根上がり・根洗いミニ盆栽の作り方

根が露出した樹形のことを
根上り、根洗いといいます。

「なぜこうなるの?」って
不思議な感じがしますよね。

今回は根を露出させたミニ盆栽の
作り方をお伝えします。

根上りと根あらいの違い

根上りはなぜできる

古い森では、寿命を終えた大木が
倒れて苔むしているのを見かけます。

そのコケから、木の幼木が育って
いるのを見たことはありますか?

それが、根上りの始まりです。

やがてその幼木は、コケがため込んだ
水を得ながら根を伸ばし、根の先端が大地に届きます。

それから数十年を経て木は大きくなり、
倒木は微生物に分解されて土になり、消えていきます。

新たに育った木の根元には、かつて
倒木のあったところが隙間になり、
隙間の上に木の幹、隙間の下に大地が広がります。
この姿を再現したのが根上りという樹形です。

根洗いはなぜできる

木を支えている大地。

ところが、何年かに一度の大雨や河川
の氾濫で、根元の土砂がさらわれたり、
侵食して根がむき出しになってしまうことがあります。

この場合、根上りのような隙間がありません。

網の目のように張り巡らされた根が
そのまま幹を支え生きています。

そんな姿を再現したのが根洗いです。
※草物を鉢から抜いてつくるのを根洗いといいますが、それとは違って、盆栽の場合は根の面白さを鑑賞します。

根上り、根洗いの作り方

根を育てる

根上りも根あらいも共通して最初にすることは、根を育てることです。

通常は植え替えの時に、長く伸びた
根を切り詰めたり、重なり合う根を
八方に伸びるように整理しながら、
根を長く伸ばさないようにしていき
ますが、根上り、根洗いを作るときは根を長く育てます。

育て方の違い

根上り⇒長く伸びる根を切らず、伸びるままに育てる。
値洗い⇒太い根を切り詰めて細い根を増やしながら根を伸ばしていく。

根の上部を露出させる

根上り⇒伸びた根の上、3分の1ほどを露出させて植え替えます。
露出させたところに倒木(太めの木の枝)を挟んでおきます。

根洗い⇒植え替えの際、土の上半分を
丁寧に取り除き、下半分を大きめの鉢に植えて育てます。

露出した根で木を支えられる程度にしておきます。

※どちらも、根を露出させて植え替えます。
幹の根元から上の樹形も考りょして、
特に木の“流れ”を失わないようにします。

幼木から根上りを育てる

自然界の根上りをあまり意識しないで作ってみましょう。
根上り0002

実生(みしょう)苗=種から育てた
幼木をホースに植え替えます。

ホースは10㎝ほどに切っておきます。

ホースに植えつけたら、ホースごと鉢に植えます。

2年ほど普通に育てます。

次の植え替えの時にはホースを
ハサミで切り開いて用土を払うと
根上り状態になっています。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

“根上がり・根洗いミニ盆栽の作り方” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。