紅葉(こうよう)|ミニ盆栽のいろいろな“赤”

ヤマモミジ

今年は急に寒くなったせいかモミジ、
楓類がきれいに赤くなりました。

北海道東部、オホーツクはもう秋です。
9月27日には雪虫が飛んでいました。

庭のミニ盆栽(鉢植えですが…^^;)いろづいています。

鉢ごとお見せすると「これでも盆栽か?!」
と言われそうなので赤く染まった葉っぱだけ
お見せします。

ハウチワカエデ

ハウチワカエデ

ここまで赤くなったのは初めて見ました。

ミニ盆栽を始めてから今までハウチワカエデは
紅葉があまりきれいではないと思っていましたが、違いました。

アメリカツタです

アメリカツタ
「冬はムロに…」と言われていましたが、
屋外での越冬にチャレンジして3年目。

しっかり生きています。

来年の春は茶わんではなく
ちゃんとした鉢に植え替えますね。

ミズナラ

カシワ

いつもの年ならもっと茶色っぽいのですが
、今年の秋は赤が少し強く出ています。

地味な紅葉ですが味わいがあって
怪長(ブログの管理人)は好きな色です。

メギです

メギ

ビニールポットの中で伸び放題になって
いたのですが、きれいな色になってくれました。

来年は素焼きの鉢に植え替えて元気に育てます。

このほかにも、紅葉の赤がきれい
な木はたくさんあります。

ナナカマド、ニシキギ、コマユミ、
カツラ、ナツヅタ、ツツジ類もきれいですね。

ただ、今年はあっという間に散って
しまってチャンスを逃しました。

来年の秋にご期待ください。

今年は忙しさにかまけてあまり
手入れをしませんでした。反省です。

ミニ盆栽も手のかけ方で良
くもなるし悪くもなります。

1年サボると、取り戻すのに
数年は掛かりそうです。

間延びしてしまった枝はけっこう致命傷
になりますので…「って、自分に言え!」と、
叱られそうですね。あぁ…。

オホーツクのミニ盆栽は10月の中すぎ
になると、葉も落ちて枝だけになります。

11月になると朝には氷が張ります。

11月末になるとしばれるので、冬支度です。

怪長のミニ盆栽はこの地域の木
ばかりなのでムロは持っていません。

冬の間、ミニ盆栽達はどうするのでしょう。

参考記事はこちらです
ミニ盆栽はどう冬を越す?|まさか雪の下では…

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。