越冬ミニ盆栽のもみじを野ネズミから守るアルミ箔

ついに怪長の住んでいる北海道オホーツクに雪が降りました。ミニ盆栽はこれから冬眠するのです。雪の下で‥。気になる野ネズミ対策ですが、今年は新しい技を発見しました。凡才会顧問のS氏が、なな、なんとアルミ箔を幹の根元に巻いているではありませんか。

え”~っ、アルミ箔でOKなんですか?

「うん、だいじょぶだぁ~」と、
軽く言うS氏。

実はS氏は、もみじ大好きなのです。

300鉢はあろうかという
盆栽、ミニ盆栽の半分はもみじ。

あっちこっちで買い集めて、
種でも増やして、もう庭中が
もみ、もみ、もみじ!!

ところが、数年前、
野ネズミにことごとく
かじられてしまったのです。

あぁ‥。

そこで、S氏は研究を開始。

アルミ箔が効果があると、
聞きつけて、実験を重ねてきました。

そして、結論は‥。

「だいじょぶだぁ~」となったわけです。

なぜ野ネズミはもみじを食べるのか

早い話が、おいしいからです。ハイ

ちょっと待て!
怪長は、もみじを食べたことあるのか?

ないです。

じゃあ、ネズミと話ができるんか?

そりゃあもちろん、でき‥ませんよ。

せいぜい、

  • ネズ:「チュー」
  • 怪長:「チュー」

ってくらいでしょうか。

それでも、ネズミの言うことは分かりますね。

「もみじは甘いのだ」と。

うそだろ~そんなの。

いやいや、本当ですって。
ネズミに聞いてごらんなさいって。

「チュー」(訳:甘い)‥ほらね。 アホカ >

まあ、本当のことはさておき‥ ジョウダンハ サテオキ ダロ>

なぜ、もみじは甘いのか

‥ですよね。

メイプルシロップってご存知ですか?

「あっ!」ですよね。

カエデの冬の樹液を煮詰めてつくる、アレ。

メープル(カエデ)も
いろんな種類がありますが、冬になる前に、
糖分をため込むんですね。

樹液に糖分をため込むと、
木がしばれ(凍結)にくくなるわけです。

もみじも、カエデ類の一種ですから
仕組みとしては同じです。

もみじでなくても、
広葉樹は糖分をため込みます。

美味しいかどうかは別ですが。

もし、樹液の糖度が高くなかったら‥

氷点下30度以下に冷え込んだとき、
木が凍結して「バシッ!」と、
裂けてしまうのです。

というわけで、
ネズミはモミジの味を
知っているということです。

ほら、ネズミと人間はちゃんと
情報交換しとるやないけぇ~。

  • ネズ:「チュー」(訳:知ってるか?)
  • 人間:「チュー?」(訳:何を?)
  • ネズ:「チュー」(訳:カエデは甘いんよ)
  • 人間:「チュー!」(訳:ほんと!)

ってな感じでしょうか。

アルミ箔の巻き方は?

アルミ箔1

アルミ箔2
▲上の写真は幹の太さが直径1㎝くらいです。

ひとまきするだけ。

S氏によると、
「てきとうだぁ~」だそうです。

ネズミはあのキラキラが嫌いだそうです。

それに‥

かじってもおいしくないし。
食感も悪いだろうし。

S氏は、もみじのほか、
バイカウツギなどにも巻いています。

怪長のところでは
ツルウメモドキやナナカマド
など広葉樹はことごとく食べられました。

小さいミニ盆栽は野ネズミが通れない
小さな穴の開いたトレイに並べ、
上から同じトレイで蓋をする方法でOKです。
冬囲い2

ミニ盆栽の冬囲いと究極の野ネズミ対策|オホーツクの越冬方法

ところが、もう少し大きい鉢は
アルミ巻き作戦が最も効果的なのです。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る