アブラムシからミニ盆栽を守る|偵察隊のアリ

アリがいてくれるおかげで
怪長の盆栽はアブラムシの
被害を受けることはほとんどありません。

アリがアブラムシの居所を教えてくれるからです。

ミニ盆栽が100鉢以上あって、
数えきれないほど葉がついていたとしても
アブラムシの居場所をピンポイントで教えてくれます。

どうすれば分かるのか…。

スポンサード リンク

アリを見ていればいいだけです。

アブラムシはお尻から「甘露(かんろ)」という
甘い蜜を出します。アブラムシの排泄物です。

アリは甘露が大好きで、
アブラムシを見つけると
仲間のアリに知らせに行ったり、
触覚でアブラムシの体に刺激を与えて甘露を出させます。

朝は、水やりをする前に
ミニ盆栽の棚をゆっくり見て回ります。

ミニ盆栽を見るというより、
棚にアリがいるかいないか、
アリがいたら、どんな動きをしているか―を見ます。

足早に動いていたら、
アリの跡を目で追っていきます。

そんな時は、だいたいアブラムシがいると思ってください。

アリを追っていくと、
その先にアブラムシがいます。

ari2

アブラムシは若い葉の根元にいます。

そこにピンポイントで
駆除薬をシュッと1回かけるだけ。

アリの動きを見逃すと
アブラムシはどんどん増え
木の汁を吸って弱らせてしまいます。

若い葉は広がらずに縮んでしまい
、盆栽を楽しむことはできません。

ミニ盆栽をしている人にとって、
アリはアブラムシの偵察隊だと思っていいです。

怪長の庭には黒いありと、
赤茶の小さなアリがいます。

ふつうなら厄介者のアリですが、
アブラムシをあっという間に発見して
居場所を教えてくれるアリはありがたい存在です。 

アリがいなければ
1枚ずつ若い葉をめくらなければなりませんからね~。

時間がいくらあっても足りません。

それに、
アブラムシが付いているかどうか分からない葉に
駆除剤を吹きかけるのは、好ましくありません。

ari1

今年は庭においている
丸太の椅子の中にありが巣を作りました。

「なんでこんなところに鋸屑があるのかな」と思って
よく見ると、丸太の中が蟻の巣になっていました。

鋸屑に見えたのは丸太の中の木の屑です。

「まあ、仕方ないか、どうぞ巣にしてください。丸太はアリさんに差し上げます」

そんな感じで怪長はアリと共存しています。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る