根張りと幹の立ち上がりが肝心|ミニ盆栽の素材づくり

素晴らしいミニ盆栽をつくるのに
大切な要素がいくつかあります。

最も重要なのは
幹の立ち上がりと根張りです。

この2点を中心にミニ盆栽の
素材の作り方をお伝えします。

良い盆栽をつくるには

・根張り
・幹の曲がり
・枝ぶり
・こけじゅん
この4点が重要になります。

中でも根張りと幹の曲がりは、木が小さな
うちから意識して育てると自然な根張りと
樹形を生み出すことができます。

木の曲がりの作り方

立ち上がりから曲がりがなく、
まっすぐに伸びてよいのは直幹だけです。

それ以外の樹形は、
必ず幹の立ち上がりが傾いていて、
木の上までにいくつかの曲りがあります。

模様木、斜幹、懸崖、文人木…みんなそうですね。

こうした樹形は立ち上がりが地面に
垂直だとあまり良くありません。

そこで、直幹に仕立てる木以外は、
あらかじめ根元に曲がりをつけておきます。

この時の傾きの強さで模様木か斜幹かそれとも懸崖…
といった未来の姿がだいたい決まってきます。

種から育てる実生は、そのまま放置しておくと
まっすぐに立ち上がってしまいます。

そこで、傾けて植え替えると
根元に曲がりがひとつつきます。

挿し木も根元から最初の枝の間まで
まっすぐなことが多いので、挿し木を
する時から傾けて植えると、後で樹形が
作りやすくなります。

立ち上がりの曲がりをつけやすいのは
取り木と根伏せですが、取り木や根伏せは、
しやすい木としにくい木があるので、
いろいろな方法を覚えておくとよいですね。

根張の作り方

八方に根が伸びているのが良い根張りです。

八方、それも均等に根が伸びている木は
まれですが、植え替えの時に毎回、根の整理を
しておくと根張がだんだん良くなってきます。

植え替えの時の整理の方法は

・太く伸びすぎたねは根元近くから切る。
・重なりあう根はどちらかを切るか、重なりを矯正する。
・根と枝の分量をほぼ均等に保ちながら根を切り詰める。

最初の曲がりと根の整理を忘れないでいると、
だんだん将来の樹形が見えてきます。

怪長(ブログの管理人)は、始めのころ
この2つをあまり意識していませんでした。

気が付くと「この根どうしようかな~」と
困ってしまう素材ばかりになりました。

樹形を最初から作り直すには、何年も
かかりますから、素材を手に入れたら、
曲がりと根張に気をつけて育ててくださいね(^^)

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

根伏せでつくるミニ盆栽の素材|ツルウメモドキとか

種から育てる実生、挿し木、取り木、購入する…など盆栽の素材を得る方法はいくつかありますが、もうひとつ、知っていると得する方法が根伏せです。植え替えの時に切った根を活用できるのと、根の曲がりが面白いのでミニ盆栽の楽しみが一つ増えますよ。(^^)
“根伏せでつくるミニ盆栽の素材|ツルウメモドキとか” の続きを読む

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽の素材づくりに重要な根の整理

初心者のころは根も剪定するということを知らなかった怪長(ブログの管理者)。
良い盆栽になるはずの素材も根の整理をせずに植え替えを続けていると、
後になって困ることになります。
そこで、植え替えをする時に行う根の剪定のことをお伝えします。

根の構造と木の構造は似ている

木には幹と枝があり、枝は先に行くほど細い小枝になって広がっていきます。
不思議なもので、根も同じように

  • 1最も太い中心の根(幹)
  • 2四方に張る太い根(主な枝)
  • 3太い根から広がる細かい根(小枝)

の構造になっています。
木と根イメージ
もし、地中に岩盤や岩がなく、根がすくすくと伸びることができるなら、木と同じように伸びていくでしょう。
実際は岩などを避けて曲がりながら根が広がります。

盆栽にする木は、幼木のうちに1の最も太い根を取り除いて2四方に張る太い根と、3の細かい根を育てます。
太い根の根元が木の幹の一番下の「根張り」になっていきます。細かい根が水と養分を吸収する根の本体にになります。

