ミニ盆栽なぜなぜその10「小さいのに幹が太いのは?」

木が小さいのに幹が太いのはなぜ?
盆栽を見ると、そう思いますよね。
「なんで、こんなに幹が太いのか‥」って。

このブログの記事
ミニ盆栽の剪定の方法3|幹を太くするにはどうすれば
で、幹を太くする方法を紹介しました。

幹を太く見せようと、樹形の崩れたカラマツを
試しに強剪定(せんてい)して、「あ、失敗した‥」
と思っていた怪長(ブログ管理人)。

1年後、新芽が出て枝が増えてきたので
「もしかしたら、いいミニ盆栽になるかも」
とニヤッとしています。

将来どんな樹形になるのか、想像してみました。

思い切り枝を切って幹は太くなったけど‥

ミニ盆栽カラマツ8
これ、樹形の崩れたカラマツのミニ盆栽。
幹が太く見えるよう、太い枝を思い切りせん定しました。

ミニ盆栽カラマツ7
すると、こんなふうになったカラマツ。
幹は太いのですが「枝を切りすぎたかも‥」
となったわけです。

2014年の7月ですね。

せん定をするには、遅い時期だったので
少し、心配でしたが、大丈夫でした。

ミニ盆栽カラマツ6
これが、今年2015年の6月末。
1年前とほとんど変わりがありません。

ところが、それから1カ月余り経った
8月のはじめに、新芽が出てきました。

ミニ盆栽カラマツ5
芽摘みを1回した後に出てきた2番芽。
元気がいいです。

8月8日の写真です。

それから14日が経った8月22日。
ミニ盆栽カラマツ1
この枝を伸ばしていくと、新たな樹形ができます。

反対側
ミニ盆栽カラマツ3

ヨコから見たら
ミニ盆栽カラマツ2

芽摘みと剪定を怠らないようにしなければ‥

そうなんです。

新しい枝ができたからといって
喜んでみているだけではいけません。

以前のように、変な形の木になります。

木の先端、新しい枝は勢いが強いので
放置しておくと、どんどん伸びます。

すると、下の方にある枝が弱ってきて
また背の高い木になってしまいます。

では、どうすればよいか。

上に伸びないよう剪定をする

新しい枝がもう少し伸びたら切りつめます。

あまり短くすると、新芽が混み合って
木の頂上が雀の巣のようにごちゃごちゃに
なるので、短くしすぎないようにします。

この大きさだと、3㎝伸ばして、1㎝切り戻す

そんな感じでしょうか。

将来どんな樹形になるのか想像してみる

カラマツのミニ盆栽を左右に傾けてみると

ミニ盆栽カラマツ9
模様木になりそう

ミニ盆栽カラマツ10
これだと斜幹かな~。

決めるのはまだまだ先の話ですが
どうするのか、考えておくことは必要です。

今年はもうすぐ秋になるので、とりあえず
このまま、自由に伸びていただきます。

来年の6月には剪定の時期(※オホーツクの場合ですが)
になるので様子を見ながらやっていこうと思います。

続きをお楽しみに。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る