剪定する理由と方法1・忌み枝を切る

▲森の中では自然に枯れる車枝

盆栽に欠かせない作業はいくつもありますが、
その中でも、避けて通れないのが剪定です。

ということで、今日は剪定のお話しです。

スポンサード リンク

伸びた枝を切るだけだと変な格好になる

なぜ、剪定をするのでしょう

怪長は初めのころ
剪定は「伸びた枝を切るのだ‥」と思っていました。

そうすれば木は盆栽のように格好良くなる‥と。

間違えではないのですが、
それだけだと、ぜんぜんうまくいかないのです。

‥‥‥‥

‥‥‥‥

ということが分かったのは、
怪長がミニ盆栽を初めて2、3年経ってからでした。

なぜ「だめだ」と気づいたかというと、
木がすごく変な格好になってしまったからです。

「あれ~、おっかしいな~」

そう思ったころには、時すでに遅く、
どうしようもない格好になっていました。

どんな格好になったかというと

・ひょろ~っと背が高くて幹が細い

・枝と葉が木の上の方にあって幹の途中にない

・枝が交差したり、内側に伸びてごちゃっとしている

だめな見本をたくさん作ってしまったのです。

そこで本を買ったり、先輩に聞いたりしました。

で、分かったのは
「切るべき枝がある」ということです。

切るべき枝ってどんな枝?

どんな枝を切るのか‥‥ですよね。

たくさんありますので
ちょっと書いてみますね。

1、平行枝
2、落ち枝
3、絡み枝
4、立ち枝
5、徒長枝
6、腹枝
7、車枝
8、環貫
9、かえる又
10、ひこばえ
11、突き枝

おぉ~、11種類もありますね。

これを忌み枝(いみえだ)といいます。

絵を見ないと分かりにくですね。

このブログに記事と絵が
ありますので、ぜひご覧ください。

ミニ盆栽の剪定の方法 1|切るべき枝は?

あ、「ひこばえ」というのは
幹の根元から生えてくる芽です。

どんどん大きくなるので、
小さいうちに切ります。

最後の11、「突き枝」は、
盆栽を正面から見た時に
目の前に迫ってくる枝のことです。

圧迫感があるので忌み枝になってしまうんですね。

自然界では突き枝という枝はありません。

盆栽だからこそ生まれる枝なのです。

それ以外は自然界にもあります。

でも、森の中の木は
だれも剪定なんてしてくれませんよね。

忌み枝は自然界でどうなるのか

いつの間にか枯れてなくなってしまうのです。

つまり、自然の厳しさが
長い年月をかけて剪定をしているわけです。

車枝や環抜きは、どちらかの枝に
栄養がいかなくなって枯れます。

平行枝は下の枝が日陰になって枯れたり
下の枝が強く伸びると、上の枝が枯れます。

盆栽ではそうはいきませんね。
自然に枯れるのを待つ間に人間が枯れます。

忌み枝は小さいうちに切ってしまう

忌み枝が残っていると、
必ずと言っていいほど変な木になります。

なので、
忌み枝はきるだけ小さいうちに
切ってしまいましょう。

あなたのミニ盆栽をよく見てください。

もし忌み枝があったら、切りましょう。

枝が小さいうちなら、
いつ切っても大丈夫です。

太くなっている枝なら
切る時期があります。

それは、晩秋から春にかけての休眠期です。

それまでは我慢して待っていてくださいね。

剪定の目的は、

実は忌み枝を切るだけではありません。

第二の目的はこちらの記事で

質問・回答コーナー

【Q】伸びすぎた枝を切りたいのですが、
枝に葉がついていて、どこで切ってよいか迷っています。

【A】ひとつの枝に、いくつか葉がついているときは
どこで切っていいか迷いますよね。

そういう時は、葉が大きくなって枝になったとしたら
どっちの方向に伸びるか想像してみてください。

もし、幹に近い方、つまり内側に伸びるのでしたら
その葉のすぐ上では切らずに、その一つ上か一つ下を見てください。

鉢の外に向かって伸びるだろう葉(枝の小さいの)があります。

そのすぐ上で切ってください。

そうすれば、枝が伸びた時、形が整います。

  

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る