オホーツクのミニ盆栽は冬眠します|5ヵ月間は雪の下

オホーツクに本格的な冬が来ました。雪をかぶったミニ盆栽たちは長い冬眠に入ります。それは試練の始まりでもあります。雪解けは来年の4月中旬。それまでミニ盆栽たちは、どんな試練を乗り越えるのでしょう。

うっすらとミニ盆栽を覆う雪。寒そうですね~。
でも、オホーツクに住む人々にとって、この風景は暖かい風景なのです。
な、なんで?

オホーツクの木は寒さには強い

雪が降るときは空が雲で覆われています。地上の熱は雲に遮られてどこにも逃げず、気温は下がらないのです。
ところが、雲がない晴れた日は、放射冷却現象といって地上の熱がどんどん空に逃げて行き、気温はぐんぐん下がります。

12月にはいると、マイナス10度Cを下回るようになります。
ミニ盆栽の上には、まだ数十センチの雪しかありませんから、もろに寒さが襲います。

でも、このあたりで育つ木は平気なんですね~。これで枯れていたら周囲の山々の木々に笑われてしまいますよね。

それでも乾燥には弱い

問題なのは乾燥です。

気温が下がると待機中の水分はみんな凍って地上に落ちます。空気はカラカラに乾いています。

乾燥した空気がミニ盆栽にあたると、枯れる最も大きな原因になります。

ミニ盆栽を雪と風の当たらない小屋の中に入れたとしても、乾燥した空気はどこからでも入ってきて、ミニ盆栽から水分を奪い取っていきます。

雪の中は空気が動きませんから、乾燥していても水分が奪われ続けることがありません。氷点下で一定の湿度を保つのです。

つまり、雪はミニ盆栽を乾燥から守るのです。

もし、寒さに弱いミニ盆栽を持っていたら地下1m以下のところにムロを作って、そこで冬を越すのが安全策です。

年が開けて1月になると雪はどんどん降り積もります。もし、ミニ盆栽が軒下にあったらなら、屋根から落ちた雪で枝が折れたりします。

このため、雪の落ちて来ない場所を選んで囲いを作り越冬させます。

春の風からミニ盆栽を守る

囲いは雪が積もっている間は何の役にも立ちませんが、4月の中旬から雪が解けはじめ、ミニ盆栽が少しずつ見えるようになると威力を発揮します。

春の乾燥した風から守るのです。

春の風も乾燥していますし、風速が早いので、盆栽にとっては驚異です。

このころになると、新芽も膨らみ始めますが春の乾燥した風に当たると、そのままドライフラワーのように枯れてしまいます。

ミニ盆栽の周りの囲いがあるだけで相当違います。

春のからっ風は、5月の連休あけころまで続きます。すでに新しい葉がで初めて、枝にかわいらしい緑が増え始めますが、油断は禁物。
じっと風が止むのを待つのです。

会社が休みで時間はたっぷりあるのに「ミニ盆栽に触るのは待ちなさい!」というわけです。イライラ

3月に剪定しするとしたら

剪定は新芽が動く前が適期と言われていますが、オホーツクでそれをしようとしたら、深い雪をほっくり返さなければなりません。

できなくはありませんが、もしやったとしたら……ん~ん
・ミニ盆栽をひとつ掘り出すまでにヘトヘトに疲れる。
・剪定をしているうちに、人間がしばれる。
・かみさんに「なにバカなことしてんの」と言われる。
・野ネズミに「じゃまだ!」と言われる。
そんな感じでしょうか。

あ、野ネズミも3月末ころからミニ盆栽を狙っています。

野ネズミの被害はこちら
野ネズミは剪定の天才?|ミニ盆栽の樹形を一瞬で変える
防止対策はこちら
越冬中のミニ盆栽の最大の敵とは?|野ネズミ対策

に書いておきましたので、どうぞ。(^O^)

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る