ミニ盆栽の冬囲いと究極の野ネズミ対策|オホーツクの越冬方法

ミニ盆栽の越冬準備をしました。

怪長(ブログ管理人)の住んでいるオホーツクは
気温が氷点下20以下になる日もありますが、
ミニ盆栽たちは酷寒の冬を雪の中で越すのです。

ミニ盆栽の冬囲い

雪の下のメリット

以前書いた記事
ミニ盆栽はどう冬を越す?|まさか雪の下では…
で紹介しましたが、雪の下で冬を越す
最大のメリットは乾燥を防ぐことです。

気温が下がるほど大気中の湿度が下がるので
雪の屋外は乾燥して非常に危険というわけです。

雪も乾燥していますが、雪の中だと
風がないので、水分を取られずにすみます。

木の板で周りを囲むのは3月中旬から5月上旬の
雪解け時期の乾燥した風を防ぐため。

乾燥した風は5月の連休を過ぎるころまで
吹くので、連休が明けるまではこのままです。

寒くても枯れないの?

雪の中は常時、氷点下ですから
カチンカチンにしばれています。

それでもオホーツクの木は寒さで
枯れることはまずありません。

怪長のミニ盆栽はすべてこの地で育つ木
なので、ムロを持っていません。

ムロがないから寒さに強い木しか持たないのか、
寒さに強い木だけだからムロを作らないのか、
よくわかりませんが…(^_^;)

サツキなど酷寒の地で自生していない木は、ムロなど
寒さを防ぐ対策をとらなければ、越冬は難しいです。

屋外に小さな小屋を作っても、湿度が保てなければ
枯らししてしまうことになります。

オホーツクのムロとは?

怪長の先輩にサツキの盆栽をたくさん持っている方がいます。

その方のムロは地下2m(床の位置)まで
掘り下げて、上屋はビニールハウスです。

ビニールハウスの床は板張り、
ムロはさしずめ地下室といった感じです。

コンクリートの壁に囲まれて、冬の間は
サツキの盆栽はそこで眠ります。

2mまで掘り下げる理由は、オホーツクでは冬になると
地下1m近くまで土が凍結するからです。

2mまで掘り下げると屋外ほど温度が下がらず、
湿度も保てるので寒さに弱い木を守ることができます。

先輩のムロは広10畳ほど。

大きな盆栽がたくさんあるので、その分広さが必要ですが、
ミニ盆栽でも、ムロを作るとなると、北海道では大掛かりな
施設になるかもしれませんね。

上屋のビニールハウスも雪で潰されないよう
頑丈なものが必要になります。

究極の野ネズミ対策

冬を雪の下で過ごしたミニ盆栽は、乾燥と闘って生き延びても
雪解けのころに野ネズミに食べられてしまうことがあります。
越冬中のミニ盆栽の最大の敵とは?|野ネズミ対策
で対策を紹介しましたが、
その中で最も確実な方法を
今回、写真で紹介します。

園芸用トレイの網の目の小さいものを使用します。

ホームセンターで売っています。
冬囲い1

冬囲い2

野ネズミが通れない程度の穴があいているトレイに
ミニ盆栽を並べ、上から同じトレイを蓋をするように重ねます。

雪が降るまでは蓋をしないで、雪が降ってミニ盆栽を
覆う程度に積もったら、ずれないように蓋をしておくと、
野ネズミをシャットアウトできます。

雪が溶けて地面があらかた見えるようになったら蓋を外します。

いつもの年は10月末から11月にかけて冬囲いをしますが、
今年は半月ほど早く囲ってしまいました。

今年はいつもの年より寒いです。

ミニ盆栽の紅葉も終わってしまいました。

あとは、採取した種が来年の春に芽を出すのを
楽しみにしながら、ひたすら春を待ちます。

まだ、雪も降っていないのに…。

それにしても北海道の冬は長すぎますよね~。

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る