梅の盆栽 花が咲いた後は‥‥どうする?

「梅の盆栽、花が咲いた後はどんな手入れをしたらよいのでしょう」こんなご質問がありました。次の年も花を咲かせるために、まず最初にすることは‥‥萎れた花をみんな摘み取ってしまうのです。あぁ‥( ;∀;)‥‥でも、とても大切な作業なのです。

スポンサード リンク

 
 

花が終わったら摘み取る


▲花をぜんぶ取った状態

梅の花は、桜のようにパッと散らず、
萎れたままくっついています。

花が終わりかけて萎れてきたら、
くっついている花をみんな手で摘み取ってしまいます。

つけたままにしておくと
実が成って木に負担がかかるので、
樹勢が落ちないようにするためです。
 
 

花を摘んだら枝の剪定

 

▲伸びてほしい芽の上で切る

花を摘み取って枝だけになったらせん定をします。

最初に枯れた枝を切ります。

次に、枯れていない枝をよく見て
小さい芽がついていない枝を切ります。

芽がついていない枝は葉が出ないまま
そのまま枯れてしまうので切ります。

その次は、
緑の枝を見ていきます。

小さな芽がついていますので
緑の始まりのところから数えて
2つか3つめの芽の上5ミリくらいのところで切ります。

「2つなのか3つなのかどっち?」
ということになりますが、

伸びてほしい方向の芽の上で切るので
伸びてほしい芽が2つめなら2芽を残す、
ということになります。

1芽残して切ってもいいですが、
そこから枝が出ないと、あぁ‥( ;∀;)

つまり、その枝が枯れてしまいますから
2つか3つという感じです。

ポイントは
・伸びた先が交差しないようにする
・強く伸びそうな枝と、弱くて伸びなそうな枝は切る

あとは、
全体の樹形を見ながら
「こんな感じかな‥‥」と
枝を整えていくとOKです。

その作業が終わったら
花後の最初のせん定はおわり。

緑色の枝が3センチほどになった状態です。

なるべく早く肥料をあげます。

花後、すぐにあげる肥料を「礼肥」といいます。

スポンサード リンク

 
 

最初のせん定が終わったら

 
梅の植え替えは1~2年に1度なので、
植え替えの年を迎えている鉢は
最初の剪定をした後に植え替えます。

元気な木だと、
その後、1カ月くらい経つと
新しい芽が伸びてきます。

5センチから10センチくらい伸びます。

その枝もせん定します。

伸びたところから葉を数えて
3枚めの上、5ミリほど残して切ります。

枝から芽が伸びていないのもありますが、
枝の付け根の前年枝から芽が吹いていればOK。

葉のない枝を切っておきます。

その後も、次々と伸びてきますから
伸びてきたら同じように葉を3枚残して切ります。

これは樹高が20センチくらいの木の場合です。

もう少し大きい木や、
伸ばしたい枝があれば
4枚とかで切ってもよいです。
 
 

夏にかけて枝がまた伸びる

 

▲3枚目の葉の上で斬り、新しい芽を摘んでいきます

2回めのせん定をした後も、
夏にかけてまた枝が伸びますから、
枝の根元の小さい葉は数えないで大きい葉3枚を残して切ります。

その後、勢いよく伸びる枝は
同じようにして切りつめます。

こうして「伸びたら切る」を
繰り返していくと、切ったところから
新しい枝が増えていきます。

このまま、秋まで肥料をあげて元気に育てると
花芽ができてきます。
 
 

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る