根の整理をしないとどうなるか

植え替えの時に、根をただ短くするだけでは、絡んだり、太く長く伸びる根ができて、それが樹形にも影響します。
細かい根が増えないので、木が元気に育ちにくくなり、鉢を小さくすることも難しくなります。

根の整理は、剪定と似た意味があります。

  • 1絡んだり、重なる枝を切る
  • 2徒長した根を切り、ほかの根の生長を促す
  • 3根全体の形のバランスをとる

植え替えるときに根をほぐす

鉢から木を外すと、根が鉢の縁にびっちりと生えています。
底にあった用土を押しのけて、根が走っている様子がすぐわかります。

はさみで2、3カ所、縦に切れ目を入れると、絡んだ根も解けやすくなります。
植え替えをする時は、鉢の中を乾き気味にしておくと作業がしやすくなります。

鉢の上の方の縁をピンセットや棒で、
根を痛めないようにほぐしながら用土を取り除いていきます。

根を乾燥させないように、霧吹きで湿らせながら作業します。

根を剪定する

ある程度ほぐれたら、木の真下の根を切ります。
太い根があれば切ります。
太い根を切る際は、幹の直径の1・5倍ほどの長さを残しておきます。

交差している根をほぐして、重ならないように向きを変えます。
向きが変えられない時は、どちらかを切ります。

根の整理をしながら植え替えると、細かい根が増えてきます。
根全体が小さく見えても、ボリュームのある根に仕上がっていきます。

木の大きさの割に鉢が小さい盆栽を見たことがあると思いますが、
こうした盆栽は、根の整理を丹念に行っているのです。

徒長根は切る

勢い良く伸びた根を徒長根といいます。
徒長枝と同じで、そのまま放置すると強い根と弱い根ができてしまいます。
根と木の姿はよく似ていて、剪定の考え方もほぼ同じです。
細かい枝を増やすように、根も細かい根を増やすために徒長根は切っておきます。

横に伸びる根を育てる

中心に向かって伸びる根は、ほかの根と交差しやすいので切ります。
上に伸びる根も切ります。下に伸びる根も切ります。枝の剪定と同じですね。
ただ、根の場合は幹に当たるものがありません。
根元か八方に根張ができるよう、樹の根元から放射状に横に伸びる根を大事にします。

根は、植え替えが終わってしまうと鉢と用土に隠れてまったく見えませんが、これを疎かにすると数年後に困ったな~と悩むことになってしまうので、根の整理をお忘れなく。(^^)

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

カラマツ剪定から50日|ミニ盆栽の未来のイメージ

枝がぼうぼうになったカラマツを剪定してから50日。
葉が増えて元気になってきました。
剪定直後の写真と見比べるとよく分かります。
そこでこの先、どう育てていくのか怪長(ブログ管理人)のイメージを紹介します。

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

前回の記事
剪定(せんてい)の実例|どうする?崩れたミニ盆栽

枝がぼうぼうになったカラマツを…
どうしようもないき1

剪定したら
剪定木4
さっぱりしました。6月22日です。

2週間ほどして葉が大きくなり始め
50日経った今では緑が増えました。
2014-08-15 それカラマツ
新しい根が伸びて元気になってきたということですね。
ほっとしています。(^^)

枝が1本復活せずに枯れてしまいましたが、
なんとかなるでしょう。

このまま、漫然と育てていても盆栽にはなりませんから
頭の中に設計図を描きながら、カラマツと付き合っていこうと思います。

将来のイメージ

三幹で真ん中の木を頂点にします。
2014-08-15 未来の絵
将来の樹形はこんなイメージかなぁと思います。

枝の手入れ

新芽を摘んでいくと枝が増えてボリューム感が出てきます
ところが左側の赤◯のあたりは枝が少なくて空間が目立ちます

左の木の芽摘みをしっかりしていくと、幹から新芽が出てくる
可能性があるので期待しています。

もし、新芽が出なかった場合は改めて左の木の樹形を検討します。

2014-08-15 これカラマツ
はかれた枝です。復活の見込みはないので切ります
の◯の中には幹から小さな目が出ていますので大切に育てていきます。
の←は、伸びてほしい枝なので小枝が増えるように芽摘みをしながら伸ばしていきます。
の幹から枝を出すには、その上の芽摘みをしっかりやっていくと
可能性があります。
必ず出るとは言い切れませんが樹勢が増してくると、出ると思いますよ。(^^)

