枯れてしまったミニ盆栽を復活させる方法はある?

盆栽が枯れているのか、いないのか。
見分けるのは難しいかもしれません。

怪長(ブログ管理人)も初めは分かり
ませんでしたが、しょっちゅう枯らして
いたので少しわかるようになりました。

枯れているようで、生きている。
生きているようで枯れている。

今回は見分け方と対処法です。

スポンサード リンク

どこから見ても枯れている

そう思っても、枯れていないことがあります。

葉が茶色になって枯れ落ちても、
木は生きていることがあります。

怪長が、ミニ盆栽に夢中になった
きっかけもそれでした。

7月に枯れてしまった(と思っていた)
カラマツが翌年の春、新芽を吹いてい
るのを見て、その生命力に驚かされたからです。

ですから「枯れた」と思っても、
諦めるのは少し待ってください。

枯れたと思った時の対処法

枯れた木の枝の先の方から、折ってみてください。
ポキポキと簡単に折れるようなら、その枝は枯れています。
ポキッ
▲この枝はポキッと折れてしまいました

ほかの枝も同じように試してください。

弾力が残っていて「ポキッ」と折れない
場合は、枝切狭で切ってみてください。

切り口の中が白っぽい、茶色っぽい、
水気がない場合は、枯れています。

もし、緑色が残っているなら、そこから先、
幹の方は生きている可能性があります。

どこまで切っても、緑色にならない
場合は、鉢から外して根を見ます。

根がパラパラともろい感じで取れて
しまうものは、枯れています。

根の先がもろくても、幹に近くなるにつれ
しっかりしている様子なら、生きている可能性
がわずかにあります。

  • 枝に緑が残っている
  • 根に枯れていなそうなところが残っている

この場合は、木を鉢からすっぽり
外してそのまま土に移します。

あとは、毎朝、水をやって回復を祈るだけ。

復活する可能性は少ないですが、ゼロではありません。

2カ月ほどすると、芽が出てくることが
ありますので、待っていることが大切。

芽が出たときは、爆発的に嬉しくなります。

葉がしおれて枯れかけている

  • 水やりを忘れてしまったり
  • 夏の暑さで水きれを起こした
  • 乾燥した風に長時間さらされていた

こんな時は枯れやすいですね。
見つけたらすぐに、バケツに水を入れて、
幹までつかる程度に鉢ごと水に浸します。

数分間浸したら、涼しいところに置いて
おくと、回復することが多いです。

  • 根が弱ってしおれる
  • 根が小さいために葉がしおれる

この場合は、鉢から外して根を見てみます。

根のにおいをかいで、腐敗においがしたら、
枯れた根を取り除いて洗って植え替えます。

においがしなかったら、根の量を見てみます。

根が木のボリュームより小さいと、根が健康
でも吸収する水の量が少ないのでしおれます。

この場合は、木のボリュームが根と同じか
少し小さくなるよう切り詰めます。

樹形が崩れてしまうこともありますが、木の命を優先します。

枯れていないようで枯れている

オホーツクの内陸特有のことかもしれ
ませんが、早春の風はとても乾燥してます。

天気予報で乾燥注意報がでることもよくあります。

ゴールデンウイークが終わる
までは、毎年、空っ風が吹きます。

休日で、暖かいからと思って、棚の上に
載せると枯れてしまうことが有ります。

怪長は良く枯らしていました。

この場合、膨らみかけた新芽が生きいきとしたまま、
ドライフラワーのようになります。

枯れたか?
▲あ、この写真の木は枯れていませんが‥こんな状態です

いつまでたっても、葉が開かないので
触ってみると、ポロッと新芽がとれたりします。

ポロッととれた時は、諦めるしかありません。枯れています。
いろいろやってみましたが、復活したケースはゼロでした。

軽く触ってもポロッと取れないときは
生きている可能性があります。

鉢から抜いて、土に戻して夏まで待って
みると、復活することがあります。

春の風で枯れないようにするためには、
冬になる前に風よけの囲いを作り、
その中で越冬させるようにしています。

この記事に囲いの写真があります。
ミニ盆栽の冬囲いと究極の野ネズミ対策|オホーツクの越冬方法
オホーツクのミニ盆栽は冬眠します|5ヵ月間は雪の下

5月の連休中に新芽が開いてきますが、
風が収まるまで最後の我慢のしどころです。

とはいっても、怪長の仲間のみなさんは、
連休前に棚に上げて、毎日様子を見ながら管理しています。

怪長は日中、会社に行っているのでこの方法で。

もしかしたら、トラウマになっている
のかもしれませんが‥( ;∀;)

