ミニ盆栽の鉢づくり|湯のみ、ぐい呑に穴を開ける方法

湯呑やぐい飲みに簡単に穴をあけて、鉢にしてしまう方法があります。とても簡単です。やってみると面白いので、癖になるかもしれませんよ(^^♪

スポンサード リンク

用意するものは

  • バケツ
    バケツいっぱいの砂
    センターポンチ
    金槌
    砂が通過する程度のフルイ

手順は

(1)バケツに砂を8分目ほど入れます。

これぐい呑です

これぐい呑です

(2)器を伏せて、中に砂が詰まるようにしながら押し込みます。
鉢の穴あけ2

(3)器の底が見える程度まで押し込んだら、
中心にセンターポンチの先端を当てて、
ずれないようにしながら金槌を当てる
ように軽く「コン」と叩きます。
鉢の穴あけ4

(4)2、3回金槌を当てると穴が空き、
音が「コン」と響かなくなります。

穴があかない時は少しだけ強めに当てます。
鉢の穴あけ3

それでも開かない時は、
底の厚さを確認して下さい。

あまり厚い(5㍉近く)だと開きにくいですが、
根気よくセンターポンチの先端をずらさない
ようにしながら少しずつ底を削るように打ち続けると開きます。

通常、湯のみですと数回で開きます。
上手になると1回で開きます。

小さな穴が開いたら、今度は打つ力を
弱めて穴の周囲を広げていきます。

(5)直径が7、8㍉になったら完成です。
鉢の穴あけ5

鉢の穴あけ6
穴が開いたぐい呑の内側はこんなふうになります
器が大きければ、穴はもうひと回り大きくてもいいでしょう。

やってみてください。意外に簡単なので驚くと思います。

(6)開け終わったら砂をふるいにかけて、陶器の破片を取り除いておきます。
これを忘れると、次に穴を開けるときに手を切ることがありますので、注意してください。
鉢の穴あけ7

穴の開いた器は、そもそもは鉢では
ありませんから、平らなものの上に置くと、
穴から出た水の行き場がありません。

底の縁をヤスリで削って隙間を開けるか、
器を置く台に隙間を少し開けて水の通り道を
作ってあげてください。

鉢にする器はなるべく明るい色のものは
避けるほうがよいでしょう。

木より器が目立ってしまいます。

盆栽の主役は木、脇役が鉢ですから、
名脇役を選ぶといいと思います。

リサイクルショップなどを探すと
外な掘り出し物に出会うこともあります。

地味な模様のぐい呑で、底のあまり厚くないものを選ぶとよいでしょう。

値段も数十円から高くても100円程度です。

鉢の用意ができたら早速つくってみましょう

作り方の手順の記事を参考に (^^♪

苔ミニ盆栽の作り方の記事もあります

ここから先は管理人の雑談です

怪長は、知人の陶芸家の失敗作を
もらってきて鉢にすることもあります。

昨年開いた展示会では、ある陶芸愛好家が
怪長のミニ盆栽を怖い顔で見ていました。

そしてこう言いました。
「あなた、この器のことご存知?」

よく聞いてみると炙り焼きという手法で
作られた高級な器だったのです。

そう言われてみれば、渋い肌色に
炎が這ったような模様があって、
盆栽にちょうどいいなぁと思って
穴を開けて使っていました。

ところが、参考までに値段を聞くと…

「数万円はしますのよこれ」。

怪長の目はもともと小さいのですが、
さらに点になりました。^^;ハハハ

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

Comment

  1. 河上 晴雄 より:

    そうなんだ 鉢作りも楽しめますね ご指導有難うございます

    質問があります

     実生の木が10㎝の高さになりました 出来れば盆栽に育てたいのですが 伸びすぎてもいけないのかと思いまして 先の方をカットしたいのですが 時期的にいつ頃カットすべきかご指導いただきたくご教示のほどお願い申し上げます 樹種は柿と梨です

    • 怪長 より:

      ◆柿は幹から枝が出やすい木なので
      小さいうちは幹を太くし、枝を増やすために
      芽を抑えるせん定と、芽摘みが中心になります。

      今のところは伸びすぎをそれほど気にせず
      真上に伸びるのを止める程度にしておくとよいと思います。

      枝葉が増えて木の勢いがついてきたら
      春の1回目の芽摘みと葉刈りを同時に行って小枝を増やしていきます。

      切る時期ですが、
      8月中旬から9月中旬まではせん定しないで
      9月中旬から10月いっぱいくらいまでが秋の剪定時期になります。

      年が明けたら2月、3月がせん定時期です。

      枝葉が伸びる5月から8月中旬まで芽摘み、せん定の時期になります。

      これが一応の目安ですが、今は枝づくりを優先するほうが良いので
      夏が終わったら肥料をあげて、元気にしてあげるとよいです。

      ◆梨

      休眠期の剪定は真冬を避けて11月下旬から12月、2月下旬から3月になります。

      梨は短い枝に花と実をつけるので、短い枝が育つようにしますが、
      木が小さいうちは、長く伸ばして切り戻すを繰り返します。

      伸びた枝を切り戻すせん定の時期5月下旬から7月上旬になります。

      ということで、今は鋏が要らない時期になります。

      ご質問、ありがとうございました。
      怪長

  2. 匿名 より:

    陶器に穴を開ける方法。とても大変参考になりました。
    ほんとにありがとうございます。

  3. コバケイ より:

    初めまして、昨年、小盆栽を始めいつも参考に拝見しております。クロちゃんの記事泣けました。私も種から挑戦したいのですか、公園に落ちてる松ぼっくりから種は取れるでしょうか?今頃落ちてるのでは、もう種無いですかね?
    写真は、今飼ってる小盆栽です。棚も自作で作りました。関西在住コバケイより

    • 怪長 より:

      コバケイさん
      コメントありがとうございます。

      クロちゃん、残念でした。
      ほかの黒松が立派に育つように頑張ります。

      落ちている松ぼっくりは、開いていて
      種がみんな飛んでいます。

      もしかしたら‥‥‥1つか2つあるかも。
      でも、ほとんどないですね。

      9月のすえから10月に
      カサが開く前の松毬を取ってきて
      部屋の中で放っておくと、
      カサが開いて種が出てきます。

      茶色になっていれば十分、中の種が育ってます。

      あ、近いうちに黒松の種プレゼントしますので
      応募してください。無料です。

      ところで、写真、見当たりませんが‥‥。

      そのうち送ってください。

      お待ちしてます。
      ありがとうございました。

      怪長

      • コバケイ より:

        返信ありがとうございます。そうですよねこの時期なら種望め無いですよね。種配布を応募する様にします。写真すいません送付します。

        • 怪長 より:

          コバケイさn
          写真、ありがとうございます。

          めんこいのもありますね。
          とっても楽しそうです。

          棚はコバケイさんの自作ですか?
          いいですね。

          種プレゼント、ぜひ、応募してください。

          お待ちしてます。

          怪長

  4. […] ミニ盆栽の鉢づくり|湯のみ、ぐい呑に穴を開ける方法 […]

  5. 智ちゃん より:

    ミニ盆栽始めようと準備中です。まずは器の穴開けと木を探してみます。

    • abonsai より:

      智ちゃん さん…コメントありがとうございます(^^)
      ぜひやってみてください。分からないことあったら怪長(ブログ管理人)にメールくださいね(^^)

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る