根の手入れ

木を元気にさせるには、根の手入れが大切です。
来年は植え替えをせずに、肥料で樹勢を高めて枝の生長をうがなしながら、
芽摘みを丹念に行って枝を増やしていきます。

2年後に植え替えをします。
その時に徒長根と絡み根を整理してザルに植え替えます。
ザルに植えることによって、細かい根が増えます。
水やりに気を配らなければなりませんが、
根が丈夫になり、幹を太くするのにはこの方法が最適です。
参考記事はこちら
ミニ盆栽の幹を太くする方法|3つの方法のメリットとデメリット

細かい根が増えると樹の枝も増えてきますので、
少しは盆栽らしい樹形になっているでしょう。

新しい枝が増えていたら設計図を書き直します。

そんな期待を込めながら育てていこうと思います。
カラマツちゃん頑張ってね~(^^)

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽、夏の植え替えありですか?

なしです

怪長(ブログの管理人)は、夏に植え替えをしません。
新しい根が伸びて木が元気になるころには冬になるからです。
そのまま冬を越すと木の勢いが衰えてしまいます。

でも、根腐れして放置できない時は最小限の植え替えをします。
その時の注意点は次の3つです。

“ミニ盆栽、夏の植え替えありですか?” の続きを読む

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

盆栽の保水力ってどれくらい?|赤玉土・富士砂・花崗岩を比較

盆栽に使う用土には通気性と同時に保水力が求められます。
では、用土の種類によって保水力はどれくらい違うのでしょう?
実験をしてみました。厳密な計測ではありませんが、イメージはつかめました。(^^)

結論の概要

・赤玉土の保水力は富士砂の2倍ほどです。
・富士砂は花崗岩と比べかなりの保水力があります。
・花崗岩はほとんど保水力がありませんでした。

実験の手順

用土の保水力・絵2
用土をカップに満たし水を注ぎ込みます。
水の入る量で用土以外の隙間と用土に吸収された水の合計を測ります。

しばらく時間を置いて用土の入ったカップの水を戻します。
水が増えた分が、ほぼ隙間の容積となります。

戻ってこなかった水の量が隙間に残った水と用土に吸収された水です。
この差で、保水力がどれくらいあるかが分かります。

保水力比較
上の写真は、保水力(隙間の水も含む)の差を示したものです。
花崗岩(右)は0・4メモリだけ隙間に水が残っています。
赤玉土の吸水性(保水力)が高いのが分かります。

それでは、ここから実験です

使用した用土

赤玉土(3~5㎜):盆栽で使われる用土で保水力がある
富士砂(3~5㎜):盆栽で使われる用土で通気性がある
花崗岩(3~5㎜):盆栽にはあまり使われないが通気性が高い

すべて篩(ふるい)にかけてほぼ同じ大きさにしてあります。
天日で乾燥させて、水分はほぼない状態にしてあります。

実験1:赤玉土
赤玉土0
乾燥した赤玉土と水
赤矢印メモリ0が基準です。
このカップは100円ショップで買ってきました。
実験が終わったらかみさんにあげます。^^;

赤玉土1
赤玉土を入れたカップAに水を入れました。
カップBに入った水はメモリ3.6です。
意外にたくさん入りましたね。

赤玉土2
カップAから水を戻しました。
メモリは1.3です。その差は2.3です
この差の分だけ左のカップに水が残っています。

実験2:富士砂
富士砂0
乾燥した富士砂と水

富士砂1
富士砂をいれたカップAに水を入れました。
カップBに残った水はメモリ3・6です。
赤玉土と同じですね。

富士砂2
カップAからカップBに水を戻しました。
メモリは0.9です。その差は2.7です
ということは、2.7-2.3=0.4メモリ分
赤玉の保水力が高いということですね。

