サルスベリにうどん粉病発生!食酢で退治大作戦

樹高15センチほどのサルスベリにうどん粉病が発生しました。白い粉が吹いたようになる病気で、放置すると葉が枯れ落ちてしまします。それだけでなく、ほかの木にも伝染するので、すぐ退治しなければなりません。食酢、重曹を使った退治、治療方法が知られていますが、今回は、すぐにできる食酢で治療してみました。

スポンサード リンク


 

うどん粉病ってどんな病気?

白い粉をまぶしたような模様ができます。
最初は小さいのですが、だんだん広がってきます。

そのままにしておくと、葉の光合成ができなくなります。
ほかの葉にも広がっていくので、木を弱らせてしまいます。

怪長は、予防にベニカXファインスプレーを使っています。

発生を抑えることができますので、
怪長の庭では今までうどんこ病が発生したことはありません。

ところが、今回は予防ができていませんでした。

ベニカXファインを使ってみましたが
勢いを抑えることすらできませんでした。

そこで、治療に効果のあるといわれる
食酢を使って退治してみました。

以下、手順の通りにご紹介しますね。

 

先に作業をしやすくする準備です

用土の上にミズゴケを乗せて鉢に敷き詰めます。
しっかりと詰め込んでおきます。

次に、幹の根元までしっかり隠れるようにビニールで覆います。

ビニールのカバーがほどけないようにテープで固定します。

こうしておくと
作業中に鉢が倒れても安心です。

 

食酢を30~50倍に薄める

メモリの付いた容器がない場合は
500ミリリットルのペットボトルがあればOK。

キャップ1杯が5CCなので

キャップ2~3杯の食酢を
ペットボトルに入れ水を全部入れると
30~50倍の食酢ができます。

もうひとつ用意するのは綿棒です。

これで、うどん粉病退治の準備万端!

鬼に綿棒とはこのことです。

‥‥‥‥

ちょっと違いましたね。(>_<)

 

 

綿棒でふき取るように除去

はっきり言って、とても面倒ですが、
葉を指で柔らかく支え、食酢に浸した綿棒で
1枚ずつ、しっかり丁寧にふき取ります。

葉の柄の方からは先に動かすとやりやすいです。

葉の表を全部吹き終えたら今度は裏です。

鉢ごと倒して裏が良く見えるようにします。

葉の裏は猫の舌のように
ザラつきがあります。

柄の方からは先に向けて
しっかり綿棒でなぞっておきます。

 

うどん粉病の跡は葉が黄色く色あせる

拭き終えた状態がこれ。

白い粉があったところは
葉の緑が薄れてやや黄色っぽくなっています。

光合成の力は落ちますが、
葉がしっかりついている間はつけておきます。

黄色が進んでいたら、やがて枯れてきますので
葉を全部切り取って、捨てるか焼却します。

うどん粉病の原因はカビです。
枯れた葉では繁殖しませんが、菌は生きているので
除去した葉はしっかりと処理しておきます。

 

これで安心か?

食酢で1回きれいに拭きとっても再発することがあります。

なので、毎日様子をよく見ていましょう。

3日目、少し復活してきたので
作り置きの食酢でふき取っておきました。

色は少しあせたままですが、
みずみずしさは戻ってきました。

 
この記事の続きは ⇒ こちらに

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る