ネズミに食われて枝がなくなったら

鉢から外して土の中に肩まで埋めて、
水をやりながら待っていると復活してきます。

再生率50%くらいでしょうか。

土用の丑の日には新しい目が出ていると思います。
すごく小さな盆栽になります (^^♪

竜巻の中でジンギスカン

今年の5月5日は家族で北見市留辺蘂町
温根湯にあるつつじ公園に行ったのです。

目的は野外ジンギスカン。

3人前1500円?(だったかな~)を
頼んで食べていると、ものすごい風。

春の乾燥した風が、風速20mはあったでしょうか。
暴風の中、コンロの火が消えたりしました。

強風で畑の土が舞い上がり、晴れているのに
空は土で霧がかかったようになっていました。

そこに、なんと竜巻が!
あっという間に、会場の近くを流れる
無加川の水が舞い上がり、空は真っ黒。

とはいうものの、ジンギスカンを食べる
ことの方が重要なので、食べてました。

すると、どっと雨が降ってきて大慌て。

それでもジンギスカンにしがみついて食べていました。

「ミニ盆栽を棚に上げていなくてよかった」
と、つくづく思いながら‥。完食

あ~、またつまらないことを書いてしまった ( ;∀;)

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

  • 枯れたのか?<図解>ミニ盆栽の復活方法枯れたのか?<図解>ミニ盆栽の復活方法 ミニ盆栽が枯れたかどうか、確かめる方法は枝を折ってみることです。 ポキッと折れたら枯れています。折れなかったらハサミで切ってみます。 緑色が抜けていたら‥‥枯れてます。でも緑 […]
  • 五葉松を枯らしてしまった大学の先生五葉松を枯らしてしまった大学の先生   今日は、怪長の大学の恩師で 五葉松を枯らしてしまったU先生のお話しです。 ミニ盆栽の育て方ではありませんが、 盆栽ってなにかな~と考えさせられる思い […]
  • ミニ盆栽を購入した後‥どうする?事例を紹介ミニ盆栽を購入した後‥どうする?事例を紹介   今日はミニ盆栽の素材を購入したあと どのように管理をしたらよいか、 事例を紹介しながらお伝えします。 購入したミニ盆栽の素材が 植え替えもされて、 […]
  • 枯れたミニ盆栽と土用の丑の日枯れたミニ盆栽と土用の丑の日 ▲色づいたナツヅタ 先日、サギにあいました。 さいわい、犯人はすぐに逮捕されました。 その姿がこれです。 サギ逮捕の瞬間   また、つま […]
  • ミニ盆栽を枯らさない工夫|夏の対策ミニ盆栽を枯らさない工夫|夏の対策 夏は気温が上昇しします。鉢の保水力の少ない ミニ盆栽は水不足で枯れる危険と隣り合わせです。 かといって、仕事の途中で水をやりに帰って 来るわけにもいかず、心配になります […]
  • 桜盆栽の花が終わったら?剪定と植え替えの時期と方法桜盆栽の花が終わったら?剪定と植え替えの時期と方法 桜のミニ盆栽は 花が咲き終わったら、 花柄を摘み取ります。 花が散る前に摘み取るので ちょっと切ないのですが‥。 次の年もきれいな花を 咲かせるためには剪定や […]

Comment

  1. みさと より:

    写真です

  2. みさと より:

    怪長さんこんにちは
    うちの猫が長年体重かけて開けていた居間のドアがついに壊れて開かなくなったからホームセンターに来たら旭山桜がたまたまあったので写真撮って来ました。
    同じようにも少し黄色くなってるかなとも思えました。
    どうですか?

    • 怪長 より:

      みさとさん
      コメントありがとうございます。

      回答はメールの方にしました。
      よろしくお願いします。

      怪長

  3. みさと より:

    写真です。
    今日は暑いぐらいの気温になりました。
    今日旭山桜のつぼみに変化がなければ一つとって見ます(>_<)

  4. みさと より:

    つぼみがぽろっと落ちる感じはしないのですが芽の隣の枝は完全に枯れていました。

    • 怪長 より:

      みさとさん
      写真ありがとうございます。

      回答の方はメールに送りますね。

      怪長

  5. みさと より:

    旭山桜の写真です。つぼみはぽろっと落ちることはないですが隣の枝は枯れていて、根っこがはみ出しています。買って一年も経っていないですが植え替えたほうがいいでしょうか?つぼみがあるので心配でなりません。
    ダメならゴテンバザクラの方をマイ桜にしなくては
    メールの方で写真を添付する仕方がわからないのでまたこちらから送らせていただきました。

  6. みさと より:

    怪長さんこんにちは
    ロウバイの最後の花が落ちたので短く切りました。かんぬき枝の上で切りました。
    もみじの枝もすいてみました。
    まだ多いかなとも思いますが…

