ミニ盆栽ブログにもリファラスパムが来たので退治したわ

著作者: Vector Open Stock
ミニ盆栽は国際的なのか?というタイトルの記事(2015年3月4日付)で、いろいろな国からアクセスがあることを紹介させていただきましたが、その中に「リファラスパム」と呼ばれる偽のアクセスがあることが分かりました。ミニ盆栽でいうと、アブラムシのようなものなので、退治しちゃいました。

あなたは「どこから」来たの?

怪長(ブログ管理人)は、Google Analytics というアクセス解析ツールをこのブログに設置しています。
アクセス解析を見ると、今日は何人が訪問してくれたとか、どの記事を読んでもらえたかなど、いろいろ分かるようになっています。

どこの国、地域から訪問してくれたかも分かりますが、あなたが誰かは分かりません。
たくさん来てくれた時は、嬉しくなります。少ない日はへこんだりもします。

検索されたキーワードも分かるので、あなたがどんなことを知りたいのか想像して記事を書いたりもします。

リファラとは?

ミニ盆栽の作り方のブログに来る前に、あなたがどこのサイトにいたかがURLで分かるようになっています。そのURLがリファラです。

グーグルで検索したのか、Yahoo!知恵袋からか、ブログ村や人気ブログランキングから訪ねてくれたとかが分かるので、怪長もリファラをたどってあなたのいたサイトに行ってみることもよくあります。

行った先のサイトに、このブログのURLとか名前とか、リンクが張られていたら嬉しくて小躍りしてしまいます。
パソコンの前で怪長はニコニコしているわけです。

リファラスパムとは?

人間ではないロボットのようなものが、URLを残して行ったり、偽のアクセス数などのデータを残していく行為です。

怪長のように、URLをたどって行く人がプチ騙されてしまうことがあります。
行った先のサイトが変なサイトだったり、そもそも表示されなかったりするのです。

サイトの宣伝目的で、リファラを残すシステムを動かしているようですね。
外国のサイトだそうです。

なぜリファラスパムだと分かったか

アクセス解析の示すリファラは、こんなふうに表記されます

  • detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(Yahoo!知恵袋) 
  • flower.blogmura.com(ブログ村 花・園芸ブログ)
  • blog.with2.net (人気ブログランキング )

ところが、最近、

  • simple-share-buttons.com
  • site39.simple-share-buttons.com

というリファラが表示されるようになり、行ってみようとしたら
「このウェブページにアクセスできません」と表示されるので、ちょっとググってみました。

「文武両道」というブログのこの記事
リファラースパムに困っている人必見!対策方法の設定を紹介しますで教えていただきました。
退治の方法も書いてあったので、さっそく実行しました。
文武両道さま、ありがとうございました

リファラスパムはどれくらい来たか

3月15日から4月13日までの1カ月間で213件です。外国からのアクセス数424件の半分です。
被害はありませんでしたが、外国からのアクセスがたくさん来た、と喜んでいたのがすこしがっかりしました。

まあ、でも、半分は外国から来てくださっているので嬉しいです。

アブラムシはえらいけど‥

アブラムシと例えましたが、アブラムシも一生懸命生きています。
ミニ盆栽にとって害なので退治されてしまいますが、アブラムシはそれなりに真剣に生きています。

それに比べてリファラスパムは、真剣なのでしょうが動機がちょっと困りものですね。
だって、もとをただせば人間でしょ。

「そんな暇があるならミニ盆栽やってみなよ、おもしろいから」って思っちゃうんですけど。

今日は変な記事ですいません。( ;∀;)

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

“ミニ盆栽ブログにもリファラスパムが来たので退治したわ” への2件の返信

    1. Thank you for your comment (^^♪
      この返信であってんのかな~。
      すべってなければいいんだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。