

この記事では、
「幹を太くする方法」として紹介しています。

ミニ盆栽の幹を太くする方法|3つの方法のメリットとデメリット

 

質問・回答コーナー

【Q】盆栽では芽摘みをしますが、なぜ、芽摘みが必要なのですか?

【A】木が一番生長するのが枝の先端で、
新しい芽を出しながら高く、広く伸びようとします。

そのままにしておくと、枝の先端だけが伸び
間延びした枝になるので、芽摘みをして
勢いを抑えると、枝の途中や幹から新しい芽がでます。

そうしながら枝を増やし、間延びしないようにしているのです。

 

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