  7. みさと より:

    怪長さんこんにちは
    幹が緑なのは十月桜のようでした。教えていただいたように歯ブラシでこすったら桜の木肌模様が見えて来たので似ていますがこちらが桜だと思います。右がきれいにした方です。ついでに前の方がかけていた針金、2年も経っていると言うので外したところ、一本折ってしまいました(T_T)
    長寿梅は終わった花がらを摘み取って、可愛かったけど雑草も摘み取ってスナゴケちょっぴりつけましたがいらないかな(≧∇≦)
    もみじは枝を下げてみましたが、折れたかもしれません(T_T)
    細くてしなやかと思いきや、簡単に折れます(T_T)針金で戻しておいたけどつくかなあ(>_<)

    • 怪長 より:

      みさとさん
      コメントありがとうございます。

      長寿梅きれいですね。

      針金を外すときは、ほどくのではなく、
      専用の針金切りかニッパーで細かく切って
      ハラハラと落ちるようにして外します。

      でもこの枝は、すでに枯れていた感じがしますね。

      雑草は抜き取って正解です。
      スナゴケはちょっとのせても問題ないですよ。
      なくてもいいですが、あった方がアクセントになります。

      モミジの枝は、意外に言うことを聞いてくれません。
      少しずつ、曲げていくといいのですが‥‥‥‥。

      枝はミシッっという感じがしても
      木が元気ならくっつきます。

      あと、枝が多いかもしれません。

      練習のつもりでせん定いてみてはいかがでしょうか。

      また、コメントください。

      ありがとうございました。

      怪長

      • みさと より:

        怪長さんこんにちは
        もみじ枝多いですよね(>__<)
        二股に二股にしていくと本で読みましたがどれも二股になっているし
        少しスカスカにしてみようかと思います。
        十月桜の木の苔見たいのは病気だったんですか?

        • 怪長 より:

          みさとさん
          コメントありがとうございます。

          お返事遅くなってすいません。
          種プレゼントしたら、すごい応募が来て爆発しました。

          紅葉は枝の先の芽と
          その下の芽の間からは芽が出ません。

          でも、元枝があったところや
          今は枝がなくても、節だったところからは
          芽が出ることがよくあります。

          やってみると分かるようになります。

          おもしろいですよ。

          桜の緑の苔みたいなのは病気ではありません。

          軽くきれいにしてあげると、木が喜びます。

          またコメントください。

          ありがとうございました。

          怪長

          • みさと より:

            こんにちは
            ロウヤガキあまりに枝が入り組んでいて枝が枝を邪魔してるように伸び放題のものがたくさんあったし
            高さも低くしたかったので切ってみました。
            まだ手のところのように太い枝をよけて伸びているものがありますが。
            枝が固くて針金は怖いのでもっと切ってしまおうかと思っています。雌雄ないとダメだそうでこれは一つしかないので紅葉を楽しむぐらいしかないだろうから…
            駄温鉢も重すぎるので小さくしたいと思っています。
            怪長さんのブログにあったようにノネズミさんでもいたらなあ(≧∇≦)
            右下は植え替えをしなくてはならない梨です。根元にいい苔が生えています。化粧砂も貴重です。残したいものです。

          • 怪長 より:

            みさとさん
            こんにちは
            コメントありがとうございます。

            針金をかけずに作る方法もあります。
            ちょっと高度ですが、ハサミづくりと言います。

            外芽と内芽見極めて剪定していくと
            かなり、変わってきます。

            新しい枝がどこからでるか、
            予測できるとハサミづくりが可能です。

            梨の写真ですが、
            右奥のは苔ですが手前のは雑草かも。

            ピンセットで抜いてみて、
            根がついていたら雑草なので
            全部取ったほうがいいです。

            化粧砂はきれいですよね。

            でも、本当の役割は2つあって、

            ・植え土が乾きすぎないようにする
            ・水をやりすぎないようにする

            なのです。

            植え土と同じ用土で、
            植え土より小さくて微塵のないのを作るんです。

            怪長は微塵を取り除くのに
            台所にあった細かい篩を使ってカミさんに怒られました。( ;∀;)

            怪長

      • みさと より:

        ぎょぎょ‼️
        あれは苔ではなく雑草❓
        ピンセットで抜いてみたら根のようなものが((((;゚Д゚)))))))

        • 怪長 より:

          みさとさん

          ロウバイとモミジ良くなりましたね。
          いろいろとやっているうちに分かってきます。

          もっとわかって来たら
          もっとうまくできるようになります。

          楽しみですね。

          苔にも根はありますが、
          仮根といって短くて細いです。

          綿毛のような感じですが、
          雑草の根は白っぽくて長くて丈夫です。

          雑草は木の養分を横取りしたり
          水はけを悪くするので退場してもらいましょう。

          ありがとうございました。

          怪長

  8. みさと より:

