ミニ盆栽も焦る…雪の中で冬支度

 

このあいだ、雪が降ったと思ったら、オホーツクはてんこ盛りの雪に見舞われました。11月6日の朝。冬支度前のミニ盆栽は温かい雪に包まれて冬眠してました。怪長は焦って除雪してから風除けの囲いを作り…「なんで11月にこんなに降るんだ!。あぁ、腰が痛い…

スポンサード リンク

今年の雪は早い・重い・多い

いつもの年なら、雪が降るのは11月中旬。それより前に降ることもありますが、
ここまで、てんこ盛りにはなりません。次の日になったら解けてしまいます。

ところが…

今年は10月の末にサッと降って「おぉ~、寒くなってきた」と思ったのもつかの間。ドッと降りました。積雪は6日午前でミニ盆栽の周辺約30センチ。膝まで埋まりました。

ということで、
怪長は焦って冬支度をしました。

まず、除雪。

えらい重たい雪です。

腰が…コキッっとならないように

ミニ盆栽は雪に包まれてホッコリ

雪が降ると温かいのです…。

「そりゃあないだろう!」

と、お思いかもしれません。

でも、オホーツクでは
雪があると温かく雪がないと寒いのです。

こういう理由です。

雪がない、空に雲がない、地上の熱が宇宙に消える
これを放射冷却現象というのだそうです。

雪がある、雲がある、地上の熱が逃げない
というわけです。

冬になりかけのころは雪がないので、
わざわざ周囲から集めてきてミニ盆栽に
降りかけて雪で包んでしまいます。

そうすると、ミニ盆栽も怪長も
安心して眠れると言うわけです。

もちろん、こんな冬越しは
寒さに強い木だけですが。

ミニ盆栽が棚板から外れない

そうなのです。

雪をかぶって温かいとはいえ
日中の最高気温はプラスの2、3度。

ミニ盆栽を覆っていた雪を取り除き
地面に置こうとすると。

あっ…、よっ…

………

取れない。

鉢がシバレて棚板にくっついて取れないのです。

無理に持ち上げると
板ごと浮いてしまいます。

木槌でコンとヨコから鉢をたたくと
問題なくはずれました。

とはいっても、
いつもの年の3倍。
約3時間を費やしたのでした。

クッタクたです。

ミニ盆栽にも温暖化の影響が…あるのか?

四国や九州など
温かいところで雪が降ると
「寒い!」となるわけですが、

オホーツクはその逆で
降らない方が寒いのです。

なので、この時期に雪が降ると

あ…、温暖化が進んでいる

と感じるのです。

このまま、オホーツクが暖かくなると

黒松が生える
ピラカンサを育てられる
さつきもムロなしでいけるかも…

そんなのんきなことを
言っている場合ではないのかもしれませんね。

この40年で、オホーツクの冬の最低気温は
10度は上がっています。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る