なぜ枯れた?ミニ盆栽|水をやっていたのに…どうすれば

水をきちんとやっていたはずなのに枯れてしまった…。
ミニ盆栽をやっていると、こんな経験をすることがあります。
考えられる原因は…

怪長の失敗談をご紹介しますので。
反面教師にしていただけると幸いです。^_^;

1 用土ではなく鉢に土を入れた
2 植え替えをしていない
3 根が木と比べて小さい
4 水をやったつもりになっている

の4つがあります。

スポンサード リンク

用土ではなく土を入れていたら

すぐに木を鉢から抜いて、土をほぐして
取り除き、根を水に漬けてすすぎ洗いをする。

残った土はホースのシャワーなどですべて
きれいに取り除いてから植え替えてください。

土を洗い落とした後の手順は
植え替えの手順|樹高10㎝のヤマモミジ
を参考にしてくださいね。

植え替えをしていない

生長の早い若い木は2年目、3年目に植え替えをします。
年数の経た木は3、4年に一度、植え替えをします。

植替えをせずに放っておくと鉢の中が根に占領されて
用土がなくなり、保水力が低下して乾きやすくなります。

枯れた根が鉢の中で腐るので、
元気な根の働きも悪くなります。

この場合も根をきれいに洗い、枯れた根を
取り除いて大きめの鉢に植え替えます。

根が木よりも小さい

鉢から抜いて、枯れた根を除去して
木と根のボリュームを比べます。

根のボリュームになるまで枝や幹を切り詰めます。

枝にはほんの少しだけ葉を残してください。
葉の残った枝は枯れないことの方が多いです。

葉が全部枯れていて枝に残す葉がなくても
諦めないでください
助かる可能性はあります。

これも大きめの鉢に植え替えて3ヶ月ほど様子を見ます。

水をやったつもりになっている

鉢が苔に覆われていると、水をやっても
鉢の中まで水が浸透しないことがあります。

水を十分やったつもりでも十分ではなかった…ということです

この場合は、鉢を水に数分漬けて水を染み込ませ、
用土の表面の苔を全て取り除き、用土が古くなって
いるようなら植え替えをします。

用土が古いかどうかは、用土の配合によって
見え方が違うため、一概にこうだとはいえませんが、
赤玉土の粒が崩れて粘土化しているなど、
用土が固まった様子がみられます。

植え替えして間もないか、2年目程度なら
苔を取り除いて、乾燥させないようにしながら
通常管理で様子をみます。

木は人間が思っているほど弱くはなく、
忘れたころに復活することがあります。

元の樹形を保つことはできませんが、
新たな木として、あなたと長い付き合いが
再び始まります。

枯れたと思った木から、新芽が吹いてきたら、
小躍りするほど嬉しいものです。(^^)

枯れた木2

この木は、野ねずみに皮を全部食べられて枯れた
ボケの木ですが、根本から新しい木が育っています。

幹は枯れても根は生きている証拠です。

木は一見、枯れたように見えても根の一部が
生きていると復活することが多いのです。

怪長の失敗談

ミニ盆栽を始めてみようと思って近くの森や山に行き、
木だと思うものはかたっぱしから集めて来て、
そのまま仕立て鉢に植えました。

根と木のボリュームや用土などの知識などまったくなく、
やみくもに植えたので20種類くらいあった木は1週間で
ことごとく枯れました。

難しいものだなぁ~、と思って諦めて忘れていたら、
1ヶ月ほどして少しずつ回復してきました

面白くなったのはそれからです。

本を買って読み始めたら、いろいろなことが
分かるようになりました。

もう一つ、失敗談というのか

春のからっ風で、枯れた盆栽を鉢から外して
捨てようとした怪長に、盆栽の先輩が
「土用の丑の日まで待て」と言いました。

うなぎを食べる日まで待つ?

意味がわからないまま、普通に水をやっていたら
新芽が出てきて、びっくり。

今は、驚きませんが。(^^)

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

Comment

  1. 凡盆栽人 より:

    初めましてこんばんは、突然ですが質問です。

    この春購入して植え替えたばかりののブナの1年生実生苗を
    樹勢が乗って来るであろう6月の梅雨の時期に再度植え替えをしても大丈夫でしょうか?

