枯れたミニ盆栽と土用の丑の日

▲色づいたナツヅタ 先日、サギにあいました。 さいわい、犯人はすぐに逮捕されました。 その姿がこれです。 サギ逮捕の瞬間   また、つまらないことを書いてしまいました。( ;∀;) 怪長の庭では ナツヅタがもう紅葉しています。 ワ… 続きを読む →

ミニ盆栽の根を増やすにはどんな用土がいいの?

  今日は「根を増やすにはどんな用土がいいの?」 ということについて、お伝えします。 結論から言うと「粒状の土を使う」です。 すでに、ミニ盆栽をしている人にとっては 常識ですね。 でも、なぜ粒状の土が良いのか‥。 ちょっとだけ考え… 続きを読む →

通気性、排水性、保水性、保肥性の違いって?

  今日は、通気性、排水性、保水性、保肥性について どう違うのか、解説します。 前回、ミニ盆栽通信第2回では 赤玉土がこの4つの性質に優れている というお話をしましたね。 でも、通気性と排水性はどうちがうの? それに、保水性と保肥… 続きを読む →

赤玉土はなぜ用土に向いているの?

  前回のミニ盆栽通信第1回は 「畑の土を鉢に入れるとなぜダメなのか」 というお話しでした。 畑の土は粒が細かいために 水はけ、通気性が悪くなり 根を弱らせる原因になるからです。 畑の土が悪いのではなく、 鉢に入れるとうまくいかな… 続きを読む →

畑の土を鉢に入れるとなぜダメなのか

▲盆栽には必ず用土を使いましょう 怪長の失敗談特集でも書きましたが、 「畑の土を鉢に入れていた」というのは アウト!なのです。 木は大地で育つのに 大地と同じような土を鉢に入れるとなぜいけないのか‥‥。 そんな疑問、湧いてきますよね。 理由… 続きを読む →

盆栽の保水力ってどれくらい?|赤玉土・富士砂・花崗岩を比較

盆栽に使う用土には通気性と同時に保水力が求められます。 では、用土の種類によって保水力はどれくらい違うのでしょう? 実験をしてみました。厳密な計測ではありませんが、イメージはつかめました。(^^) 結論の概要 ・赤玉土の保水力は富士砂の2倍… 続きを読む →

ミニ盆栽の用土の準備|篩(ふるい)で分ける手順

篩(ふるい)は用土の準備には欠かせない道具 これがないと、うまくいきません。 ぜひ用意してください。 目の粗さ3種類と、微塵(みじん)を取り除くための細い目の篩。 細かい篩は、かみさんにだまって台所から借りてきたので 見られないことを祈って… 続きを読む →

用土の種類と説明|ミニ盆栽

盆栽の鉢に入れて土の役割をするものを用土(ようど)といいます 畑や花壇の土とは違い、ほとんど栄養分を含まず、 通水性(水はけ)、保水性(みずもち)を持つように 配合・調整します。 根の周りの環境を良くするためです。 栄養は主に固形肥料か液体… 続きを読む →

用土の準備|ミニ盆栽

用土の準備をしておきましょう。 ミニ盆栽を作を作る前に用意するものは?で紹介した 火山礫(かざんれき) 赤玉土(あかだまつち) 腐葉土(ふようど)もしくはピートモスを用意します それぞれフルイにかけて粒を分けておきます。 フルイの目は4~5… 続きを読む →

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る