折り紙式のかわいい鉢 プラントポット「ORIBON」

ドイツ在住の日本人グラフィックデザイナーが考案した面白い鉢をご紹介します。オリガミプラントポット「ORIBON」という製品で、オリガミ式の鉢です。材質は紙…ですが、普通の紙ではなくて石を素材にした紙です。ま、難しい話は抜きにして、とにかくかわいい鉢なので、実物を写真で紹介させてくださいね。この方、ミニ盆栽のメールマガジンを読んでくださっている仲間なのです。クックック( ̄▽ ̄)

ORIBON 作ってみました

 

ドイツから製品が届きました。2020年1月28日
この中に3種類のオリガミプラントポットが入っています。

形やデザインによって4つのタイプがありますが、
これはその中の「MODERN」です。

なにか、妙な形ですが、折り目がついています。

説明書は…英語 ( ̄◇ ̄;)ですが、
作り方が絵になっているので、読めなくても分かります。

その中の1個を実際に作ってみました。

これ、内側に織り込んでいくのですが、
番号が書いてあって、番号を合わせると自然に形ができあがっていきます。

あらかじめ、折り目に沿って折っておくと作りやすいです。

鉢が小さいので不器用な怪長は時間がかかりました。
でも、数分で完成します。

接着剤は要りません。

はい、できました!
なまらめんこい(とてもかわいい)です。

怪長の住んでいるところはオホーツクで、
外はまだ雪がもっこり積もっているので、
室内の簡易温室を散歩しました。

 

簡易温室の中でお散歩

 

まず、ナンキンハゼの森、

次は、チャノキにご挨拶

それから黒松くんと立ち話しをして、

結局、春まで植え替えはマツことになりました。

春が楽しみです。

植え替えが終わったら、
またご紹介しますね。

お楽しみに!(^^)
 

ORIBONってどんな製品?

 
素材は、ストーン。
つまり、石です。石屑から作っているそうです。

なので、木を使わず環境に優しい素材です。

なんとなく手触りがツルッとしていました。

素焼きの鉢のように、鉢自体に通気性はありませんが、
化粧鉢も通気性はないので、感覚的には化粧鉢に近いかもしれません。

日本の「盆栽」とは違って
もっと緑と親しめそうな、

身近に緑を置いておける感じですね。

例えば、家の中に置くならシダ類とかコケ類
日陰でも育つ木はたくさんありますからそれでも良いです。

草類でもいいですね。

もうすぐ春なので種を蒔いてもいいかもしれませんね。
怪長もなにかやってみます。クックック( ̄▽ ̄)

盆栽は難しそうと思っている方も
これなら、楽しめそうです。

価格は1タイプ3個入りで12ユーロ
※1ユーロは120円(2月1日AM3:33)くらいです。

詳しくは
こちらのサイト で御覧ください。

 

※ブラウザがChromeだと画面にカーソルを置いて右クリックするとメニューが出てきて翻訳できます。
 

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る