た行

ミニ盆栽の用語集 た行

たかうえ【高植え】

用土を盛り上げて根元が鉢の縁より高くなるように植えつけること。
根の温度が上がりやすく根元が太くなります。大気にさらされやすいので、根張に古さを出すために使う方法ですが、底根がたくさん残っている時は高上になってしまうので、そうならないようにしましょう。

たちあがり【立ち上がり】

幹の根元に一番近い部分の傾き方を立ち上がりといいます。一の枝(一番下の枝)までの間を指すこともあります。直幹であればまっすぐ、模様木なら左右どちらかに少し傾き、斜幹なら傾斜が強くなります。懸崖の場合は色々な立ち上がり方があります。樹形の基本になる重要な部分です。立ち上がりは根張と関係が深く、自然な立ち上がりが理想です。立ち上がりの太い木は重厚感が出ます。

たてかえ【立て替え

枝ぶりや幹の立ち上がりなど樹形があまり良くない盆栽でも向きを変えて樹冠や樹芯、枝ぶりを作り変えると見違えるほど良くなることがあります。作り変えることを「立て替え」といいます。幹から新芽が吹きやすい樹種だと立て替えがしやすいです。

たなかざり【棚飾り】

中を仕切った箱型の棚に小品盆栽を飾ったもののことです。
主木(主役になる小品盆栽)と、主木に添える小さな盆栽、草物などを配置して棚そのものをひとつの作品に仕上げます。

たなわり【棚割り】

一つの枝から出た葉を小さなブロックに分けることを「棚割り」といいます。棚割りされてできたブロックを「枝棚」といいます。枝棚を作ることで奥行きや立体感を作ることができ、枝の根元、幹に陽の光を当て、風通しを良くすることができます。

たまひ【玉肥】

油かすや骨粉などを練って球状に固めた有機肥料のことです。効果がゆっくり現れるので盆栽の培養によく用いられます。水をやることによって成分が少しずつ溶けて鉢にしみ込み、効果を発揮しますが、雨が続くと肥料のやり過ぎになることもあるので、注意が必要です。ミニ盆栽では玉肥のほかに、即効性のある液肥を使うこともあります。

たんし【短枝】

短い枝のことです。短枝は組織が充実していて、花芽や実が結実しやすい性質があります。実もの樹種では短枝に花芽を持つものが多いので、枝づくりでは短枝を多く残すとよいです。

ちょっかん【直幹】

幹に曲がりがなく、真上に伸びている樹形。広い大地でまっすぐ高く伸びた木の姿を表しています。自然界では根が八方に均等に伸びていないと傾いてしまうので、盆栽の直幹には八方根張りが要求されます。こけじゅん、枝順など基本的な要素がすべて求められ、ごまかしのきかない樹形なので、盆栽の中では数が少ない樹形です。

ちょっこん【直根】

種子から初めて真下に伸びた根のことをいいます。ゴボウ根ともいいます。この根を切っておかないと横に張り出す根が育ちにくく、良い盆栽に仕立てるのが難しくなりますので、できるだけ早く切っておきます。

つかみよせ【つかみよせ】

同じ木から取れた種で実生苗を作り、苗木を数本から数十本、たがいの根元をつけて束ねて植え込む方法。苗の幹が太くなるにつれ癒着すると、株立ち風の多幹樹形になることがあります。

つぎき【接ぎ木】

一般的には果樹や花木で行われる繁殖方法のひとつです。接がれる方の木を「台木」、接ぐ方の木を「接ぎ穂」といいます。
盆栽以外では台木に別の種類の接ぎ穂をつなぐことが多いのですが、盆栽では同じ種類の木をつなぎ合わせて、樹形や枝ぶり、根張りをよくするために行います。
フトコロに枝がない場合など、枝の欲しい場所に枝や芽をつくったり、よい根張りになるよう足りない部分に根を接ぐこともあります。
方法としては
・台木の形成層と接ぎ穂の形成層を合わせて癒着を促す「切り接ぎ」
・台木、接ぎ穂ともに切り取らず、根をつけたままの状態で接ぐ「呼び接ぎ」
・幹に穴を開け、接ぎ穂を通して活着させる「通し接ぎ」があります。

どうぶき【胴吹き】

幹や枝の途中から芽が出てくることを胴吹きといいます。枝のつけねや、陽の光があまり当たらない内側の部分を「フトコロ」といいますが、フトコロに吹いた芽を大切に育てることによって、枝の間延びを改善したり、枝ぶりを良くすることができます。胴吹きしやすい木と、しにくい木がありますが、樹勢がのっている木は胴吹きも旺盛です。

とちょうし【徒長枝】

勢いよく伸びた枝のことです。枝を伸ばしたままにしておくと、勢いが強くなり養分がその枝に取られるため、ほかの枝の生長が妨げられます。早いうちに切ってしまう不要の枝です。
切らないで育てる場合もあります。幹や枝を太くしたい時は、徒長枝をそのままにしておくと、枝の下の部分が太くなりやすいです。望んでいた太さが得られたら切ってしまうので、太くするために伸ばした徒長枝を「犠牲枝」と呼びます。

とぶ【飛ぶ】

芽と芽、枝と枝の間隔が広く間延びしていることです。
「ここ飛んでるね(あるべきところに枝や芽がないねの意味)」などと使われます。
手入れをサボると飛びます。
コント55号の「とびます、とびます」とは違います。コレワカルヒトハ カンリニント ドウセダイカモ

とめる【止める】

枝を切って先端部の生長点を取り除くことです。
木の姿を整えるだけではなく、枝の立て替えや、実もの盆栽などで結実を確実なものにするために枝を短くしておく目的で行うことの方が多いです。

とりき【取り木】

幹を削って養分の通り道を遮断することで、上の幹や枝の形成層から根を出させる技術のことです。新しく出た根の下部で切断し、上の部分を盆栽にするために行います。盆栽の素材を得るためだけでなく、改作にも活用でます。
小品盆栽、ミニ盆栽には取り木で作られた素晴らしい作品がたくさんあります。
参考記事はこちらです。
取り木の方法|樹形のよくないミニ盆栽が激変!

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る