実験3:花崗岩
花崗岩0
乾燥した花崗岩と水

花崗岩1
花崗岩を入れたカップAに水を入れました。
カップBに残った水はメモリ2・5です。
あまり入りませんね。それだけ隙間が少ないということです。

花崗岩2
カップAから水を戻しました。
メモリは0・4です。その差は2・1です
花崗岩は水を吸収しないので、メモリ0・4分の水が隙間に残っているわけです。
花崗岩だけだと、すぐ乾いてしまいますね。

結論

用土に残った水の量は
赤玉土1.3メモリ
富士砂0・9メモリ
花崗岩0.4メモリ
赤玉土の保水力は花崗岩の3.25倍、富士砂の1.44倍となりました。
花崗岩は隙間に残った水だけです。

花崗岩の隙間を基準にして赤玉土と富士砂の隙間を計算し、
用土が吸収する水だけで比べると、
赤玉土の吸収する水は富士砂のほぼ2・2倍となりました。

考察

赤玉土、富士砂、花崗岩はそれぞれ粒の大きさは揃えてあるものの、
赤玉土は比較的丸い形、花崗岩は角があって長方形に近いため、
隙間の量が同じではなく、角のない丸い形の赤玉土の方が隙間が多くなりました。

実験の水を入れた後の写真で赤玉土、富士砂と花崗岩を比べると、
赤玉土、富士砂の方がより多く水がカップに入っています。
花崗岩の方が隙間が少ないということになります。

花崗岩はそもそも吸水性はゼロに等しいため、
花崗岩の保水力は隙間に残る水の量とほぼ同じと考えられます。

今回の実験では粒の大きさが3~5㎜にしていますが、
粒を小さくすると隙間も小さくなって逃げる水がすくなく、
保水力は高まると考えられます。

しかし、粒が小さいほど用土全体の表面積が大きくなるため、蒸発する速度も速いと思われます。

どの程度の違いがあるのかは実験をしてみなければイメージは掴めそうもありません… ^^;
もし、小さい粒で実験したらまた、報告します。

雑談

花崗岩を篩いにかけてからよ~く見ると、
軽石がかなりの量含まれているではありませんか。

大雑把な実験とはいえ、軽石3割では
データに信頼性がないので軽石を取り除くことにしました。

水にさらすと軽石は浮いて流れていきますが、それでも1割は残ります。

そこで、バットの中に緩い水流を作ってみました。
すると、軽石だけがゆらゆらと動くので、
ひと粒ずつピンセットで取り除きました。

完了するまでほぼ1時間。
しゃがんだままだったので、あぁ~腰がいてぇ~。(・_;)

