盆栽歴1年半で展示会に出品‥その作品が‥すっ‥すごい!<嬉しいお知らせVol.17>

 

ミニ盆栽基礎講座を読んで、「水やりは1日2回ですか‥?」と質問をくださっていたある人物から、「初めて盆栽展示してきました!」と、嬉しいお知らせが届きました。盆栽歴は1年半。で、どんな作品かと送っていただいた写真を見てみると‥‥

スポンサード リンク

ほんとに盆栽歴1年半?

おぉ~!! こ、これは凄い!

向かって左に、自然の力に耐え抜いた「日本カマツカ」。

右には、「金華山がまづみ」

真ん中に「石菖(セキショウ)」

kawanatenji1

以上3展の織り成す空間が
嬉しいお知らせをくださった
ある人物の展示です。

ジーッ‥‥‥‥‥‥‥‥と見てしまいますよね。

頭の中には5つの文字が浮かんできます。

す、ば、ら、し、い

です。

日本はいいな~。

盆栽はいいな~。

いい風景だな~。

怪長は

左奥に高い山を感じます。

右手には大地。

そして中央手前には、川。

セキショウは川辺に生きる草。
群生していますもんね。

風景を感じさせる盆栽。

ミニ盆栽だろうと、
小品盆栽だろうと、大きな盆栽だろうと、
行きつくところは風景、ですよね。

3つの盆栽が見事に
山、大地、川を演じています。

どこが素晴らしいのか

kawanatenji2
▲セキショウと金華ガマズミ

盆栽の展示の仕方にも流儀があるようです。

でも、基本というかそういうものはあります。

盆栽を上手に作るのは難しいですが、
上手に飾るのはもっと難しいかもしれません。

どんな基本があるのでしょう。

1、同じ鉢を使わない

もし、3つとも同じ樹種だとしたら‥‥‥。
なかなか風景になりにくいかもしれません。
それぞれ違う樹種を並べます。

2、鉢に合わせた台(棚)の大きさ

言われてみれば「そう」と思いますが、
意識しないと、うまくいきません。

なんか、へんだな~となってしまいます。

3、空間を大きく

山とか川とか大地とか自然のパーツは大きいですから
風景を演出するには、盆栽を大きく見せる空間が必要です。

怪長はジャズのサックス吹きですが、
休符を演奏するのは意外に勇気のいるものです。

つい、吹きまくってしまいます。

落ち着いて、音のない時を作る。
すると、フレーズが生きてくる。

なにか、似ていますよね。

空間は盆栽の存在感を出すために
本当に大切です。

4、高さが平たんにならないように

同じ高さの盆栽が並ぶと、動きがなくなります。

奥行きも必要ですよね。

高さと奥行きがあると、流れが生まれます。

風がどのように吹いているのかな~
といったことを感じることができたら
素晴らしいですよね。

盆栽の樹形にも流れがあります。

展示でも「流れ」を表現できたら
素晴らしいです。

で、いかがですか?

遠くの山から涼しい風が降りてくる‥‥

そんな感覚になります。

ところで、この人物とは‥‥

この方のことをご紹介しますね。

川名慶彦さんです。

あ、写真に写ってましたね。

 

最初の質問は今年5月。
「水は1日2回やるのですか?」でした。

怪長も初心者のころ、
「1日に何回やればいいのかな~」
と迷ったことがあります。

なので、半年前は普通の初心者でした。

でも、なにか、
ほかの人と違う雰囲気がありました。

そこで、
メールの最後に載っていた
川名さんのサイトのURLを
プチっとクリックしてみると‥‥‥‥

あ”~っ!  

!!!

川名慶彦さんは

スプレーアートアーティスト YOSHI さんだったのです。

あなたの目で、確かめてください。ククク

芸術起業家オフィシャルサイト

スプレーアートオフィシャルサイト

もしかしたら‥‥‥

盆栽がスプレーアートになるかもしれませんね。

怪長の勝手な想像ですが。

そうなったら、面白いだろうな~。

みたいな~

な~

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

Comment

  1. 久米啓介 より:

    五葉松の植え替えをしたいのですが、適した時期まで待つか、根が鉢びっしりな状態で水やりの時に違和感があり、今すぐ植え替えしたほうが良いのか迷っています。どちらを優先するべきでしょうか?

    • 怪長 より:

      久米啓介 さま

      コメントありがとうございます。

      五葉松の植え替え時期は
      春、吉野桜の咲く半月前から半月後のほぼ1カ月間と
      8月の上旬から9月中旬までです。

      この時期は根をかなり切って整理しても
      新しい根が生えて元気になります。

      それ以外の時期に植え替えをすると弱ることがあります。

      鉢の中の根がびっしりで
      ・水が吸い込まれない(しばらくたまっている)
      ・すぐ乾く
      このような状態でしたら、
      放置すると弱ることがあります。

      ◆対応策としては、
      今の鉢からすっぽり抜いて
      根を崩さないで、そのまま2回りほど大きな
      仕立て鉢に移します。

      用土は、赤玉土7・桐生沙3の割合
      ふるいにかけた2~3ミリを用意し、移し替えます。

      こうすることで、
      根の周りの保水力と通気性を保ちます。

      春まで待って、植え替えます。
      その時は根をほどいて
      太い根や絡み根を整理して
      せん定もします。

      怪長

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る