    怪長さんこんにちは
    デスクトップでお知らせしたものです。
    左上が梨
    下が十月桜
    右上が清姫もみじと書いてありました。
    下はロウバイの苗を買ったもので右が下から二つに分かれている苗で隣は別の根のようで送られてきたまま鉢に移しました。まだ10センチもないので曲がりをつけて見ました。

    • 怪長 より:

      みさとさん
      コメント、ありがとうございます。

      写真とナシの育て方、
      清姫のせん定とかは
      メールの方に写真と一緒に送りました。

      ありがとうございます。

      怪長

  9. みさと より:

    怪長さんこんにちは
    左のロウバイですが本で見る忌み枝ばかり目につきます。縦に向いていたので針金で修正している枝も反対側からも出ているしその上もかんぬき枝だし、針金の下は正面から出ている突き枝です。
    上から10センチくらい切ってしまおうとも思ってますがろくな枝がないので途方に暮れています。
    右上はロウヤガキで実をとる時期だというの全部取りました。枯れてるっぽい枝だけ切りました。これは枝が多すぎですかね。
    下は長寿梅が満開になってきました。
    盆栽教室で初めて作ったもので黒竜共々元気です。
    雑草も可愛くて抜けません(≧∇≦)
    冬至梅は花が咲いた枝を下から一目残して切った所です。

    • 怪長 より:

      みさとさん
      こんばんは
      怪長です。

      長寿梅、かわいいですね。
      でも、ザッソウちゃんは抜いたほうがいいです。

      ロウバイですが、
      写真送りました。

      楕円で囲んだところに芽があると思います。
      芽だったら生かすことができます。

      それから、正面は後々変わるので、
      向きをかえることができたら、
      突き枝ではなくなります。

      みさとさん、
      だんだん詳しくなってきましたね。

      分からないことがありましたら、
      どんどんメールくださいね。
      お待ちしております。

      怪長

  10. みさと より:

    もみじとロウバイを少し切ってみたのですがロウバイはたしかに間延びして見えるのでもう少し小さくしてもいいかなとも思います。
    もみじは枯れてるっぽい枝だけ切りました。

    • 怪長 より:

      みさとさん
      写真とコメントありがとうございます。

      針金かけお疲れ様です。
      この続きはデスクトップに送りますね。

      怪長

  11. みさと より:

    怪長さん
    今、梅の植え替えと梅と桜の針金掛けをしました。
    ついでに駄温鉢から焼き物の鉢にしてみました。土もふるいにかけ、ネットも根止めもして
    針金までやってみたので心がドキドキでクタクタです。
    デスクトップに続き書きます。

  12. みさと より:

    こんにちは
    ロウバイが満開になりました。
    梅は切って切って育てるそうですがこれの切り場所もお時間とれたら教えてください。

    • 怪長 より:

      みさとさん
      コメントたくさん
      ありがとうございます。

      お返事遅くなってすいません。
      思いっきり風邪ひきました。

      ◆1月22日・23日のコメント
      ウメの切りつめこれでいいです。
      うまくできてます。

      ライブは飛び入りが来て
      盛り上がりました。

      ◆1月23日の2つめのコメント
      あとで、デスクトップにメール入れておきます。
      デスクトップからお返事ください。

      ◆1月24日のコメント
      なんの木か分からないので、
      春まで待ってみましょう。

      もし、芽も何も出なかったら
      この記事参考にしてみてください
      枯れたのか?<図解>ミニ盆栽の復活方法
       

      ◆1月26日のコメント

      ウメの花と樹形を両方保つのは、けっこう難しいです。
      花がおわったら、葉芽を2つ残して切りつめます。

      葉芽は、花芽より小さい芽です。

      デスクトップに、切るところ書いて送りますので
      すこし、待っててくださいね。

      よろしくお願いします。

      怪長

  13. みさと より:

    怪長さんこんばんは〜
    デスクトップの方に映像が来ていましたので梅をばっさり切り詰めました(^_^)
    土は
    盆栽の土というのをネットで購入しましたのでそれから植え替えます(^_^)
    ライブは燃え尽きたでしょうか?
    お疲れ様でした(≧∇≦)

  14. みさと より:

    怪長さん
    冬至梅が満開になりました。
    報告だけです。返信は不要です。

  15. みさと より:

    怪長さん
    見てください‼︎
    もみじの新芽が開きました‼︎
    かわいいかわいい(^o^)
    怪長さんのアドバイスで鉢をドブンとつけて生き返ったようです(^o^)
    ありがとうございました(^o^)
    あとはあの葉っぱのない子が…
    毎日声をかけて見守っています(^o^)

