大きくなったオホーツクの黒松101本軍団の秋<実況中継11>

夏の間、陽の光を浴びて大きくなった黒松101本軍団。9月の末に初めて霜に当りました。オホーツクは寒い。プルプル。生長はほぼストップし、もうすぐ厳しい冬が来ます。さて、この中から屋外越冬するのは誰なのか。決めなければなりません。
  
 

 
  

軸切り挿し芽77本はみんな元気

 

2017年9月24日の黒松軸切り挿し芽
 
根元から葉の先までの高さは12センチほどです。
どれもカッチカチのとがった葉です。

ポットの雑草を手で取ろうとすると、
刺さっていたいです。さすが、黒松。

葉(針2本で1枚)と葉の間からは、
芽が出ているところもあります。

これは、今年はもう伸びないで
来年になったら伸びるのです。

下の方にある茶色の枯れた葉は子葉。
引っ張っても取れません。シブトイ。

ダオン鉢に移し替えた2本とポットの苗は
ほとんど大きさは変わりません。
 
 

これまでの生長を少し振り返ってみます

 

2017年4月26日
 
12月に発芽して、室内で4カ月間、育てた苗。
室内の温度は7度から25度でした。
 
 

2017年7月23日
 
ギュンと伸び始めるのがでてきて、
みんなも後を追うように伸び始めてきました。
 
 

2017年8月25日
 
大きさにばらつきがありますが、
小さいので4センチ、大きいので8センチくらいです。

用土の表面が白くなったらたっぷり水をあげる‥‥。
ちょっと水やりが辛かったかもしれません。

本州の仲間の黒松は、もっと伸びてました。

9月に入ると、軸が伸びてきました。
少し太さも増していますが、
それでも直径3ミリに届かない程度です。

軸切りをしなかった黒松は?

 

2017年7月23日
 
これも1月に発芽して、
軸切り挿し芽をせずに、そのまま育てた黒松。

針金で思いっきり倒しておきましたが
生長してきたら、針金を持ち上げてしまいました。
すごい力です。

軸切り挿し芽をせずに、曲もつけない苗よりも
明らかに生育は旺盛でした。


2017年9月24日
 
モッサモサです。
高さは13センチ~15センチあります。
軸の太さは3ミリを超えたくらい。

どうも、本州のと比べると
スラッと伸びていないような。

葉の間から芽が出てきて
暴れん坊のような感じです。
  
  
 
 

4月に播種した黒松は?

 

2017年9月24日
 
4月に種を蒔いた黒松も順調に育っていますが、
4カ月間、室内で育てた軸切挿し芽より小さいです。

5カ月間で4センチほどになりました。
 
 

2017年9月29日午前7:00

朝、気温が下がって氷点下となりました。

葉についた朝露が凍りつき、真っ白になっていたのが
少し解け始めて水玉になってくっついているところです。

今年はここから先は、ほとんど生長しません。
 
 

オホーツクの冬を越せるのか?

 
オホーツクの冬は氷点下20度にまでなります。

自然に育つ黒松はこの地域にはありません。
オウシュウクロマツならあります。

自然の黒松の北限は、道南の黒松内町あたりですが、
オホーツクよりずっと暖かいです。

つまり、このままだと‥‥‥‥
黒松の屋外越冬は難しいのです。

ムロに入れれば問題なく越せますが、
こちらで作るムロとは‥‥‥‥

地下2メートルの深さと
温室型で雪の重さに耐えられる上屋が必要。

怪長には作るのは無理なのです。

では、どうするか?

 
 

雪が木を守ってくれるかどうか

 

▲ 錦松:樹齢不明、庭に植え14年

怪長の庭には黒松の兄弟、錦松があります。
地面に根を張っています。

樹高50センチ。
横に枝を伸ばしています。

枯れることなく雪の下で越冬して
バリバリの葉で怪長の手をチクチクと刺します。

ポットの黒松を雪の下で越冬させる

 
全部ではありませんが、
元気なのと普通のやつを20本。

越冬隊を作って実験してみます。

常識ハズレではありますが、
やってみる価値はあるかと。

ほかの黒松は
日中の最高気温が10度を切ったら
室内に取り込んで、発芽直後の環境と同じにして冬を過ごすことにします。

つづきはこちら
冬を迎えた黒松の軸切り挿し芽越冬軍団<実況中継12>

黒松の実生苗を盆栽にするには

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る