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

軽石でミニ盆栽の鉢を作る方法|簡単!30分で完成

軽石でミニ盆栽の鉢を作ってみます。

必要な道具はヤスリとノミ。
大きめのマイナスドライバーでもいいです。

サクサク掘って30分ほどで完成します。

軽石1
適当な大きさの軽石を水に浸しておきます。

軽いのでプカプカ浮きます。
あちこちから、プクプクと泡がでます。

タワシで汚れを落としておきます。

軽石2
しばらくして、石から泡が出なくなったら上下を決めます。

軽石3
底に当たる部分をヤスリで平らに均します。
軽石は柔らかいのでどんどん削れます。

軽石4
角度を間違ったので修正。
ヤスリだと時間がかかるので
ノコで切ってしまいます。

石なのに簡単に切れます。

軽石5
穴を掘ります。
ひたすら掘ります。

軽石6
柔らかいので突き抜けないように。

手を傷つけないように注意
しながらひたすら掘ります。

軽石7
ある程度掘ったら、
水抜きの穴を先に開けておきます。

そうすると、どこまで掘り進んだか
分かりやすくなります。

軽石8
穴掘り完了です。
壊さないようにしながら穴を広げていきます。

軽石9
裏側には水の抜け道をつけておきます。

軽石10
完成です。
掘り始めてから完成まで30分ほどです。

同じ軽石でもサクサク
掘れる柔らかいのもあれば
硬くてなかなか手ごわいのもあり
ますが、ほとんどは手掘りができます。

軽石はたいてい白っぽい色をしています。

この軽石は色が黒いですね。

重厚感があって荒々しい
自然味のある鉢になりました。

変なところに穴が開いてしまいました。
でも影響なしです。

けと土で埋めてしまえば問題はありません。

これで盆栽を作って毎日、
水をやっていると苔も生えてきます。

軽石を使うと、石付きの盆栽や
懸崖にも応用できますよ。

大人の拳大の軽石だと、
ミニ盆栽にちょうどいいですね。

軽石の鉢の彫り方は2通りあります

通常の鉢と同じように軽石の鉢を単独で使う
場合は水抜きの穴を開けるこの方法です。

最初の写真のように鉢の上に軽石の鉢を置く
場合は、小さな穴ではなく、全部下まで同じ
口径の穴を開けておくと、管理がしやすいです。

ところで…

軽石はどうやって手に入れるか

ですよね。

売ってはいますが‥。

怪長(ブログ管理人)は土木会社に
勤めている友達に頼んでいます。

用地造成をした時にゴロゴロ
と出てくることがあるのです。

軽石は火山の噴出物ですから
昔の火山の近くにあります。

怪長の住むまちから直線で約50km
のところに雌阿寒岳があります。

1万2000年前から噴火を繰り返しています。

雌阿寒の周辺には富士砂のような
黒い色の重たい火山礫があります。

軽石は雌阿寒から20~30㎞
離れたところでよく出土します。

人の頭ほどの大きさです。
もっと大きいのもあります。

雌阿寒岳からさらに離れると、
子どもの拳くらいの大きさになり
50kmも離れると火山灰になっています。

怪長の住むまちの周辺は
どこを掘っても火山灰です。

友達に土木工事屋さんがいると、助かります。(^^)ヘヘヘ

積雪寒冷地は冬の間、
盆栽では何もすることがないので
軽石でも掘りながら春を待つことにしています。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽はなぜ枯れる?|自然の木は枯れないのに

photo credit: 等々力渓谷_R0011076 via photopin (license)

鉢に入れた木は水やり、植え替え、遮光、剪定といった管理をしなければ弱って枯れてしまいます。
ところが自然の木は管理をしなくても枯れることはありません。なぜでしょう?
自然の木が枯れない理由を考えるとミニ盆栽の管理がなぜ必要なのか見えてきます。

自然の木が枯れない理由

大地の中で根が自由に伸びることができるからです。常に新しい根が伸びています。
地中ではものすごくゆっくりですが常に水が動いていますから、水に溶けてた酸素が常に根に供給されています。

しかし、鉢の中では根が自由に伸びることはできません。水
も常に動いているわけではありませんから、
鉢の中に水を通して水を供給しながら酸素も補給する必要があります。

赤玉土や火山礫を篩いにかけて微塵を取り除き、調合して用土として使うのは、
通気性と保水性を高めた用土で根を包み、毎日、水やりをして水分と酸素を補給する必要があるからです。

鉢の中に水と酸素が供給されると新しい根が伸びて木は健康を保つことができるます。
根が伸びすぎると、保水力が弱まって酸欠状態となり根腐れを起こすので、植え替えが必要になります。

大地に降った雨は、腐葉土に貯めこまれ徐々に地面に浸透していきます。
浸透した雨はゆっくり地下に浸透していきますから、
日照りが続いても土の奥深くまで乾燥することはありません。

雨が降り続いても、水が停滞することなく土の中をゆっくり流れていくので根腐れすることもありません。

西日や夏の強い日差しを浴びても葉やけしない理由

すべての葉が強い日差しにさらされるわけではないからです
西日が当たるのは木全体の西側だけ、それも数ある木のうち西に面した木だけです。

盆栽で西日を避ける理由

大気や地面など周囲の温度が上がっているのに日を当てると葉の温度が上がり過ぎるためですが、森や林は温度がそう高くならないので、西日を受けても影響が少ないのです。

森を伐採した時は、急に日当たりの良くなった木が一斉に枯れてしまうことがあります。
それまで強い日差しにさらされなかったため、適応できないからです。

肥料を与えなくても木が大きくなる理由

枯れ葉が腐葉土になり養分を木に供給しているためです。
木にとって腐葉土はバランスのとれた自然の肥料なのです。

厳しい寒さでも枯れない理由

寒さに強い木しか生き残れないからです。
寒さに弱い木は、芽を出したとしても枯れてしまい、森を形成する一員にはなれません。
枯れない木しか生き残れない、と言った方が分かりやすいかもしれません。