    • 怪長 より:

      みさとさん
      写真、ありがとうございます。

      もみじ、とてもきれいになりましたね。
      鉢の土も黒いところがなくなって、いいですね。

      あとは、毎日声をかけてあげると
      もみじは喜びます。

      紅葉したら写真、送ってください。
      たのしみにしてます。

      ありがとうございました。

      怪長

  16. みさと より:

    怪長さんにアドバイスいただいたとおりやったらなんともみじに新芽が出てきました(^O^)
    残した手のひらが濃い色だったので光合成頑張れたのかもしれません(^O^)
    土ですが
    こけが枯れて腐ったのかもしれません。はがしてしまっほうがいいでしょうか?
    葉のない方はこの台風で転げ偶然根が見えましたが
    腐っている感じではなかったのでそっと埋めもどしました。
    ともあれもみじはふっかつの気配見せてくれました(^o^)ありがとうございました(^o^)

    • 怪長 より:

      みさと さま

      みさとさん、
      良かったですね!

      すごくうれしいです。( ̄▽ ̄)

      写真拝見しました。
      水はけが悪くならないように
      苔の黒いところは取ったほうがいいです。

      用土が少し減ったら
      ふるいにかけて粒を2ミリ程度(だいたい)
      にして、足しておくといいです。

      あとは、今のままで様子見てください。

      メールありがとうございました。

      よかったです。

      怪長

  17. みさと より:

    たびたびすみません
    雨が降りすぎです(>_<)
    弱っているもみじと貰った枯れ盆栽、屋内に避難させた方がいいでしょうか(>人<;)

    • 怪長 より:

      みさとさん
      写真ありがとうございます。

      モミジの葉はこんな感じでよいですが、
      カサカサになった原因は
      土にあるかもしれません。

      水はけが良くなさそうです。

      雨の下に置いて
      水があふれるようなら
      かなり良くないです。

      普通はあふれませんので、
      どちらも雨の下に置いてください。

      もらった方は、
      葉がないので分かりませんが、
      ヤマブドウのような感じです。

      これからの対応ですが
      日当たりの良いところに置いて
      水を毎朝たっぷり上げてください。

      土の表面が乾いたら
      また、たっぷりと水をあげてください。

      たっぷりとは
      鉢の底穴から水が流れるまで
      ジョウロデあげるのです。

      あとは、静かに見守るのみです。

      モミジは枯れるほど弱っていないと
      思いますが、カサカサが進むようなら
      メールをください。

      葉のない方は危ないかもしれません。

      まず、人間の心を静めるのが先です。

      越冬するときは
      寒い風に当てないように
      室内に置かず、ムロで冬を越します。

      人間の住む部屋に入れると枯れます。

      春になったら、
      紅葉を植え替えます。

      葉のない方は
      様子を見て必要なら植え替えます。
      多分、植え替えしないと思います。

      重要なのは
      根が腐らないようにするために
      ・用土の表面が乾いたらたっぷり水をあげる
      ・日当たりの良いところに置く
      ・室内には置かない
      ・風通しの良いところに置く
      ・冷房の室外機のそばに置かない

      以上です。

      健闘をおいのりします。
      分からないことがありましたら
      いつでもメールください。

      怪長

  18. みさと より:

    葉っぱの切る前です
    葉っぱの先がカサカサになってしまいました(>人<;)

  19. みさと より:

    怪長さん
    アドバイスありがとうございます
    こちらからなら写真が送れるかもしれません
    もらったほうはこれです

    • みさと より:

      怪長さん
      ご無沙汰していました。
      夏にアドバイスいただいたもみじ、紅葉はイマイチでしたが苔を貼っておしゃれしました。

      • みさと より:

        写真はこれです。
        いい苔を見つけました。

        • みさと より:

          冬至梅はつぼみをたくさんつけてきました。こちらにも苔を貼りました。

          • 怪長 より:

            みさとさん
            コメントと写真、
            ありがとうございます。

            青々としていい苔ですね。
            苔があると、グッとよく見えていいですね。

            12月でも苔、あるんですね。
            怪長のいるオホーツクは
            苔もカチカチにしばれてると思います。

            というか、雪の下なので
            見ることすらできません。

            羨ましいです。(^-^)

            ありがとうございました。

            怪長

          • みさと より:

            もみじの紅葉はこんな感じでまだらです。何がいけなかったのかな(>_<)

          • みさと より:

            しかも夕べの台風のような風と雨ですっからかんにボウズになってしまいました(T_T)
            このあとは剪定ですか?