    ブナの実生苗の2.5号ポット寄せ植え(3本入り)を購入し約1ヶ月後
    一番小さいのに転葉が一番早かった三郎くんが
    ドライフラワー状態になり枯れてしまいました(´;ω;`)
    そこで元気に育っている一郎くんと次郎くんを
    今の素焼きの4号鉢から他の鉢にそれぞれ入れ替えてあげようと思うのです。

    本来は来春までこのままじっと待つべきなのでしょうが、
    この鉢は使いまわしの古い鉢で若干ひび入りで、
    来春の植え替え用におあつらえ向きの鉢があるのと、
    日照確保の為に鉢回しをするにも手入れをするにも別々に植わっていた方が楽ですし、
    根を切らず用土も同じものを使ってなるべく負担をかけない様に植え替えしようかと。
    あ、一郎くんと次郎くんには芽摘みを施してあげましたが、
    植え替えの場合勿論葉切りは控えます。
    いかがなものでしょうか?

    強風等で鉢が割れてしまった時は植え直しをするものですが、
    こう言った場合は皆さんどうしていらっしゃるのか
    ググってみたものの答えが見つからず。
    怪長さんならどうなさいますか?

    いつもこちらのサイトを参考にさせて頂いている盆栽暦2ヶ月の初心者より

    • 怪長 より:

      凡盆栽人さん
      コメントありがとうございます。

      微妙なバランスで生きているなら別ですが、

      根にほとんど触らず、用土と鉢を取り換えるのでしたら、負担がないのでいつ行っても大きな問題はありません。

      植え替えに適期があるのは、新しい細かな根とを増やすために根を整理して負担をかけるからです。

      負担の最も少ない時期が適期になります。

      根の負担を抑えて更新を促すのが「植え替え」。
      そのために、用土を交換し、鉢の中の清潔さと保水力、通気性を高めます。

      鉢と用土を取り換えて、根にさわらないのは根の更新を促すというより、鉢の中の環境改善になりますので、怪長は「植え替え」とは思っていません。

      怪長ならどうするかですが‥。

      まず、苔を全部外して用土の表面を見てみます。

      根が上に走っていない(苔と用土の間にない)のなら、用土を少し足して水の吸い込みが悪くなければそのまま、植え替え適期まで待ちます。

      根の先が苔と用土の間にあるようなら古い用土をほぐして根にほとんど触らずに
      用土だけを取り換えます。

      この場合、用土をほぐしてみて、根が多いようなら、徒長根を最小限、切り、ひと回り大きな鉢に移し、適期の植え替えで根を整理して元の大きさの鉢に植え替えます。

      この3つのうちのどれかになります。
      実行するとすれば、今、します。

      葉が少ないので鉢回しをする意味がありません。

      自然の木は回りませんし、枝葉、幹には南北の違いがあります。

      風で鉢が落ちて割れることがありますが、
      すぐ、同じサイズの鉢に戻すだけで、ほとんど何もしません。

      土が崩れてしまっていたら上の3つの家の3番目の方法を取ります。

      こんな感じです。
      ありがとうございました。

      怪長

      • 凡盆栽人 より:

        怪長さん、

        突然の不躾な質問にも関わらずご丁寧なお返事を頂いて、
        本当にありがとうございました!!
        大変勉強になりました。

        >根にほとんど触らず、用土と鉢を取り換えるのでしたら、
        >負担がないのでいつ行っても大きな問題はありません。

        >鉢と用土を取り換えて、根にさわらないのは根の更新を促すというより、
        >鉢の中の環境改善になりますので、怪長は「植え替え」とは思っていません。

        そうだったんですね、目から鱗でした。
        この場合は鉢替えと言うのでしょうか。
        負担がないとのお答えで、とても安心しました。

        とりあえず、『いつやるのか、今でしょ!』
        と言う事だったので、明日にでも苔を外して様子を見て
        お答え頂いた3つの方法の内いずれかを試みてみようと思います。

        3月初旬購入と同時に植え替えを済ませたのですが、
        その時の根はそれぞれ樹を持っただけで
        ポットの土からすっと簡単に抜ける位ひょろっとした感じだったので、
        2ヶ月弱しか経っていない今、それ程変化があるとは思えず
        きっと最初に挙げて頂いた方法を取る事になると思いますが。
        差し支えなければ、またご報告申し上げますね。

        盆栽についてのネット上の情報は意外に少なく、
        また、周囲に盆栽を趣味にしている知り合いがいないもので、
        初心者に大変分かりやすい記事を沢山UPして頂いている上、
        こうやって些細な事でもやり取りして頂ける怪長さんに感謝感激です。
        今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

        • 怪長 より:

          凡盆栽人さん
          ご連絡、ありがとうございました。
          ご健闘をおいのりします。

          もし、次にご連絡をいただけるのでしたら、
          kaicho@shiritai-blog.com

          ここに直接メールをいただけると
          すぐに、メールを見ることができるので、助かります。

          よろしくお願いしたします。
          ありがとうございました。
          怪長

  2. Jeana より:

    Created the greatest artclies, you have.

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る