ミニ盆栽なぜなぜその4「せん定はなぜするの?」

せん定とは「枝を切って樹形を整える」ことです。盆栽を作るには、せん定を欠かすことはできません。でも、なぜ、せん定しなければいけないのか‥?
理由が分かると、せん定を上手にできるようになります。

せん定をしないとどうなるの?

立派な盆栽でも、せん定せずに育てていくと、
枝が増えてボサボサになったり、大事な枝が枯れてしまったり、
小枝と小枝の間が長くなって変な格好の木になってしまいます。

もはや、盆栽とは言えなくなってしまうのです。

山にある自然の木はせん定をしないのに、なぜ?

不思議ですよね。
自然の木は、せん定なんて誰もしてくれません。
ところが、素晴らしい樹形になります。

その木を見て、盆栽の樹形に生かすわけですから、
鉢に植えた盆栽も、せん定をしない方が良いのでは?
な~んて、思ってしまうと大変なことになります。

山の木と、盆栽の最も大きな違いは

山の木が素晴らしい樹形になるのには数百年もかかるのに
盆栽は数年から数十年で樹形を作る

ということです。

自然の木はどのように育つ?

自然の木は、まず太い根を伸ばしながら幹をどんどん伸ばしていきます。
次に、木を支えるための横根を伸ばします。

一方、幹の方は横根が伸びるのと同様に、枝を増やしていきます。
幹の先端をどんどん伸ばし、強い枝もどんどん伸ばします。

葉を増やすためですね。

増えた葉で光合成をして、養分をつくりだし、
幹と枝と根を大きくさせます。

光合成をたくさんできない枝には根から養分の供給が途絶えます。
すると、日陰になった枝は淘汰されて枯れていきます。

幹の同じ高さのところに複数の枝があるときは強い枝が伸び
弱い枝は枯れていきます。

同じ方向に平行に伸びる枝も、光合成がたくさんできる枝に
養分が供給されるので、長い年月を経て、どちらかが枯れます。

もし、雪の重みや強い風で枝が折れたら
新たな枝が生まれるようになっています。

葉が虫に食われてなくなったら、
新しい葉が出てきます。

自然の木はこのようにプログラムされています。

自然の木を、鉢に植えたらどうなるか?

鉢に植えられたからといって、
木はプログラムを変えることはありません。

やはり、強い枝、光合成をする生産性の高い枝に養分を供給します。
弱い枝、つまり生産性の低い枝より、強い枝を重視します。

枝の途中から真上に伸びる枝や、真下に伸びる枝、
平行な枝、隣の枝から伸びた枝と交差する枝‥などなど

ありとあらゆる方向に枝を伸ばします。

こうした、躾されていない悪ガキのような
無法者のような行動は、自然の中では必要なことなのです。

もし、伸ばした枝が太陽の光を十分に受けられず
光合成ができなかったら、やがて枯れていきます。

自然の中ではこれを数十年、数百年のスパンで実行しますが、
木はこれと同じことを

鉢の中でもやってしまうのです。

困ったもんですね~。
とはいっても、人間が勝手に鉢に移し替えているのですから
文句を言うのはお門違いというものです。

では、どうするのか‥?

ですよね。

せん定は、

  • 強いところを切る
  • 重なる枝や真上、真下に伸びる枝を切る
  • 平行枝、車枝を整理する
  • 交差する枝を作らないように切る

ということになります。

盆栽は、自然の木の生涯を10分の1くらいに短縮するので、
やがて枯れる枝は、あらかじめ作らない。

せん定をすることによって、弱い枝にも養分を供給し
どの枝も力を合わせて光合成をしながら、
数百年先の木の樹形をめざしましょう

というのがせん定の考え方です。

では、根はどうするの?

根も、枝と同じようにせん定します。
枝ではないのでせん定とは言わずに根の整理とか言いますね。

太い、勢いのある根を切ります
交差する根を切ります
上に伸びるね、下に伸びる根も切ります。

ね、枝のせん定とおなじでしょ。
それを植え替えの時に、同時にするのです。

どんな枝を切るのか、詳しくはこの記事をご覧ください
ミニ盆栽の剪定の方法 1|切るべき枝は?
剪定(せんてい)の実例|どうする?崩れたミニ盆栽

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る