          • 怪長 より:

            みさとさん

            奇麗な紅葉が見られなくて
            残念ですね。

            こういう時もあります。

            葉の取れた後に
            来年の芽がついていると思います。

            せん定は2月までの間にします。
            せん定の方法をメールでお送りしますので
            参考にしていただければ幸いです。

            怪長

          • みさと より:

            こんにちは
            メールが届いてないのでご連絡しました。
            ゴテンバザクラもつぼみをつけていますがまっすぐひょろりと伸びているので針金かけが必要かもしれません。お時間が取れましたらまた教えてください。それでは良いお年を〜。

    • みさと より:

      怪長さん
      これは梅干しの種を捨てたら出てきたと持ってきてくれた方がいてとりあえず植えて見ましたがどんなふうにしてあげればいいですか?三年目だそうですが花は咲きそうもなく、細い枝が伸び放題です。

      • 怪長 より:

        みさとさん

        コメント、ありがとうございます。

        桜と梅の植え替えとせん定です。
        写真はメールでお送りします。

        【桜の植え替えとせん定】

        ◇せん定

        桜をこのまま育てると
        枝の先が伸びて盆栽にならなくなります。

        幹は太さが1センチくらいでしょうか?
        針金で幹に曲がりをつけるのは難しそうですね。

        幹の下の方にある芽を育て
        樹形を作ってみてはいかがでしょう。

        花芽が枝の先についていると思いますが、
        樹形を先に整えるのでしたら
        花が咲く前に枝を短く切ります。

        今年は花を楽しむことはできないですが、
        枝を整理しないと、変な形の木になります。

        もし花を見てからとお考えでしたら、
        花後に枝を切り詰めます。

        ◇植え替え

        花が終わりかけたら
        植え替えます。

        用土は赤玉土8割
        桐生沙2割
        これに腐葉土を少し加えてください。

        それぞれふるいにかけて
        ゴロ土4~6ミリ、植え土2~3ミリ
        に分けて、ごろ土を鉢底に入れて、
        植え土で植えつけます。

        植え替えの時は根の整理を行います。
        根頭がん種病が起きていたら清潔なハサミで切り
        切り落とした根はすべて焼却します。

        5月から6月にかけて葉が揃ったら
        せん定を行います。

        桜は枝を切ると、菌が入って腐枯しやすいので
        せん定には消毒したはさみを使い、
        枝に直角に切り、切り口に融合剤を塗ります。

        枝を切る場所は
        だいたいの位置を写真にしるしておきます。

        ◇切る場所は、芽の上です。
        写真ではよく見えないので
        切る前に見てください。

        【梅の植え替えとせん定】
        ◇植え替え

        この鉢は、
        畑の土がそのまま入っていますので
        必ず植え替えをしてください。

        植え替える時期は
        芽が動く前です。

        花の咲く時期よりも前で、
        芽が膨らむ前におこないます。

        2月上旬から中旬になるかと思います。
        花が咲いてしまったら
        花後、すぐに植え替えます。

        鉢から抜いたら
        畑の土はすべてシャワーで
        きれいに洗い流してください。

        次に、太い根を切り
        細い根を残します。

        絡んだ根は傷めないようにほぐし、
        必要なら切ってください。

        根は半分以下に切っても大丈夫です。

        ◇せん定

        枝は短く切ります。
        切る目安を写真に記しておきます。

        葉が出る芽の上で切ります。
        写真ではよく分からないので
        よく見てください。

        この梅も、このまません定と植え替えをしないでいると
        盆栽にはなりません。

        幹がまだ太くないので針金かけはできます。

        用土は、桜と同じでいいです。

        ご健闘をお祈りします。

        怪長

        • みさと より:

          あけましておめでとうございます
          ご丁寧なアドバイスありがとうございます
          確かにゴテンバザクラは下の方に芽が出ているのでそれを残して上の方はお花が咲いたらまた切り詰めます。これでも最初に買った時より10センチも切り詰めたのですが(>___<)
          冬至梅が咲きそうです(≧∇≦)

          • 怪長 より:

            みさとさん

            コメントありがとうございます。

            冬至梅のつぼみかわいいですね。
            真冬に花が見られるなんてうらやましいです。
            オホーツクは同じ白でも雪ですから。

            また、コメントください。
            お待ちしてます。

            怪長

    • みさと より:

      もらったなんの木かわからない盆栽ですがあいかわらずなんの気配もないので少し先を切ってみましたが、緑は残っています。
      怪長さんのブログを読んだところ根の通気性を良くすることとあったので、置いてあった石もどかしてみました。水やりは、乾いたらメネデール100倍を与えています。上の枝がちょっと切ってみたところです。緑ですよね(≧∇≦)

  20. みさと より:

    怪長さん
    アドバイスありがとうございます
    こちらからなら写真が送れるかもしれません

  21. 美根 より:

