吸水鉢「清梅焼」の驚異的な秘密が明らかに<最新作品の一覧も>

水を吸い上げる驚異の鉢「清梅焼」の研究をしている北見工業大学の「清梅焼プロジェクト」から、分析結果のごく1部を公開してもよいとの許可をいただいたので紹介します。清梅焼の最新作一覧も届きましたのでお伝えします。トップの写真は清梅焼の内部構造の拡大写真です。亀裂が入っているのが分かると思いますが、ここには吸水するだけではなく、ある秘密が隠されていました。

スポンサード リンク

水を吸い上げるのは内部の隙間

もう一度、写真をご覧ください。
湿地帯の河川のようになっていますね。

これが、清梅焼の内部の様子です。
黒いところが隙間になっています。

隙間の幅は0・1mm。
髪の毛の太さほどの亀裂がつながっています。

見た目には、細かいひびがあるように見えます。

鉢の足に触れた水は、この隙間を通って
毛細管現象で吸い上げられていきます。

さらに、鉢に入れられた用土に吸い込まれていきます。

その様子はこの記事で、紹介させていただきました。

◇水を吸い上げる驚異のミニ盆栽鉢「清梅焼」最新作!注文は先着順

 


▲清梅焼サンプルの底

 


▲清梅焼サンプルの断片
これを拡大してみたのが最初の写真です。

 

隠されたもう一つの驚異的な機能とは

吸水する機能は、隙間を水が通ることだと分かりましたが、
この隙間は必ずしも、用土まで届くとは限らないのです。

途中で袋小路のように行き止まりになっている隙間が
たくさんあることが分かりました。

その隙間には、乾燥しているときは空気があります。

水を吸い上げた時は、隙間に水が入り
行き場を失うことになります。

つまり、鉢の中には「空気と水がため込まれている」
ということが分かります。

大学の研究プロジェクトによると、
「何かのはずみで隙間の外にピッと出る」
というのです。

気温や気圧が変化した際
ため込まれていた水、空気が
鉢の用土の中に送り込まれるという機能です。

これって、すごいと思いませんか?

鉢は通気性があることによって
根の生長を促しますが、

清梅焼は類を見ない通気性のほかに
鉢自体が「保水性」と「保気性」を持っているということです。

怪長の正直な感想は
「あ”っと驚く為五郎!」

‥‥‥‥

すいません。

表現が古すぎました。( ;∀;)

研究チームの教授も
鉢を手に取り、しげしげと見ながら
「現代科学の粋を集めても再現は無理です」と。

スポンサード リンク

 

乾いているのに水きれしない不思議

怪長は4月からある実験をしています。

樹高10センチほどのカラマツを
素焼きの鉢と清梅焼にそれぞれ植えています。

用土は赤玉土と軽石を7:3

それぞれ粒の大きさは2~4ミリ

素焼きの鉢は3号鉢(直径9センチ)
清梅焼はそれより小さいサイズ
※号数がありません。

用土の量は素焼きの鉢の方が約2倍入ります。

乾いてから水遣りをしています。
今年はギリギリまで水をやらずにいました。

すると、7月の暑さで素焼きの鉢のカラマツは
水切れをおこしました。

ところが、清梅焼は
用土が乾いているのに水きれしませんでした。
カラマツは元気。

不思議だと思っていたのですが
その理由が鉢の持つ「保水性」と「保気性」だったのです。

鉢が水と空気をため込むなど
考えも及びませんよね。

 

組成分析でも明らかに

このグラフは、清梅焼の成分です。

赤い色が、多く含まれる物質です。
元素記号であらわされています。

ケイ素(Si)が46%
酸 素(O)が43%

難しいことは分かりませんが
おおざっぱに言うと

「シリコンと酸素でできた鉢」

ということになりそうです。

 

清梅焼の新作一覧が届きました

清梅焼を制作しているのは
静岡県のほたるぶくろさんです
(本名・杉山宏さん)

 

最新の新作一覧(Vol.4)はこちら

2017年7月27日現在の一覧です。
PDFファイルになっています
価格:300円~1400円/1個
サイズによって違います。

 

水盤の新作一覧はこちら

2017年7月27日現在の一覧です。
PDFファイルになっています
価格:400円~800円/1個
サイズによって違います。

 

◆◆ご注文・お問い合わせは◆◆
⇒ hotarubukuro@lemon.plala.or.jp です

ひとつひとつ手作りです
同じものはありません。

形によって吸水速度が違います。

生産量が少ないので
すぐ売り切れます。

ほしい鉢が売り切れていたら
希望を聞いて作ってくれます。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る