カラマツ剪定から50日|ミニ盆栽の未来のイメージ

枝がぼうぼうになったカラマツを剪定してから50日。
葉が増えて元気になってきました。
剪定直後の写真と見比べるとよく分かります。
そこでこの先、どう育てていくのか怪長(ブログ管理人)のイメージを紹介します。

スポンサード リンク

前回の記事
剪定(せんてい)の実例|どうする?崩れたミニ盆栽

枝がぼうぼうになったカラマツを…
どうしようもないき1

剪定したら
剪定木4
さっぱりしました。6月22日です。

2週間ほどして葉が大きくなり始め
50日経った今では緑が増えました。
2014-08-15 それカラマツ
新しい根が伸びて元気になってきたということですね。
ほっとしています。(^^)

枝が1本復活せずに枯れてしまいましたが、
なんとかなるでしょう。

このまま、漫然と育てていても盆栽にはなりませんから
頭の中に設計図を描きながら、カラマツと付き合っていこうと思います。

将来のイメージ

三幹で真ん中の木を頂点にします。
2014-08-15 未来の絵
将来の樹形はこんなイメージかなぁと思います。

枝の手入れ

新芽を摘んでいくと枝が増えてボリューム感が出てきます
ところが左側の赤◯のあたりは枝が少なくて空間が目立ちます

左の木の芽摘みをしっかりしていくと、幹から新芽が出てくる
可能性があるので期待しています。

もし、新芽が出なかった場合は改めて左の木の樹形を検討します。

2014-08-15 これカラマツ
はかれた枝です。復活の見込みはないので切ります
の◯の中には幹から小さな目が出ていますので大切に育てていきます。
の←は、伸びてほしい枝なので小枝が増えるように芽摘みをしながら伸ばしていきます。
の幹から枝を出すには、その上の芽摘みをしっかりやっていくと
可能性があります。
必ず出るとは言い切れませんが樹勢が増してくると、出ると思いますよ。(^^)

根の手入れ

木を元気にさせるには、根の手入れが大切です。
来年は植え替えをせずに、肥料で樹勢を高めて枝の生長をうがなしながら、
芽摘みを丹念に行って枝を増やしていきます。

2年後に植え替えをします。
その時に徒長根と絡み根を整理してザルに植え替えます。
ザルに植えることによって、細かい根が増えます。
水やりに気を配らなければなりませんが、
根が丈夫になり、幹を太くするのにはこの方法が最適です。
参考記事はこちら
ミニ盆栽の幹を太くする方法|3つの方法のメリットとデメリット

細かい根が増えると樹の枝も増えてきますので、
少しは盆栽らしい樹形になっているでしょう。

新しい枝が増えていたら設計図を書き直します。

そんな期待を込めながら育てていこうと思います。
カラマツちゃん頑張ってね~(^^)

スポンサード リンク


【ミニ盆栽の基礎講座】毎朝5時配信の無料メルマガ


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、お届けします。
無料です。
用語集と失敗談特集のPDFもプレゼントしちゃいます。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

こんな記事もあります

Comment

  1. サラダ より:

    初めまして。

    • 怪長 より:

      サラダさん
      はじめましで
      コメントありがとうございます。

      いま風邪ひいてもは〜っとしてますが、
      今後ともよろしくお願いします。

      怪長

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る