オホーツクのミニ盆栽に雪が降りました

 

雪虫が飛んでいたと思ったら、はい、雪が降りました。
オホーツクのミニ盆栽にも白い綿帽子。もうすぐ冬です。
厳寒の地のミニ盆栽はどんな冬支度をするのかチラッとご紹介しますね。

スポンサード リンク

冬のミニ盆栽の3つの危険

オホーツクの内陸は冬になると
気温が氷点下20度まで下がります。

水分のあるものは、カッチカチにしばれます。

気温が下がると、大気中の水分が凍って
地面に落ちてカラカラに乾きます。

冬の乾いた風がミニ盆栽に吹き付けると
水分を奪ってしまうのです。

寒さと乾燥

冬はこの2つが危険なのです。

で‥‥‥もうひとつは?

野ネズミです。

野ネズミはふだん、森の中にいますが
3月になると動き始めます。

雪と地面の間にはわずかな隙間があって
そこを通って移動しながら木の根元に来ます。

ミニ盆栽のある庭にも来るのです。

そして、ミニ盆栽を食べてしまうのです。

寒さ、乾燥よりも
もしかしたら強敵かも知れませんね。

寒さと乾燥を防ぐには

寒さと乾燥を防ぐ方法があります。

それは、雪の下に置いておくことです。

まず、地面にミニ盆栽の鉢を並べる。

次に、何もしない‥‥‥‥。

‥‥‥‥

‥‥‥‥

えっ? そ、それで終わり?

はい、それで終わりです。

あとは、雪が少しづつ積もって
ミニ盆栽を埋め尽くします。

そうすると、風に当たらず
気温の変化も緩やかになります。

もともと、オホーツクの木は
寒さに強いですから、これでOK。

少し心配なら、
地面が凍結する11月下旬までに
鉢の半分くらいが埋まる程度にしておくと
完璧です。

その時に忘れないようにするのが
風よけの塀を作ること。

高さは盆栽が隠れる程度で十分です。

こんな感じ
オホーツクの冬支度の写真

12月の中旬になっても雪が降らない時は
注意が必要になります。

なるべく、周囲から雪を集めて
かぶせるようにします。

雪解け時期の野ネズミ対策

3月になると雪が解け始めます。

とはいっても、
日中の気温がプラスになるので
その分が少しずつ解けるという程度。

ミニ盆栽はまだまだ雪に覆われています。

その時に、野ネズミがやってきます。

雪が積もっているので、
一見、何も変わりはないように見えますが、
地面と雪の間に隙間ができているのです。

野ネズミはその隙間を通って
ミニ盆栽のところに来ます。

そして、木を食べていきます。

カエデ、モミジ、ボケなど広葉樹が好きですね~。

針葉樹はあまり食べません。
アカエゾマツ、トドマツは嫌いみたいです。

でも、怪長の好きなカラマツは
けっこう食べられます。

雪が解けてミニ盆栽が見えるようになると
被害状況が分かる‥‥‥‥あぁ。

大丈夫かなかな~。

ということで
究極野ネズミ対策はこちら
越冬ミニ盆栽のもみじを野ネズミから守るアルミ箔

ミニ盆栽の冬囲いと究極の野ネズミ対策|オホーツクの越冬方法

雪が解けたらまたもや試練

寒さと乾燥、強敵の野ネズミに耐え
雪の中から元気な姿を見せたミニ盆栽は
それで安心!

というわけにはいきません。

春の空っ風が待ち受けています。

春は、野山の草がまだ繁っていないので
空気が乾燥しています。

風も強いので、
「温かくなった」と思って棚に上げると
春の空っ風で一気に枯れることがあります。

オホーツクの内陸では5月の連休明けまで
ミニ盆栽は地面の上に置いてあります。

そのまま、春の植え替えが必要な鉢は
次々と植え変えていきます。

春まで半年‥それでも木は生きている

雪が積もったら、水はあげません。
雪を溶かしてしまうので。

12月から翌年の4月中旬まで
ミニ盆栽は水なしで過ごします。

雪が解けて鉢が露出したら
水をあげます。

風で乾いたら困りますので‥‥‥‥

それにしても、木はえらいですよね。
水なしで半年、寒さの中で生きているのですから。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る