や行・ら行・わ

ミニ盆栽の用語集 や行・ら行・わ

やくえだ【役枝】

一の枝、二の枝、後ろ枝など役割を持った枝のことです。差し枝や受け枝、利き枝など樹形の骨格になる重要な枝です。

やつふさ【八ッ房】

同じ種類の普通の木と比べ、枝葉が細やかに密集して、小さく詰まって生える性質のことです。

やごめ【ヤゴ芽】

「ヒコ生え」のことです。

やまどり【山採り】

自然の中から盆栽の素材を採取すること。

ゆごうざい【癒合剤】

剪定や枝抜き後などにできる傷口を早く癒すために塗るペースト状の薬剤で様々な種類があります。傷口から雑菌が入り腐敗するのを防止し、傷口の肉の盛り上がりを促進する効果があります。

よこね【横根】

横に広がるように伸びる根のことです。年月が経つ根張りになるので大切にしておきます。

よびえだ【予備枝】

将来の主枝にするために切らないで付けておく枝を予備枝といいます。これに対し、幹や枝を太らせるために付けておき、必要な太さになったら切る枝を犠牲枝といいます。

よびつぎ呼び接ぎ】

接木の技法のひとつ。通常の接木は根のついた台木に、根を外した幹や枝を「接ぎ穂」として活着させますが、呼び接ぎは、根がをつけたままの状態で接ぐ方法です。枯らしてしまうことが少ない方法です。

らくようじゅ【落葉樹】

1年で葉が落ちる種類の木を落葉樹といいます。広葉樹のうちモミジなどは秋に葉が落ちる落葉樹ですが、常緑の広葉樹もあります。針葉樹は落葉樹ではありませんが、針葉樹の中のカラマツは秋に落葉しますので、別名「らくよう」と呼ばれます。

ろうかん【老幹】

長い年月をかけて手入れされ、古さ、時代のある盆栽のことです。

ろうそくめ【ロウソク芽】

黒松や五葉松などの新芽が伸びるとはロウソクのような形になるので「ロウソク芽」といいます。「みどり」ともいいます。

わばち【和鉢】

日本で製造された盆栽用の鉢。日本の木と気候に合う品質の良い鉢です。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る