    はじめまして
    現在イギリスに住んでいるものです。
    イギリスの園芸ショップで 外国人の主人がツゲの盆栽に一目ぼれをして
    初めてこの冬に購入してきました。
    購入当初 新芽が出てきていましが、私が根腐れを恐れ水をあげなかったせいか、またはずっと部屋の中の窓際に置いていたせいか 葉っぱがカサカサ(カラカラです)になってしまいました。
    膨らんでいた黒い実もしぼんでしまいました。
    怪長さんのブログの中で 「ぽきっと枝が折れるとありましたが・・・・」
    私のツゲはまだぽきっと折れません。枝の芯は茶色ではなくかすかに緑がみえる気(気じゃだめですよね)でも、葉っぱはカサカサ状態です。

    他の質問者のモミジの方 同様、ツゲもカサカサ葉っぱはそのままつけておいてよいのでしょうか?
    水は1日一回朝あげるようにしようと思っています。(以前は3日に一回でした)
    我が家はベランダがなく 外の風に当てる場所がありませんが
    少し離れた場所ですが畑(野菜用今時期は 畑も休み中)があります・・・・ですが このイギリスのほぼ毎日曇り空と 雨空の下に植え替えに行くべきか悩んでいます。
    毎日行けるわけではないので なんだか植えに行くのは 今は早いのではないかとか…
    色々考えます。ちなみに 一緒に植えてある苔はまだ元気に緑色です。

    突然のメールでの質問で大変恐縮ですが、ご伝授下されば幸いです。
    何卒よろしくお願い致します。

    美根

    • 怪長 より:

      美根 さま

      はじめまして
      怪長の粟谷明弘です

      メールいただきありがとうございます。

      ツゲ、心配ですね

      ・水をあげなかったこと
      ・室内に置いていたこと
      この二つが原因です。

      ツゲはひん死の状態かと思います。

      そのまま枯れる可能性は
      90%と思ってください。

      ===対策です===

      今できる最良の方法は、

      野菜用の畑のどこかに

      ◆鉢からすっぽり抜いて
      ◆土をほぐしたりせず
      ◆そのまま土に植えてください

      鉢の土の表面と、畑の土の面を合わせて、
      畑から木が生えている感じにしてください。

      畑の土はなるべくほぐしてください。

      ◆鉢の周りに風をよける塀を作ります。

      木の高さより少し高い程度で
      板で囲うような簡単なものでよいです。

      イメージとしては
      ミニ盆栽はどう冬を越す|まさか雪の下では?

      の冬囲いのような感じです。

      あとは、ツゲの生命力に期待するしかありません。

      ・春に復活しなくても、あきらめないでください。
      ・夏になると復活することがあります。
      ・翌年の春に復活することもあります。

      ・晴天が続いて畑の土が乾くような時に
      水をあげる程度で、基本的には放置します。

      ◆葉は取らないでそのままでよいです。

      ===対策は以上です===

      ◆解説

      盆栽は鉢の底に穴が開いていて、
      水が抜けていきます。

      土は専用の「用土」を使用するので、
      通常は根腐れを起こすことはありません。

      ただし、畑の土を鉢に入れた場合は
      根腐れを起こすことがあります。

      植え替えをせずに根が弱ったままだったり、
      用土が古くなって水はけが悪くなっていたら
      根腐れを起こすことがあります。

      その場合は、植え替えをしなければなりません。

      家の中は、木にとっては
      季節を問わず過酷な環境です。

      ◆お願い

      枯れてしまったとしても
      ガッカリしないでください。

      木は人間より〝人間〟ができていますから、
      許してくれます。

      木は無言でさまざまなことを人間に教えてくれます。

      怪長もたくさん枯らしてしまいました。
      そして、いろいろ教わりました。

      失敗してもまたチャレンジしてください。

      ご健闘をお祈りします。

      怪長

      • 美根 より:

        栗谷怪長様

        ご伝授ありがとうございます。
        初心者中の初心者の私の質問にとてもわかりやすく書いてくださり、
        感激しております。
        この冬を乗り越えて このツゲが頑張って
        復活してくれることを祈って
        さっそく明日 畑に持っていきます
        諦めずここから再チャレンジしてみます。
        これからもブログを楽しみにしております。
        ありがとうございました。

        美根

        • 怪長 より:

          美根 さま
          コメントありがとうございます。

          もし、ツゲちゃんが生き返ったら写真を送ってください。
          怪長のブログで、みんなで大騒ぎしましょう。

          ご主人様ともに、お体を大切に。

          ありがとうございました。

          怪長

  22. sunk より:

