水切れの心配無用!水を吸い上げる驚異のミニ盆栽鉢<あのうわさは本当だった!>

水を吸い上げ、自動的に給水してくれる鉢があります。ミニ盆栽のような小さい鉢は、水きれの心配がつきもの。ところがこの鉢は、その心配はいっさいなし。まずは、実験の結果をご紹介します。
 
スポンサーリンク

 

見た目は溶岩風で「ひび」が入っている

  
溶岩をイメージしたゴツゴツの鉢です。
入手した時は鉢に水がしみた状態だったので、
1週間ほど常温で放置し、乾燥させました。
 
 
鉢の内径は3センチほど。豆盆栽に近いですね。
 

中をよく見ると、ひびが入っています。
これは、水を吸い上げるために
わざとひびを入れてあるそうです。

※実はこれがキギョウ秘密

その中に、赤玉土の1~1・5ミリの用土を入れ、
お皿に水を張って鉢を置いてみました。
 
 
置いた時刻は午前10時35分。
鉢底の穴が水に浸らないようにしてあります。
 
 

 
 
水を吸うのには「1時間くらいかかるかな」と思って
よそ見をしていたところ

 
 
‥‥‥‥
 
 

あ”!

 
 
もうはや、水がしみているではありませんか!
 

焦ってカメラを用意する怪長。セカセカ
 

用土の縁の色が変わり始めたのは
午前10時41分です。
 

 
 

それから5分後の午前10時46分。
 
 

 
‥‥‥‥

 
‥‥‥‥
 
 

 
 
水面は鉢底の穴から離れてます。
穴から水が入ったのではありません。

 
‥‥‥‥

  
はやすぎませんか?

 
本当でしょうか?

 

と、疑いたくても
現実がそれをすべて否定します。

 

おおぉ!!

これはすごい!
 
 

スポンサーリンク
 
 
 

給水は大地と同じ自然の環境の再現!

 
水を吸い上げて、水切れから植物を守るということは、
人間にとっては心配から解放されて楽ですよね。

置いておけばいいのですから。

このスピードで水を吸い上げるのでしたら
お皿に張った水が切れない限り、水切れはしません。

 
便利ですよね。ありがたいです。

 

では、植物にとってはどんなメリットがあるのでしょう。

 

通常、盆栽は水はけの良い用土を作り、
乾燥し始めてからたっぷり水をやることで
用土の中の空気を新しいものに取り換えて、根に酸素を補給します。

 

水を好む木もあれば、
乾燥に強い木もありますが、水が切れると枯れます。

 

そのことは誰でも知っているのですが、
水やりが酸素を補給するということは、
初心者の方はあまり気づかないのです。

 

ところが、自然の木に水をあげる人っていませんよね。

 
山にジョウロ持って行っても、
「あ?」って思われるだけですから。
 
 

大地は地下の水が常にゆっくり動いて、
根の周りに新しい水を供給しています。
 

その水が根に酸素を運んでくるのです。

 
 
で、この鉢はというと、

 
乾燥したらその分、
鉢が新しい水を吸い上げて給水するので
自然の大地と似た環境を作り出す‥‥‥‥ということになります。

 

すごいですよね。この鉢。
 
 
 

用土の中の温度が上がり過ぎず根に快適

 

この鉢のもうひとつの優れた点は
鉢の水が蒸発するときに熱を放出するので
鉢の温度が上がりにくいという点です。
 

通常の鉢の用土の温度が34度になっても
この鉢の用土の温度は27度ほどです。

 

根にとっては、雑菌が繁殖しないでグイグイ伸びる
最適な温度を確保できるということです。すごい!

 

だからと言って、
夏の炎天下の下に置いていい、
と言うことではありませんが、
人間の都合よりも植物の環境を追求した、超すぐれものです。

 

怪長はすっかりこの鉢のファンになってしまいました。

スポンサーリンク
 
 

 

価格は?どこに売っているの??

 

価格は怪長が実験用に使った鉢が
 

さっ‥‥‥‥300円です。

 
これよりひと回り大きいのは
 

ごっ‥‥‥‥500円です。

 

安すぎませんか?

 

と、言いつつ、
「値上げしないで‥‥」と思ってますが‥‥。

 
大きさによって価格は変わります。
 

詳しくはこの鉢を作っている方に
直接、メールをするといいです。

 

お問い合わせはこのサイトから
 
おしゃれ工房「ほたるぶくろ」
―清梅焼の紹介
 

いきなり制作者の杉山宏さんと言う方が登場します。
 
画面の右側に電話番号、メールアドレスがあります。

メールアドレスが新しくなっているのでご注意を

 

 
新しいアドレスは
⇒ hotarubukuro@lemon.plala.or.jpです

 
怪長も電話をして、お話をさせていただきました。

気さくで、熱心で、親切で
ミニ盆栽や山野草を楽しむ人の強い味方です。

価格一覧と、在庫状況も教えてくれます。
希望を聞いて受注生産してくれます。

 

購入した方の感想は?

 
怪長のメールマガジン「ミニ盆栽通信」を読んでくださっている方は
ひと足先に、この鉢の情報を手に入れています。

 

で、Aさん(男性)

「これ、すごい。会社に持って行って机の上に置いておくだけで癒されます」

 

もう1人B子さん(女性)

「希望の鉢ができあがって手元に届くまでワクワクしてます」

 

怪長   < おまえもか?

「これは凄い!早く、春になってくれないかな~」
※この記事を書いたのは4月2日。オホーツクはまだ雪がモッコリ。

 

あ”~、まだ、誰も植えていないではないか。
 

ま、そうですよね。
みんな最近知ったのですから。

 

でも、もうこのブログで紹介したので
多くの方が知ることになります。

 
いままで、「知る人ぞのみ知る」という
秘密の存在だったのです。

 

注文が殺到する前に、
杉山(ほたるぶくろ)さんに連絡を取った方がいいです。

 

お問い合わせ、ご注文はこちら
おしゃれ工房「ほたるぶくろ」
 
新しいアドレスは
⇒ hotarubukuro@lemon.plala.or.jp
 

で、鉢に木を植えたあとの結果も実況でお知らせしますね。

 
 

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る