越冬中のミニ盆栽の最大の敵とは?|野ネズミ対策

Ueno zoo_17
Ueno zoo_17 / ajari

<このねずみちゃんは記事とは関係ありません。かわいいです>

ミニ盆栽の冬越しは寒さと乾燥から木を守るためにムロなどで管理します。
積雪寒冷地では寒さに強い地元の木はそのまま雪の下で冬越しをします。
雪は乾燥した風を防ぎ、温度の変化を和らげるのでミニ盆栽の越冬には欠かせない存在です。
ところが、冬の終わりころになると、野ネズミが雪の下の盆栽を食べにやってくるのです。

樹高10㎝程度のミニ盆栽なら影も形もなくなるほど食べてしまいます。
まさか、思うかもしれませんが本当です。

雪が溶けてやっとミニ盆栽の顔を見ることができると楽しみにしている怪長も
何度か愕然とした経験があります。
仲間たちもあの手この手で野ネズミ対策を講じていますが、
毎年のように「たべられた」情報が届くのです。

いったいどのような被害なのか

こんなんです。
higaiato
ひどいものです。
小さい盆栽だと影も形もなくなります。
幹がわずかに残り、何の木かわからないほどになります。
広葉樹はほとんど食べます。
食べないのはアカエゾマツ。イチイもあまり好みではないようですが、食べます。
カラマツも食べます。
モミジなどカエデ類、ニシキギ、ツルウメモドキツツジ類は大好きなようです。

野ネズミはどこから来るのか

野ネズミは森や林など木のあるところには大抵います。

怪長(ブログの管理人)の住んでいるオホーツクでは
3月の上旬になると気温が上がり、雪が少しずつ解け始めます。
すると、地面と雪の間に隙間ができます。

隙間は地面だけでなく、建物の壁などどこにでもできるので
人間の目には見えないところで野ネズミはその隙間を伝って移動し、
樹木の根元にたどり着きます。

果樹園では雪踏みという作業をします。
木の幹の周囲の雪を踏み固めて隙間を埋めていきます。
そうしないと果樹の幹が食べられてしまうからです。

野ネズミからミニ盆栽を守る対策は?

怪長と仲間たちがやってみた対策と効果を紹介します。

1 殺鼠剤…ひと冬だけ効果はありました。翌年の冬は見事に食べられました。
2 紫蘇の茎…効果あり。秋に収穫した紫蘇を茎ごと束ねて盆栽のまわりに並べておきます。
3 アルミホイールで幹をくるむ…効果あり。ただ、盆栽の数が多いと大仕事になります。
4 猫…効果あり。偶然ですが、隣で飼っている猫が雪の下の野ネズミを見つけては食べていました。猫は聴覚が鋭いので雪の下を移動する鼠の音や声を察知して、雪を掘って捕まえます。
5 かご…鼠が通れない程度(5ミリ程度以下)の網でミニ盆栽を囲うと効果はあります。鉢が多かったり大きいと囲いも大掛かりになりますが、最終的にはこの方法が最も確実です。

もし、野ネズミ対策に失敗してミニ盆栽を食べられたとしても、
それほど悲観することはありません。負け惜しみですが…。
食べられた盆栽の半分くらいは新しい芽が出て、復活します。
すごく小さな盆栽になりますが、意外に素晴らしい豆盆栽に生まれ変わることがあります。

関連記事はこちらです。
ミニ盆栽はどう冬を越す?|まさか雪の下では…
野ネズミは剪定の天才?|ミニ盆栽の樹形を一瞬で変える

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る