上手な水のやり方|ミニ盆栽も水やり3年

▲用土の表面が乾いた鉢

水やり3年ということを聞いたことがありますか?盆栽ではよく言われることです。
始めたばかりのころは、実感がわきませんでしたが、今なら納得がいく言葉です。

水やりになぜ3年

毎に盆栽に水をやっていると、
鉢によって吸い込み方や用土の乾き方に
違いがあるのが分かるようになるからです。

用土の配合や、植え替えをしたばかりの鉢と
植え替え後、1、2年経過した鉢では
吸い込み方や乾き方が違います。

じょうろでひと鉢ごとに
丁寧に水をやっていると分かりやすいです。

ホースのシャワーで水をやるにしても
水圧を弱くして、ゆっくりひと鉢づつ水をやっていると
吸い込み方の違いが分かるようになります。

吸い込みの違いで鉢の中はどう違うのでしょう

スポンサード リンク

吸い込みの早い鉢

  1. 植え替えたばかりで根が中に詰まっていない鉢
  2. 赤玉土など保水力のある用土をあまり使わず火山礫(かざんれき)を主体にした用土

吸い込みの遅い鉢

  1. 根が増えて根詰まりを起こしている鉢
  2. 赤玉土の粒が壊れて用土が詰まり始めている鉢
  3. 鉢の用土の表面に苔などが生え、目が詰まってきた鉢

乾きやすい鉢

  1. 用土がしっかり詰まっていない鉢
  2. 保水力のある用土を使っていない鉢
  3. 根が増えて根詰まりを起こしている鉢
  4. 木が若くて根が水を吸う鉢
  5. 実がなっている鉢
  6. サツキやツツジなど水を好む(消費する)鉢

 

毎日の水やりの最中に実感として違いに気づくと

植え替え時期を逃すことが少なくなります。
盆栽を管理する置き場所にも気を使うようになります

結果的には、盆栽を枯らすことが少なくなり
健康に育てることができるようになります。

水は用土の表面が乾いたときに、タップリとやります

「鉢の表面が乾かないうちにやってもいいのでは」
「少しずつ1日何回も水をやってもいいのでは?」
と思うかもしれませんが、よくありません。

表面の用土が乾いているときは、
鉢の中には空気と、水が少し残っています。

そのときに十分に水をやると、
用土の中は水で満たされ、空気は外に出ます。

表面が乾いてからたっぷり水をやるのは
呼吸するのに似ています。
根の健康を保つことができるのです。

少しずつだと酸素が補給されにくいので
木が弱りやすくなります。

こちらの記事水のやりかた|毎朝、タップリとも参考に。(^^)

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る