盆栽の保水力ってどれくらい?|赤玉土・富士砂・花崗岩を比較

盆栽に使う用土には通気性と同時に保水力が求められます。
では、用土の種類によって保水力はどれくらい違うのでしょう?
実験をしてみました。厳密な計測ではありませんが、イメージはつかめました。(^^)

結論の概要

・赤玉土の保水力は富士砂の2倍ほどです。
・富士砂は花崗岩と比べかなりの保水力があります。
・花崗岩はほとんど保水力がありませんでした。

実験の手順

用土の保水力・絵2
用土をカップに満たし水を注ぎ込みます。
水の入る量で用土以外の隙間と用土に吸収された水の合計を測ります。

しばらく時間を置いて用土の入ったカップの水を戻します。
水が増えた分が、ほぼ隙間の容積となります。

戻ってこなかった水の量が隙間に残った水と用土に吸収された水です。
この差で、保水力がどれくらいあるかが分かります。

保水力比較
上の写真は、保水力(隙間の水も含む)の差を示したものです。
花崗岩(右)は0・4メモリだけ隙間に水が残っています。
赤玉土の吸水性(保水力)が高いのが分かります。

それでは、ここから実験です

使用した用土

赤玉土(3~5㎜):盆栽で使われる用土で保水力がある
富士砂(3~5㎜):盆栽で使われる用土で通気性がある
花崗岩(3~5㎜):盆栽にはあまり使われないが通気性が高い

すべて篩(ふるい)にかけてほぼ同じ大きさにしてあります。
天日で乾燥させて、水分はほぼない状態にしてあります。

実験1:赤玉土
赤玉土0
乾燥した赤玉土と水
赤矢印メモリ0が基準です。
このカップは100円ショップで買ってきました。
実験が終わったらかみさんにあげます。^^;

赤玉土1
赤玉土を入れたカップAに水を入れました。
カップBに入った水はメモリ3.6です。
意外にたくさん入りましたね。

赤玉土2
カップAから水を戻しました。
メモリは1.3です。その差は2.3です
この差の分だけ左のカップに水が残っています。

実験2:富士砂
富士砂0
乾燥した富士砂と水

富士砂1
富士砂をいれたカップAに水を入れました。
カップBに残った水はメモリ3・6です。
赤玉土と同じですね。

富士砂2
カップAからカップBに水を戻しました。
メモリは0.9です。その差は2.7です
ということは、2.7-2.3=0.4メモリ分
赤玉の保水力が高いということですね。

実験3:花崗岩
花崗岩0
乾燥した花崗岩と水

花崗岩1
花崗岩を入れたカップAに水を入れました。
カップBに残った水はメモリ2・5です。
あまり入りませんね。それだけ隙間が少ないということです。

花崗岩2
カップAから水を戻しました。
メモリは0・4です。その差は2・1です
花崗岩は水を吸収しないので、メモリ0・4分の水が隙間に残っているわけです。
花崗岩だけだと、すぐ乾いてしまいますね。

結論

用土に残った水の量は
赤玉土1.3メモリ
富士砂0・9メモリ
花崗岩0.4メモリ
赤玉土の保水力は花崗岩の3.25倍、富士砂の1.44倍となりました。
花崗岩は隙間に残った水だけです。

花崗岩の隙間を基準にして赤玉土と富士砂の隙間を計算し、
用土が吸収する水だけで比べると、
赤玉土の吸収する水は富士砂のほぼ2・2倍となりました。

考察

赤玉土、富士砂、花崗岩はそれぞれ粒の大きさは揃えてあるものの、
赤玉土は比較的丸い形、花崗岩は角があって長方形に近いため、
隙間の量が同じではなく、角のない丸い形の赤玉土の方が隙間が多くなりました。

実験の水を入れた後の写真で赤玉土、富士砂と花崗岩を比べると、
赤玉土、富士砂の方がより多く水がカップに入っています。
花崗岩の方が隙間が少ないということになります。

花崗岩はそもそも吸水性はゼロに等しいため、
花崗岩の保水力は隙間に残る水の量とほぼ同じと考えられます。

今回の実験では粒の大きさが3~5㎜にしていますが、
粒を小さくすると隙間も小さくなって逃げる水がすくなく、
保水力は高まると考えられます。

しかし、粒が小さいほど用土全体の表面積が大きくなるため、蒸発する速度も速いと思われます。

どの程度の違いがあるのかは実験をしてみなければイメージは掴めそうもありません… ^^;
もし、小さい粒で実験したらまた、報告します。

雑談

花崗岩を篩いにかけてからよ~く見ると、
軽石がかなりの量含まれているではありませんか。

大雑把な実験とはいえ、軽石3割では
データに信頼性がないので軽石を取り除くことにしました。

水にさらすと軽石は浮いて流れていきますが、それでも1割は残ります。

そこで、バットの中に緩い水流を作ってみました。
すると、軽石だけがゆらゆらと動くので、
ひと粒ずつピンセットで取り除きました。

完了するまでほぼ1時間。
しゃがんだままだったので、あぁ~腰がいてぇ~。(・_;)

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

  • 用土の種類と説明|ミニ盆栽用土の種類と説明|ミニ盆栽 盆栽の鉢に入れて土の役割をするものを用土(ようど)といいます 畑や花壇の土とは違い、ほとんど栄養分を含まず、 通水性(水はけ)、保水性(みずもち)を持つように 配合・調整します […]
  • 赤玉土はなぜ用土に向いているの?赤玉土はなぜ用土に向いているの?   前回のミニ盆栽通信第1回は 「畑の土を鉢に入れるとなぜダメなのか」 というお話しでした。 畑の土は粒が細かいために 水はけ、通気性が悪 […]
  • ミニ盆栽は難しい?|3つの基本を知れば簡単ミニ盆栽は難しい?|3つの基本を知れば簡単 ミニ盆栽は簡単だと思ったけれど難しい―。 そんな声をいただきました。 怪長(ブログの管理人)も20年近くやっていますが、 分からないことだらけです。 とは言っても […]
  • ミニ盆栽の用土の準備|篩(ふるい)で分ける手順 篩(ふるい)は用土の準備には欠かせない道具 これがないと、うまくいきません。 ぜひ用意してください。 目の粗さ3種類と、微塵(みじん)を取り除くための細い目の篩。 […]
  • 用土の準備|ミニ盆栽用土の準備|ミニ盆栽 用土の準備をしておきましょう。 ミニ盆栽を作を作る前に用意するものは?で紹介した 火山礫(かざんれき) 赤玉土(あかだまつち) 腐葉土(ふようど)もしくはピートモスを […]
  • ミニ盆栽の根を増やすにはどんな用土がいいの?ミニ盆栽の根を増やすにはどんな用土がいいの?   今日は「根を増やすにはどんな用土がいいの?」 ということについて、お伝えします。 結論から言うと「粒状の土を使う」です。 すでに、ミニ盆栽をして […]

Comment

  1. […] よって保水力はどれくらい違うのでしょう? 実験をしてみました。厳密な計測ではありませんが、イメージはつかめました。(^^) 結論の概要 ・赤玉土の保水力は …(続きを読む) […]

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る