は行

ミニ盆栽の用語集 は行

はがり【葉刈り】

春から初夏にかけて、葉が固まってきたら葉柄を残して葉を刈り取る技法。小枝を増やしたり、大きな葉を刈り取って小さな葉とのバランスをとるために行います。モミジやカエデなど葉もの盆栽によく使います。芽吹きの良い樹種なら、年間3、4回可能ですが、積雪寒冷地だと年に1回です。

はぎり【葉切り】

葉を部分的に切って小さくすることです。日照・通風を良くする目的でおこないます。葉刈りと違って二番芽がでません。

はこかざり【箱飾り】

棚飾りのひとつで箱型の飾り棚を使て飾り付けます。小品盆栽の飾りつけは箱飾りが主流です。

はさみづくり【ハサミ作り】

ハサミだけ、つまり剪定だけによって樹形を作る方法。樹木の芽は上に伸びるため、枝などの骨格をつくには針金で枝を伏せますが、樹形が固まってきたら、針金を使わずに方向の良い芽を残す剪定だけで小枝を作る方法に切り替えます。

はしりえだ【走り枝】

極端に勢いが強く、大きく伸びた枝のことです。放置しておくと樹勢が偏り、細い枝が枯れてしまうこともあるので通常は切りますが、立て替えをしたり、犠牲枝として幹が太くなるまで残すことがあります。

はしりね【走り根】

ほかの根に比べ極端に長く伸びた根のこと。根も枝と同じように勢いが平均化して、細かい根が増えた方がよいので植え替えのつど取り除きます。

はしょう【葉性】

葉の性質のことです。同じ種類の木でも葉の形や大きさ、色、艶などがそれぞれ少しずつ違っていて、個体差があります。その性格をはしょうといいます。良い葉性の条件は
・針葉樹=葉が短い、真っすぐ、色が鮮明、太め
・雑木は=葉が小さい・光沢がある・色彩が鮮明・紅葉が美しい

はずみ【ハズミ】

盆栽の枝のリズムのようなものを「はずみ」といいます。盆栽は幹筋の流れに対して枝の位置や長短で変化と躍動感をかんじさせてくれますので、はずみのある盆栽は素晴らしい盆栽といえます。

はたあげもの【畑上げもの】

畑で太くした素材。短期間で太くなるので、古さ(時代)が出ていないことが多いので、鉢で長く育てて幹肌に古さを持たせるようにします。鉢に移す時は値についた畑の土を水できれいに落とすのを忘れないようにしましょう。

はばり【葉張り】

盆栽の左右の葉の量の多さ、サイズのことをいいます。幹の太さや枝打ち(枝ぶり)、鉢の大きさなど全体的に見て大きすぎる時は縮めます。

はなめ【花芽】

芽には、花が咲く芽と葉になる芽があり、花が咲く芽を「花芽」といいます。木の種類によって徒長枝の先につくもの、比較的短くて太い枝につくものなどがあります。

はぬき【葉抜き】

黒松や赤松の葉を抜いて整理をすること。樹勢を整えたり、日当たり、風通しをよくするために行います。芽切りの補足として休眠期に行なう。

はねだし【ハネ出し】

根連なりや寄せ植えなどで、幹の1本がほかの幹とは離れたところにあることです。その幹のことも「はねだし」といいます。全体の躍動感をつくる役割をにないます。小さいものをハネ出しに持ってくるのが一般的で、小品盆栽の棚飾りなどで左または右に離れて配置する一群のことも「はねだし」といい、全体の流れを受け止めるのが役割になります。

はみず【葉水】

根元に水をやる「根水」に対して、頭からは全体に水をやることを「葉水」といいます。葉の表面温度や湿度を調節するのが目的です。特に植え替え直後の根の量が減った状態の時や、夏の暑い時などは、て葉からの蒸散量を抑えることができる。

はめ【葉芽】

葉になる芽です。花芽よりも小さい。

はやけ【葉灼け】

葉先または枝先が枯れて褐変または黄変すること。葉焼けを起こすと褐色になった部分は下には戻りません。水切れが原因のことが多いのですが、根が弱っている可能性もあるので、鉢から抜いて確かめてみましょう。寒冷沙で直射日光を避けることや西日を避けるようにしましょう。

はりがねかけ【針金かけ】

銅線、アルミ線を幹や枝に巻きつけて曲がりをつける作業のことです。
曲がりを付けることを「模様を入れる」といいます。樹形を変えるのが目的です。
それによって、姿を良くしたり、日照・風通しを良くしてフトコロ芽の芽吹きと育成に期待ができます。
木をいじめているように見えますが、自然界の力は針金の力よりも急激で強いものです。

はんけんがい【半懸崖】

懸崖、半懸崖は崖の淵で生きる木の姿を表しています。
木の先端が鉢底より下にある樹形を「懸崖」、鉢底より上にあるのを「半懸崖」といいます。
参考記事はこちらです。
ミニ盆栽樹形のいろいろ|よくみる樹形

ひこばえ【ヒコ生え】

木の根元から生えてくる芽。低木で株立ちする木でよく見られます。
放置すると樹形を崩してしまうので、通常は切ります。うまく利用すると株立ちや根連なりの樹形を作ることもできます。
勢いが落ちた元の木に代わりに、木自身が新しい幹を育てようとする現象でもあります。
「ヤゴ芽」、あるいは「シュート」とも呼ぶことがあります。

ひばい【肥培】

肥料を与えて幹や枝を太くすること。元気のない木を肥料で復活させることも肥培といいます。
目的や樹種によって与える肥料の成分の配分が異なるので、肥料のことを知っておく必要があります。

ふていが【不定芽】

不定芽(ふていが )とは、想定外の場所から出る芽を不定芽と言います。
植物の芽は芽吹く位置がだいたい決まっているため、分かりますが、予想外のところから出ることもよくあります。
諦めていた場所に出ると嬉しいですよね。

ふところ【フトコロ】

幹に近い枝元部分のことを言います。人間のにの腕にあたる部分です。

ふり【振り】

幹が描く曲線のことを「振り(ふり )」あるいは「幹模様」といいます。
盆栽は下が大きく、上に行くに従って振りが小さくなる盆栽は良い盆栽といわれます。

ふるはとり【古葉取り】

五葉松などの古い葉を取り除く作業のこと。日照・通風を良くするために行います。
夏場から秋口にあたりが適期です。
ピンセットで取る方法とハサミできる方法がありますが、慣れるまではハサミの方が木を傷めなくてすみます。

ほね【骨】

その木がもともと持っている樹形。樹形の骨格ともいえます。

ほんばち【本鉢】

観賞用の見栄えの良い鉢のことを「本鉢」といいます。「化粧鉢」ともいいます。
これに対して素焼きの鉢は「育成鉢」「仕立て鉢」といいます。素焼きの鉢の方が値に酸素を供給するのに優れています。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る