    怪長さま
    はじめまして。北海道士別市に住んでいるsunkと申します。
    今月6日に地元のホームセンターで値引きされていた紅紫檀のミニ盆栽を購入しました。
    ただ、住んでいるアパートが2階で、ベランダが壊れていて使えず、
    外に出すには玄関先の通路しかなく、棚をどうすればいいのかわからず
    駄目だと知っていながら室内で管理しておりました。
    買った当初からカサカサして触ると落ちるような葉が付いていたり、
    元気のない様子だったのですが、9日(本日ですが)先の方の細い枝を切ってみたところ
    中は茶色く枯れているようでした。ためしに根の近くの少し太い枝も切ってみたのですが
    緑の部分が見えましたのでかろうじて生きているのかと思い、なんとかしたい衝動で
    家の中からプラスチックの簡易棚を見つけ、それを通路の柵にくくりつけ盆栽を外に置く事にしました。
    来週17日には旭川にある実家へ行く予定なので、実家の庭を借りて
    怪長さまのされていた冬越しを試みようと思っております。
    そこで質問なのですが、地中に鉢を埋める前に根の確認をした方がいいでしょうか?
    またその時に注意することなどございますか?
    質問ばかりで申し訳ございませんがご教授いただければ幸いです。

    • 怪長 より:

      sunk さま
      コメントありがとうございます。

      6日から4日間、
      室内に置いていたのですね。

      値引きされていたのであれば、
      すでに弱っていた可能性があります。

      ただ、今は秋なので葉を
      落とす時期でもあります。

      現在、屋外にあるのでしたら
      そのまま毎日、用土の表面が乾いたら
      たっぷり水を上げてください。

      枝を切って芯が茶色とのことなので
      その枝は枯れていると思います。

      実物を見なければ細かい判断は
      難しいですが、根は生きているようですね。

      鉢のまま越冬させると枯れる
      危険があるので、できるなら、
      実家の庭をお借りして、鉢から外し
      そのまま、土の中に植えてください。

      その際、根はほぐさないでください。
      風を避けるため、周囲を板で囲ってください。
      立派な囲いでなくていいです。

      来年の春、新しい葉が出てきたら、生きています。

      そのまま、1年、庭で元気を取り戻して
      あげてください。

      再来年の春、5月の末に鉢に植え替えます。

      もし、来年の春に葉が出なかったら、
      枯れた可能性が高いです。

      でも、木は枯れたと思っても
      生きていることがあります。

      もし、分かりにくかったら、
      a.awaya.abo☆outlook.jp
      ☆を@に変えてメールをください。

      携帯番号を送ります。
      遠慮なく、お気軽にご連絡ください。

      怪長

  23. 茂呂 より:

    こんにちは。
    私は最近出かけ先の花木センターで一目惚れをし、ミニ盆栽を始めました。
    しかし先日数日家を空けてしまい、2日ほど盆栽に水をやり忘れてしまいました。
    帰ってみて葉の先の丸まったもみじをみて驚愕し、焦りながら解決策を調べていたところ、当ブログを見つけさせていただきました。
    とりあえずバケツに鉢を数分間浸す処置を取らせていただいたのですが、枯れかけている葉はこのままにしておくのがいいのでしょうか。それとも回復のしなさそうなものは切ってしまうのがよろしいのでしょうか。
    突然不躾な質問してしまい申し訳ありません。どうかご教授をお願いいたします。

    • abonsai より:

      茂呂 さま

      コメントありがとうございます。

      葉が縮れたモミジはミニ盆栽ですね?

      >枯れかけている葉はこのままにしておく?
      >回復のしなさそうなものは切る?

      とのご質問ですね。

      葉はそのままにしておいてください。

      復活するかどうかは、はモミジの
      生命力に頼る意外にありませんが、

      次の方法を試してください。

      今の盆栽の鉢より2回りほど大きな鉢を
      用意して、鉢底ネットを敷いて、赤玉土を
      半分くらいまで入れます。

      赤玉土はフルイにかけて2~3ミリの
      大きさにそろえておきます。

      モミジを盆栽の鉢から抜いて
      根をほぐさないようにして、
      赤玉土の上に置きます。

      そのあとにモミジの根が埋まる
      程度に赤玉土を足して入れます。

      あとは、毎朝、たっぷり水をあげて
      通常の管理をします。

      強い直射日光は避けてください。
      西日も避けてください。
      遮光ネットで覆うだけで十分です。

      モミジは生命力の強い木です。
      復活して元気になったら
      来年、植え替えします。

      もし、枯れてしまっても

      茂呂さんの経験として後々、役に立ちます。
      がっかりしないでくださいね。

      自慢じゃありませんが‥
      怪長は、しょっちゅう枯らしてました。( ;∀;)

      お気軽にコメントください。
      お待ちしています。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る