ミニ盆栽なぜなぜその5「すごく大切な鉢底の穴」

鉢の底に穴が開いているのは普通ですよね。
水を抜くためですから。当然です。

でも、穴が1個じゃなくてたくさん開いていたら。
「なんで‥?」って考えてしまいませんか?

鉢に穴をあけてあるのは2つの理由があるのです。

ひとつは、あなたも知っている水抜き。
もうひとつは、木を鉢に固定するためです。

これ、意外に重要な役割なのです。

鉢に木を固定するのを軽く見ていると
後々、重いペナルティーが‥。

というほどではありませんが、
木を枯らす原因になります。

うんちくは後にして、さっそく使い方をお伝えします。

針金を通して木を固定する

冒頭の写真にあるように、
穴が1個の鉢、2個の鉢、3個の鉢、5個の鉢があります。
探すと、いろんなのがあります。

お気づきですか? 大きい穴と小さい穴がありますね。
小さい穴に針金(アルミ線、銅線)を通します。

鉢穴1

小さい穴の両方から針金が出るようにして
準備をしておきます。

それから用土を入れ、
木を置いて、針金で根を固定します。

あまり強く縛らないようにして
木がぐらぐらしなければOKです。

余った針金をハサミで取り除きます。

根が片方によっているときは
こんな使い方もあります。

鉢穴3
▲上の図のように、太い針金に
細い針金を巻きつけて小さい穴から通します。

鉢穴2
▲2ヵ所で同じようにすれば、根を2ヵ所で固定できます。

鉢穴が1個しか開いていない場合は

鉢穴4

鉢底ネットを太い針金で固定します。
太い針金は「U」字型に曲げておいて、
針金を通した後で、先端を曲げると固定できます。

それからネットに細い針金を通します。

そうすれば根を固定することができます。

はじめのころは理由が分からなかった

怪長(ブログ管理人)がミニ盆栽を始めたころは
なぜ、穴がいくつも開いているのか
理由が分かりませんでした。

かみさんが
「どうして、小さい穴が開いてるの?」
「こっちは大きい穴が2つあるけど、なして?」

と聞いてきましたが、怪長は聞こえないふりをしてました。

針金を使って木を鉢に固定することを
ぜんぜん知らなかったのです。

怪長の住んでいるオホーツクでは
5月に強い風が吹きます。

9月は台風から変わった熱帯低気圧で
強い風が吹きます。

ある日、会社から帰ってくると、かみさんが
「盆栽、風で飛んだから棚に戻しておいたよ」
怪長:「ありがとう」

「鉢だけしかないのもある」
怪長:「えーっ、木は?」

「さあ~」

慌てて探したら、家の近くの道路脇に転がってました。
根が乾いてひん死の状態でした。

大地をつかむ役割は重要なのです

根は水や養分を吸収するだけではありません。
もう一つ、とても重要な役割があります。

大地に木を固定するのです。

盆栽もミニ盆栽も全く同じで
鉢という大地(の替わり)に木を固定します。

木がぐらつくと、根と用土の間に隙間ができて
水分や養分を吸収するのが難しくなります。

それだけではありません。
隙間が空いた部分は根が成長しませんから
伸びる根と伸びない根ができてしまいます。

そうなると、枝の成長にも影響が出て、
徒長枝の原因にもなります。

つまり、樹形を乱すことにつながってしまうのです。

時には、怪長のミニ盆栽のように
風で脱走することもあります。

木を針金で固定するのに少し抵抗を感じるかも知れませんね。

針金が根に食い込むほどきつく締めつけさえしなければ
問題はありません。

そのまま何年も植え替えしないでいると
食い込みますが‥。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る