ケヤキの育ちに大きな差!<東京都のKさんジベレリンでテスト>

東京都にお住まいのKさんから、植物ホルモン剤「ジベレリン」を使ったテストの結果が届きました。ケヤキの小さい盆栽に使用したところ、葉の展開がはやく、ほかのケヤキとの差は一目瞭然。ということで、久しぶりにご報告させていただきます。半年以上、投稿していなくてすみません。m(. .)m  復活しました。

3本のケヤキのうち1本だけ葉が早く開いて元気!

東京のKさん。今年2月の下旬に3本あるケヤキの1本にジベレリンを吹きかけました。
今年の4月7日には、ジベレリンをかけたケヤキの葉がどんどん開いて、ほかの2本はまだ開いていません。

植物の成長を促すジベレリン

ジベレリンは、植物の生長を促進させる植物ホルモンです。
種なしブドウを作ったり、ブドウの粒を大きくする時に使います。

化学物質を合成して作るものではなく、自然界にあるジベレリンを生成する能力の高い微生物を培養して作ります。

つまり、バイオテクノロジーで作られています。
ブドウだけでなくこの種の植物ホルモンは、いろいろな果物に使われていて身近にあります。

粒状と液体があって、少量なら50ml 1000円ほどで通販でも手に入ります。

なぜジベレリンを使ったのか

Kさんはマンション暮らしで広い庭がありません。
大の盆栽好きですが、ベランダの環境はあまり良いとは言えません。

風が強い、日の当たる時間が限られていて、たくさんの盆栽を置くと十分な日当たりが確保できない。
そんな悩みをいつも抱えています。あぁ‥( ;∀;)

風を避けると、日当たりが…。
日当たりを確保するにはベランダが狭くて…。

そこで、アルミ箔を鏡のように使って
太陽の光を盆栽に向けるなど、
これまでいろいろな工夫をされてきました。

それでも、「気に入っている盆栽から、枯れてしまう」と。

そこで、少しでも生長を促して木に元気になってほしい… その一心でテストしてみたそうです。

もうひとつ、というかこれが本当の目的ですが、

ジベルリンは受粉なしでも実を実らせる作用があるので、
実もの盆栽に実をつけたいというわけです。

なにせ、狭いので受粉用の雄木を置くスペースがない…( ̄◇ ̄;)
というのが実情です。

ジベレリンを使った経験がないので、薄めにして使ってみたそうですが、ケヤキはうまくいきましたね。(^^)
 
あとは、秋の実りがうまくいくか…。
楽しみが増えましたね。クックック( ̄▽ ̄)

 
 

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る