水を吸い上げる驚異のミニ盆栽鉢「清梅焼」最新作!注文は先着順

 
鉢が水を自分で吸い上げ、大地とほぼ同じ環境を鉢自体が作り出す驚異のミニ盆栽鉢「清梅焼」。その最新作が完成しました。
制作者のほたるぶくろ(本名・杉山宏)さんが、新作リストを公開しました‥‥‥‥と、その前に。水を吸い上げる様子を観察できる断面実験を公開します。
 
 
スポンサーリンク

 

 

背の高い鉢でも5時間半で吸水完了

 

▲白いさらに水を張る前
 
 

▲水深2センチで水を入れた直後
 
 
 

▲10分後

この高さなら難なく水を吸いあげます。
 
 
 

▲30分後
 
用土の底の方には水がしみています
 
 
 

▲50分後
 
 
 

▲ちょうど1時間後です
 
この高さだと、吸水に時間がかかります。
 
 
 

▲2時間顔
 
ビニールが緩んだのか、白いテープが貼ってあります。
 
 
 

▲3時間後
 
用土にかなり水がしみてきました。
 
 
 

▲4時間後
 
一部を除いて9割に水が浸透
 
 
 

▲5時間半後
 
これで吸水は完了です。
 
これだけの高さのある鉢でも
清梅焼は夏の水切れから木を守ることができるのです。
 
 
水が蒸発するので鉢の中の温度は
5度程度低く保たれます。
 
 
常に蒸発、給水が行われているので
根に酸素を補給できるのが最大のポイント!
 
 
 

小さい鉢なら11分

 
この実験は、怪長が自分の清梅焼で実験したものですが‥‥‥‥
 

 

 
 
あっという間に水を吸い上げたので、焦りました。
 
よそ見しているうちに写真を取り損ねるところでした。
 
 

新作の清梅焼はミニ盆栽向け

 
制作者のほたるぶくろさんは、
仲間の愛好家や怪長のメルマガ読者に
どんな鉢がいいか、意見を収集。
 
 
そうやって形状を改良したのが
今回の新作です。
 
 
価格は500円から1400円。
サイズによって違います。
 


 
ごく一部ですが紹介します。
形もデザインも異なります。
 
 
なんせ、手作りですから。
 
売れてしまえば同じものは手に入りません。
 
 
清梅焼の鉢の新作一覧Vol.6はこちら

2017年9月23日現在の一覧です。
PDFファイルになっています
価格:300円~1600円/1個
サイズによって違います。

 
 

鉢を載せる水盤も渋いデザイン

 

 
水盤の新作の一部です。
怪長も新作リストを見ましたが、
どれにしようか‥‥‥悩みますよね。
 
 
水盤の在庫リストVol.6はこちら

2017年9月23日現在の一覧です。
PDFファイルになっています
価格:400円~1000円/1個
サイズによって違います。
 
  

入手方法はメールで発注

 
 
お問い合わせのメールアドレス
⇒ hotarubukuro@lemon.plala.or.jp です
 
すでに、売れているのもあるかもしれませんので
希望の鉢があるかどうかも含めて相談するのがベスト。
 
 
売れてしまっていても、
要望を聞いて作ってくれます。
 
 
できあがるまでの時間はかかりますが‥‥‥‥。
 
 
なんせ、手作りなので。
 
 
あなたの大切なひと鉢になると思います。
 
 
◆◆お問い合わせは◆◆
⇒ hotarubukuro@lemon.plala.or.jp です
 

先着順です。
 
 
 

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る