ミニ盆栽の剪定の方法 1|切るべき枝は?

どんな枝を切るのか。その理由は?

木の形、樹形を整えるためにするのが剪定です。

盆栽として生涯を終えるまで(人間のほうが先に終えますが…)
剪定と盆栽は切っても切れない関係です。

あ、シャレのつもりではありません。(^^♪

やがて枯れる枝を切る

自然の法則によって「やがて枯れる枝を切る」とお考えください。
徒長枝のように伸びすぎた枝は折れてしまうか、木そのものを倒してしまうこともあります。

枝葉の生長は大地と水と陽の光と密接な関係があります。
それを考えずに「切ったほうがよさそうだから切る」を繰り返すと、盆栽らしくない変な樹形になってしまいます。

では、どんな枝を切るのか?
切るべき枝は大まかに次のような枝です

平行枝

並行枝
幹から同じ方向に平行に伸びた枝です。
下の枝の日当たりが悪いので自然界ではやがて枯れますので
剪定では切ってしまいます。

腹枝

腹枝
幹の曲がりの内側から出た枝です。
これも枝が育ちにくく枯れていきます

逆さ枝

絡み枝2
木の外側ではなく内側、幹の方向に伸びる枝です。
腹枝と同様に日当たりの悪いところに向かうので
やがて枯れます。

落ち枝・立ち枝

落枝‥立ち枝
落枝(左側)は下を向いて伸びている枝です。
立ち枝(右側)は上にまっすぐ伸びる枝です。
伸びた先にほかの枝があったり
日当たりがよくありませんから、やがて枯れます。

環貫

貫抜枝
幹の同じ場所から
左右に伸びて十字架のようになったのが貫抜。
自然の森には貫抜はほとんど見かけません。

車枝

車枝
四方に枝が出ているのが車枝です。
1本だけのこして3本は切ります。
松類に多い枝ですが、自然の森の木には
4本とも太い車枝はほとんどなく
どれか1本が太く、それ以外は淘汰されます

かえる又

かえる又
幹が途中から左右に別れ「∪」の時になった枝です。
いずれ、どちらかの枝の勢力が強くなり片方は枯れます。
木を割ってしまうことになるので、どちらかを切ります

徒長枝

徒長枝
1本だけ急に伸びた枝です。
自然の中ではいずれ折れてしまいます。

水のやり過ぎ、植え替えをしないで
根が伸びすぎると徒長枝が発生するので
剪定するのといっしょに植え替えをした方がいいですね。

絡み枝

絡み枝

幹や主要な枝を隠すように伸びた枝です。
交差枝とも言います

突き枝

木の正面から見ている人の方に向かって伸びる枝です。
通常は切りますが、正面を変えてみるという手もあります。

ここで紹介した10種類の切るべき枝のうち
10の突き枝は自然界には存在しません。

木の正面を決める盆栽であるがゆえに、嫌われてしまう枝ということです。

実際にせん定をしている記事もあります。
剪定の実例|どうする?この木

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る