乾燥した風が吹いても枯れない理由

森の中には水分があり、乾燥した風を直接受ける葉も一部だからです。

剪定をしないくても素晴らしい樹形になる理由

日当たりの悪い葉や枝が自然に淘汰されるためです。
バランスの悪い木は自然に倒れ、日当たりの悪い枝は自然に枯れ落ちるためです。
自然の力がいつの間にか剪定をしているということです。

病害虫も木を枯らす原因になりますが、病害虫にも天敵がいて、常にバランスをとっています。
時たま、ある種の害虫が大発生し、森の木が一気に弱ることはありますが、
原因は人間が人工的に同じ種類の木を植えて、森の多様性を損ねた場合に起きやすくなります。

鉢の中で木を育てる盆栽は、言い換えれば木を大地から鉢に移し替えることですから、
自然の持っている条件を人間が補う必要が出てきます。

水やり、植え替え、用土、施肥、病害虫駆除、剪定…。
すべては、自然が持っている環境を人間が整えなければならない、ということです。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

取り木の方法|樹形のよくないミニ盆栽が激変!

あなたの盆栽が、変な形で盆栽らしくなくても諦めるのは待ってください。形のよくない木でも取り木という方法を使うと、素晴らしい樹形に生まれ変わることがあります。

取り木1
なんだか、幹の途中に枝がなくて殺風景な感じでも、心配はありませんよ。
時間がかかりますが、茎の途中からでも根を出すことができるのです。

取り木2

この木の上の部分だけ取り外して、こんな感じの木だったらいいですよね。
これを取り木という手法で実現してしまいましょう。
取り木3

取り木には幾つもの方法がありますが
盆栽でよく使う方法は環状剥離針金縛りです。

1 環状剥離

取り外したい位置から下の幹の皮を取り除き、幹の途中から発根させる方法です。
取り木の絵1
まず、赤い破線のところにナイフなどで切り込みを入れます。

取り木の絵2
丁寧に皮を除去します。
皮を除去する際は、形成層まできれいに取り除き、芯だけ残します。

形成層が残っていると、発根しないので完全に除去してください。
形成層はやや緑かかってヌルっとした感触です。

切り取る長さは、木の直径の1.5倍から2倍。
幹が太いものはこれにこだわる必要はありません。
皮を剥いだ間隔が狭いと発根しにくくなるので、1.5㎝ほど離れていれば十分です。

取り木の絵3
剥ぎ取った部分にミズゴケをあててビニールで包みます。
下の方は水が抜けないように紐でしっかり縛ります。
上の方は、水を入れやすいように緩くしておきます。

ミズゴケの代わりに細かい赤玉土でもよいです。

取り木を始める時期は
1 芽が動く前の3月ごろ
2 梅雨に入る前
3 積雪寒冷地では5月中旬から6月にかけてです。

根が出てくるまでの時間は、樹種や樹齢、地域によって異なり
1、2ヶ月で根が伸びてくる場合もあれば、半年から1年かかることもあります。

根が出ないからといって、ビニールを取り外して覗いてみたり
触ってしまうことのないよう、じっくり待ちましょう。

ビニールは日光を通さないものが良いです。
透明のビニールで包むときはアルミホイルなどで光を遮ると発根しやすくなります。

取り木をする位置が低いときは
取り木の絵4
ビニールで包む代わりにポットで包んだり、鉢底ネットを巻く方法もあります。

上部の木の元気がないように見えることがありますが
枯れることはないので、気長に待ってください。

2 針金縛り

松柏類ではこの方法を使うこともあります。
環状剥離よりも発根に時間がかかりますが、成功率は高いです。

取り木・縛り2
針金を幹に食い込むほどしっかりと巻きつけます。
2重から3重に巻いたら、針金に重なる位置に結び目がくるようにします。

養分が針金の上部にたまり膨らんできたら、環状剥離と同じ方法で
包み、発根するのを待ちます。

取り外す時期は
環状剥離も針金縛りも根がビニールの外からでも見えるようになってからです。
植え替えの時期に合わせて取り外すとよいでしょう。

急いで外してしまうと、根が十分に伸びていなかったり
伸びかけている根が生長しなくなるので、待つことを心がけてください。

取り木をしている最中の管理は、直射日光に当てないよう遮光をします。
それ以外は通常の管理です。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

