ミニ盆栽用の簡易ビニールハウスに最適!

植え替えの資材を買いに怪長の住んでいる北海道北見市のホームセンターに行くと…。透明のカバーの付いた網型トレイがありました。トレイとトレイの受け皿とカバーの3点セットで500円。おぉ!これは簡易温室にちょうどいい、ということで購入してみました。なかなかいいです。

 

ミニ盆栽の簡易温室にもなる

商品名は「苗カバー育苗箱510型用」となっています。

メーカーは…
愛知県小牧市の富川化学工業株式会社。

野菜の苗とか、花の種から出た芽を育てるのにはちょうどよい感じです。

 
カバーは取り外しができ、天井部分に通気ようのネットがあります。
保温、保湿、霜よけ、風よけ、それに、種や苗を鳥に食べられる心配もなさそうです。

野菜の苗なら害虫の心配も少なくなりますね。

怪長は、寒さに弱いミニ盆栽を室内で越冬させています。

外は氷点下20度以下になるので、
室内に持ち込んでいますが、

北海道の家は暖房のない部屋というのがほとんどありません。
暖房を切ると、寒くなるのです。

かと言って、越冬しているので暖かくするわけにも行かず、
怪長の部屋は暖房なしで、他の部屋から暖気をもらっています。

室温は最低7度、
最高は日中の窓辺で23度程度。
湿度は56%前後。

大抵の木は育ちますが、
日に当てるため窓辺においておくと
窓からの寒さが直撃してしまい、

サルスベリ、ねむの木はあぁ‥( ;∀;)になりました。

次の冬は簡易温室を室内につくって
窓辺の寒さを防ぎながら日当たりを…

と考えていたところ
この商品を発見した、というわけです。

モヤシ化を防ぐことはできないが…猫のいたずらは防止できそう

直径7センチのビニールポットで35個ならびます。
3号鉢だと10~12個くらい入るかと思います。

冬は通常、木は冬眠しますが、
室内で育てると冬眠しません。

普通におおきくなっていきますが、
日当たりも弱く、風もないので
ひょろっとして、モヤシ化してしまいます。

この苗カバーでも、それを防ぐことはできないかと思いますが、
冬に種を蒔いて春まで育てることは十分にかのうですね。

これは良い商品だと思います。

地域やお店によって
価格が違うかもしれませんが、

3点セットではなくバラ売りで買っても
1セット1000遠視内で買えると思います。

あ!、これがあれば、
にゃんこに葉っぱをかじられたりする心配もなさそうです。
クックック( ̄▽ ̄)
 
 

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る