ミニ盆栽の正面の決め方-その2・具体的な手順

 

前回は正面を決める考え方
みたいな内容でしたね。

盆栽の正面の決め方-その1・正面ってなに?<ミニ盆栽通信バックナンバー17>

今回は、盆栽の正面を決める
具体的な手順をお伝えします。

さっそくいきましょう。

スポンサード リンク

根張りで正面の候補を決める

正面がはっきりしていないとか
どこを正面にしようか迷っている場合は

まず、鉢を目の高さに合わせて
幹の根元の根の張り方を見ます。

根が用土に埋まっているときは
少しほじってみてください。

いろいろな根の張り方があります。

四方に根が伸びている場合と
四方に伸びていない場合があります。

四方に伸びているときは
一番太くて強く張った根が手前に来ないように、
右か左、または奥に行くようにして見てみます。

根が左右に広がって、最も格好が良い場所を
正面の第1候補としておきます。

その次に格好が良いところを第2候補にしておきます。

幹模様でも候補を決める

根張りで正面の候補を決めたら
幹模様を見て、左右に形よく振れているところを選びます。

これも第1、第2‥と決めておきます。

次に、根張りと幹模様の第1、第2候補の
折り合いの良い場所を見ていきます。

枝がありますから、
枝に気を取られないようにしがなら
根張りと幹模様に注目して選んでいきます。

根が四方に伸びていない場合も
太い根があなたの方を向かないようにして、
左右に広がるところを選びます。

枝振りと正面の関係

根張りと幹模様で正面が決まったら
次は枝振りを見ます。

このときは、木を真上から見ます。

木を真上から見ると
だいたい、楕円形の形をしています。

直径の長い方が正面から見た左右です。

直径の短い方が正面、もしくは裏側
ということになります。

ここで問題になるのが
根と幹模様で決めた正面と
枝振りで決まる正面が合わない‥‥ことです。

幼木の時から正面を意識して
針金かけや剪定をしてないと
そうなることがよくあります。

木の正面で重視するのは
根張りと幹模様なので
枝振りが合わない時は

・剪定をして長い枝を切る
・短い枝、小さな枝を育てる
・針金をかけて枝の向きを変える

という作業をしていきます。

上から見た時の枝葉の分量は
正面側が3割、裏側が7割程度です。

そのような配分にすると
正面から見た時に根張りと幹模様が
よく見える盆栽になります。

実際にはうまくいかないことも多い

ところが、この手順で実際にやってみると
なかなかうまくはいきません。

根張りと幹模様で正面を決めると
切りたくない、立派な枝を切らなければ‥

のようなことが起きてきます。

そういう時は
枝振りを重視して幹模様を我慢する。

そんな発想もありです。

ミニ盆栽のように小さい木は
この手順にこだわりすぎると
うまくいかないこともよくあります。

できれば、木が小さいうちに
「どちらが正面になるのかな‥‥」と

将来の木の姿を想像しながら育てていくと
やりやすくなります。

そのための知識として
正面の決め方を意識していただければ幸いです。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る