ミニ盆栽の幹を太くする方法|3つの方法のメリットとデメリット

木の幹を太くする方法は3つあります。

  • 大きめの鉢で育てる
  • ザルに植え替えて育てる
  • 畑に植え替えて育てる

どれも有効な方法ですがメリットとデメリットがあります

スポンサード リンク
[ad#adsbon1]

1 大きめの鉢で育てる

植え替える時に大きな鉢に替えます。

根は大きな鉢で伸びるので木も大きくなり、
幹も太くなっていきます。

根元に近い枝を切らずにそのままどんどん
伸ばしていくと、その枝から下の幹は太くなります。

幹が目的の太さになったら枝を根元から
切り落とし、融合剤を塗っておくと
傷が目立たないようになります。

幹を太くするための枝を犠牲枝といいます。

犠牲枝は勢いがつきすぎると、
ほかの枝が枯れることがあるので
勢いが強くなり過ぎないように
先端の葉以外は切っておきます。

犠牲枝は正面の裏側にある枝を伸ばすのが理想です。

犠牲枝以外の枝は芽摘みや芽切りをして
間伸びしないようにする必要があります。

メリット

・自然な枝樹形をつくりやすい。
・ケヤキやブナなど繊細さを求められる盆栽に向いている。

デメリット

・時間がかかる
・枝が徒長し過ぎてほかの枝が枯れてしまうことがある

2 ザルに植え替えて育てる

鉢ではなくてザルの中に植えます。

用土は水はけの良い2~4ミリ
程度の風化花崗岩を使います。

風化花崗岩は川砂の大粒のもの
と考えていただいてよいです。

風化花崗岩がない場合は
火山礫(れき)でも良いです。

植えた後のザルは、ひと回り大きな仕立鉢に
すっぽりと入れておくとよいです。

ザルで育てると根が徒長せず密集してきます。

ザルの縁まで伸びた根はそこで生長が止まり、
別のところから根がたくさん出てきます。

水と肥料を大量に与えると、木が早く太くなるので
幹の太さと根張を良くするのには良い方法です。

植え替える時は根の生え際の高さを揃えることが大切です。

乾燥しやすいので、用土に赤玉土を
3割ほど混ぜると乾燥しにくくなります。

ミニ盆栽クラスの小さい木だと、
小さいザルを探す必要があります。

小さいザルは、更に乾燥しやすいので水の管理がいっそう大変です。

メリット

・幹を早く太くすることができる
・根張を良くすることができる

デメリット

・乾きやすいので水の管理が難しい。
・サラリーマンのように日中の仕事のある人は心配の種になる。
※怪長(ブログ管理人)もサラリーマンです (^^ゞ

3 畑に植え替えて育てる

木も根もどんどん伸びるので幹を太くする
には最も手っ取り早い方法です。

鉢で5年かかるところを2年で
目的の太さまで育てることができます。

ところが、根が極端に徒長することが
あるので根張りが偏りがちになります。

枝の徒長も激しいので樹形が乱れやすく、
幹だけは太くなりますが後が大変。

失敗することも多い方法です。

メリット

・最も早く太くなる

デメリット

・樹形、根張が崩れやすい
・鉢に戻した後、樹形を整えるのが大変

怪長(ブログの管理人)の失敗談

カラマツの苗を早く太くしようと
、畑に植えたことがありますが、
枝も根も大暴れした状態になり、
結局は盆栽になりませんでした。

今のところは気長に楽しむのがいいなぁと思っています。

幹を太くするのはもっぱら鉢で行い、
枝をうまく整理して木全体を小さくしながら
幹を太く見せるようにしています。

こちらの記事も参考になれば
ミニ盆栽の剪定の方法3|幹を太くするにはどうすれば

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