ミニ盆栽用の木はどこにあるの?

ミニ盆栽を作ってみたい!だけど…
「ミニ盆栽用の木はどこにあるの? 」
「どんな種類を選ぶと良いの?」ですよね。

木はあなたのすぐ近くにあります

庭をお持ちなら足元をよく見て下さい。

高さ10㌢あるかないかの小さな木がありませんか?
あれば、OKです。

あ、小さい木と草は同じように見えますから
木と草の見分け方の記事を参考に探してくださいね。

樹種はなんでも構いません。

あなたの住んでいる地域に
自生する木が育てやすいのです。

もちろん木の種類に好き嫌いがあって
「これは、どうも…」と思うこともありますよね。

それならば、別の木を探してみましょう。
いろいろなのが見つかると思います。

庭がなければ、近所の知人の庭、友達の山、畑…

とにかく土のある所にはミニ盆栽になる木がある
と思っていただいてよいです。

周囲の景色を見渡して近くに山や丘があれば
そこには無尽蔵に木があります。

樹木を植えた公園ならそこにもあるでしょう。

もし、大都会の真ん中で周囲にビルと
コンクリートしかない所にお住いなら
なかなか見つからないかもしれませんね。

それでも林はそう遠くないところにあると思います。

林の中をよ~く見てください

小さな木を見つけたら、土地の持ち主か
管理している方の承諾を得て、いただいてきましょう。

言うのに勇気が入りますね。気恥ずかしいし。

でも何とかなりますよ。

だめなら、諦めてほかを探すくらいでいいんです。

気軽にやってみましょう。

木を地面から採取する時、忘れてはならないことは
地面から上の木のボリュームと根のボリュームをほぼ同じに、という点です。

根が木より極端に少ないと、木が枯れてしまいます。

幼木の根はあまり発達していませんから、
できるだけ根を残さずに採取しましょう。

根が地中深くに入っている場合は、木の大きさと
見比べながら、なるべく木と根が同じボリューに
なるように採取します。

根を乾燥させないように水を用意していきましょう。

こうしてゲットした木は、「これ盆栽?」
と思うほど、頼りないものですが、意外にあなたの
一生の友達になるかもしれません。

管理人の凡才会怪長が最初に作った盆栽は、
近くの山に生えていたカラマツでした。

それが20年たった今、最も大切なミニ盆栽になっています。

不格好で「これが盆栽です」と言えるものではありませんが、
ほかの盆栽には代えがたい愛着があります。

難しく考えると大変なので、まずは
「なんとなく盆栽らしいのができた(^^)」
ということを目標に、気軽に作って楽んでみてください。

購入するのもありです

もちろん、ネット・ショップや盆栽店、
盆栽園などで購入するのもよいでしょう。

むしろ、その方が手っ取り早いです。

盆栽によく使われるのは黒松、赤松などの松類。
もみじなどの楓類、ケヤキなども盆栽の花形樹木ですね。

木の種類によって用土、管理の仕方、
剪定の方法などが違っていて、本格的に
盆栽を勉強し始めると奥が深く広いです。

でも、最初のうちは、間違って枯らしてしまう
こともありますから、高価なものは選ばない方が
良いかもしれませんね。

この記事も参考になるかも
ミニ盆栽用の幼木を探しに森に行ってみたら‥おおっ!
これも
種から育てるミニ盆栽の素材2|秋は公園や森で種を探そう!

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

Comment

  1. おーくぼ より:

    はじめまして。先日、もみじの小さな苗を見つけました。まだまだ小さな苗です。この後どうすればいいかわかりません。アドバイスをいただきたいのですが…

    • 怪長 より:

      おーくぼさん

      コメントありがとうございます。
      めんこいもみじですね。
      怪長のところにもこれと同じくらいのがあります。

      苔で隠れていますが、
      土はどのようになっていますか?

      地面の土をそのまま使っていますか?

      もし使っているのでしたら
      水はけが良いかどうか見てください。

      すーっと水が吸い込まれて
      ・鉢の底の穴から水が出ていくようならOK
      ・いつまでもたまっているようならNG
      ・土が粘土のようにドロっとしているのはNG
      ・極めが細かくてもホクホクした感じならOK

      NGに該当するのでしたら、
      この記事を参考に用土をつくり植え替えます。
      ◆ 用土の準備|ミニ盆栽
      http://shiritai-blog.com/minibonsai/archives/89.html

      多少NGっぽくてもだいじょうぶですから
      よほどひどくない限り、そのまま育ててください。

      土が乾いてきたら水をたっぷり(底穴から水が出るくらい)あげてください。

      あとは秋が来て、葉が落ちたら
      kaicho@shiritai-blog.com にメールを下さい。

      そのまえにくれてもOKです。
      気軽にメールください。
      お待ちしております。

      怪長

      • おーくぼ より:

        返信していただいてありがとうござます。
        土は挿し木、種まき用の土にしました。根がはりやすいと、パッケージに書いてあったので何も考えず買ってしまい、現在使っております。
        水は下の穴からかなり出ます。鉢の脇に指を入れて土が乾いていないか毎日確認して乾いている時は夕方か晩にも少し水をあげております。東京在住ですが梅雨が明けてしまったようでこれから暑さと日照りが続きそうです…

        • 怪長 より:

          おーくぼさん
          コメントありがとうござます。

          種まき用の土でOKです。

          いまのやり方でOKです。

          爪楊枝か割り箸を細く削った棒を刺しておくと
          湿り具合がわかりやすいです。

          夕方や夜に水をあげる時は
          鉢底の穴から水が出るくらいあげてOKです。

          >夕方か晩にも【少し】水をあげております。

          少し…だと根腐れするので、
          鉢底の穴から水が出るくらいたっぷりあげてくたさい。

          これから夏が大変ですが、
          楽しみですね。(^^)

          怪長

          • おーくぼ より:

            返信ありがとうございました。メルマガ、登録させていただきました。これからも楽しみにしております。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る