木の実をよ~く見てみよう

 

よ~く見て‥‥って、

「木の実の何を見るの?」ですよね。

青い実がなりはじめたよ

木の実なんてまだ早いじゃない?
と思いますよね。

たしかに。

でも、よ~く見ると、青い実がなっています。
葉の色と変わらないので目立ちませんけど。

怪長のイチイの盆栽(まだ鉢植えですが‥)にも
今年、初めて実がなりました。

果肉がついていなくて、5ミリほど。
ちっちゃい青ドングリみたいです。

めんこいです。

スポンサード リンク

そのほかにも、
ツルウメモドキとかニシキギとか
ノブドウにも実がついています。

ナツヅタも
葉をめくると2ミリくらいの実が‥‥めんこいです。

あ、‥‥「めんこい」って北海道弁ですね。
ちいさくて、かわいいという意味です。( ̄▽ ̄)

こういった小さい実を見ると
秋が近いな~と感じるわけです。

種を採ってプレゼントの準備を‥‥と
思うわけです。

‥‥‥‥

‥‥‥‥

ではなくて、

木の実はどこについている?

今日の「実を見る」は、
実がどこについているかを見る、というお話です。

例えば、ツルウメモドキだと
ここです

turumemodoki

この写真の緑の枝が今年伸びた枝
灰色っつぽいのが去年伸びた枝です。

緑の枝の葉の根元に実がついていますよね。

これをよく覚えておくのです。

実がつく場所は
今年伸びた枝につく葉の根元です。

その場所を春からよく見ていると
葉の柄の根元あたりに小さい花が咲きます。

3ミリほどで、緑色の花なので目立ちませんが
よく見ると、あります。

夏になると丸くなってきますから
実だと分かります。

ということは‥‥‥‥

来年の春

枝のせん定をするときに、
去年の枝の芽を残しておくと‥‥

そこから新しく伸びた枝に実がつく、
ということになります。

樹種によって異なりますが
今年の枝の葉の根元につく木は多いです。

あなたの盆栽も
いつもよ~く見ていると
あ‥、と発見があります。

怪長も最初はそのことが分からなかったので
木にしないで枝を切っていました。

分かってくると、
どこを切ればよいかもだんだん分かってきます。

これから秋まで、実を発見したら
どこについているか
よく観察してみましょう。

ということで、

怪長はこの秋の種プレゼントに向けて
あっちこっち、種を物色中です。

勤務先の駐車場に生えているヒョウタンボクが
真っ赤な実をつけていました。

ククク( ̄▽ ̄)
お楽しみに。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る