ミニ盆栽用の苔の増やし方|胞子と分身の術を使ってみよう!

苔は胞子で増えます。種ではありません。

種と言われているのは苔をほぐして
篩(ふるい)にかけたものです。

苔を増やすにはいろいろな方法があります。

今回は、胞子で増やす方法と、
分身の術で増やす方法をお伝えします。

スポンサード リンク

胞子で増やす方法

胞子で増やす1
苔は生長すると胞子のうを出します。

ミニ盆栽のアクセントにするハイゴケは、
春になると苔から細い茎(胞子柄)を出します。

その先端はやや膨らんでいます。それが胞子のうです。

晴れた日、気温が高くなると胞子のうが開いて、
粉のような胞子が風に吹かれながら散っていきます。
その性質を利用して胞子で苔を増やしてみます。

床の作り方

胞子で増やす3
大きめの鉢に砂を入れ、キッチンペーパー
(新聞紙でもいいです)を敷きます。

砂とキッチンペーパーの間に隙間を作らない
ようにしてペーパーにに水を含ませ、
けと土を薄く塗ります。

厚さは1ミリもあれば十分です。
これで床のできあがり。

胞子で増やす2
次は、ハイゴケから胞子のうが出るのを待ちます。

胞子のうが膨らんできたら
用意しておいた床を風下にかざし、
胞子のうの先端を細長い棒でなぞるように刺激してやります。

すると胞子がふわっと散ります。
その胞子を湿らせたけと土で受けます。

よほど目の良い人でなければ、胞子が付着
したかどうかは分かりませんが、たいていはついています。

あとは、涼しいところに置いて乾燥しない
程度に水をあげて放って置くと、2ヶ月ほどで
緑色の苔が増え始めます。

分身の術で増やす方法

分身の術で増やす
ギンゴケ、ヤマゴケ、ハイゴケは
分身の術で増やすことができます。

育った苔の緑色の部分を床屋
さんがするように切ります。

切った苔はキッチンペーパー
(新聞紙でもよい)で受けます。

苔がたまったら、風に飛ばされないよう
日の当たる窓辺(室内)に置いて乾燥させます。

カラカラに乾いたら手でもみほぐして小さくします。

粉になるほど小さくすると苔が育つまでに時間が
かかりますから、1ミリ程度でやめておきます。

あとは、胞子で増やすのと同じ要領で
床をつくり、乾燥した苔の粉を古いに入れて
ハラハラと濡らした床に蒔きます。

乾燥させなくてもいいのですが、
乾燥させた方が全体に平均的にまきやすいです。

苔の管理の方法

胞子でも苔の粉(俗にいう種)でも管理の方法は同じです。

日の当たる涼しい場所でなるべく
乾燥させないように時々水をやりながら
置いておくだけです。

どちらかというと、水をやり過ぎたり、
暗いところに置いたり、苔が出てこないから
失敗したと思ってしまう人間の心の管理の方が
難しいかもしれません。

怪長(ブログ管理人)のことですが…^^;

ボーッと待っていれば苔は自然に生えてきます。

苔だけでなく雑草と呼ばれる様々な植物も
出てきますので、ピンセットで抜いてやると
苔は喜ぶと思います。

乾燥したら死んだふり

苔は大気と大地が乾燥したら自分も乾燥して休眠します。

ずっと乾燥していたら自分もずっと乾燥しています。

雨が降って水を得たら活動を再開します。

自分も乾燥するというような性質を「受容」といい、
環境をそのまま受け入れるという生き方です。

木はこの「受容」ができないので、
乾燥してしまったら眠ったきり復活しません。

木など多くの植物は「適応」
という生き方をしています。

サボテンのように乾燥地帯で生きる植物は、
葉をトゲに変化させて環境に「適応」しています。

しかし、適応できる限界を超えて
しまったら枯れるしかないわけです。

苔が古代から生き抜いた秘訣は
「受容」という生き方にあったのです。

苔には根がない

苔には根がありません。

根のように見えるのは「仮根」と呼ばれ、
石や地面に体を固定するためのものです。

根ではないので養分を吸収することはありません。
つまり、苔に肥料をやっても意味がないのです。

でもなぜか液肥のハイポネックスを
与えると色が良く元気になります。

苔の栄養源とは?

光合成と水です。

苔は暗いとこが好きと思われがちですが、
日当たりのないところでは光合成ができず、
育ちません。

日当たりの強いところでは乾燥してしまいますが、
いないように見えるだけで雨が降ると復活します。

苔にとって水は生きる糧なので、苔同士が
体を寄せ集めて隙間に水を溜め込みます。

苔の容量の3倍もの水をためます。

これがミニ盆栽には良くない結果を生むこともあります。

鉢にタップリ水をやったつもりなのに、
鉢の中まで水が通っていなかった…とか

苔が生えるのを喜んでいたら、実は鉢が水分過多で
木の根が腐りやすかった…ということもあるので、
苔とミニ盆栽の同居にはちょっとだけ気を使いましょう。

こちらの記事が参考になれば幸いです。
苔はミニ盆栽に必要?それとも不要|メリットとデメリット

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る