さ行

ミニ盆栽の用語集 さ行

ざ【座】

樹の根元の根張り姿のことで、細かい根が横に薄く広がっている状態を「座」といいます。四方に広がり癒着して盤状になった根を「盤根」といいますが、盤根や盤根になりかけている状態も座といいます。

さく【作】

農業でいう「作」と同じような意味です。その年のでき具合。培養の結果や仕上がり状態のこと。ミニ盆栽の場合「今年は豊作だ!」とは言いませんが、「天候に恵まれて作が良かった」とは言います。「もう一作すれば良くなる」などと使われる。

さしえだ【差し枝】

利き枝の一種で、長く「差し出す」ように突き出ている枝のことです。樹高とのバランスが求められます。

さしき【挿し木】

枝を土に挿して発根させて同じ性質の素材を増やす技術です。葉を挿す場合は挿し穂と呼びます。
参考記事はこちらです。
挿し木でつくるミニ盆栽の素材|ツルウメモドキ

さばみき【サバ幹】

風雪、雪崩、土砂崩れなど自然に生きる木は様々な傷を負います。皮が剥がれたり、割れる、裂けるなどして木質部をむき出しにしながらも生きている木の幹のことです。

じだい【時代】

「時代を感じる」という表現で使われます。古さのことをいい、盆栽やミニ盆栽の世界では古木に見える木を「時代がのっている」ということが多いです。時代は幹肌に現れます。

したえだ【下枝】

下の方の枝のこと。一本の枝を指す場合と下の方の枝のまとまりを指す場合の両方があります。

しめこむ【締め込む】

枝などが間伸びしないようにフトコロ芽を大切にして枝岐れをつくることをいいます。締め込まれた木は引き締まった樹形になり、、小さくても巨木を連想させてくれます。

しゃかん【斜幹】

盆栽の樹形の一種で、幹が斜めに立ち上がっている姿をいいます。模様木の中でも、傾きが強く躍動感があります。木は根張の弱い方に傾くので、斜幹は傾きと反対側の根(引き根)が力強いことが条件になります。

しゃり・じん【シャリ・ジン】

皮が剥がれて露出した樹の幹や枝の木質部が朽ちて白く変色した状態。枝の枯れたものをジン、幹の枯れたものをシャリと呼びます。松柏類に多くみられ、盆栽ではジン、シャリを巧に使って古さ、荒々しさなど自然の力と木の生命力を表現します。

しゆういしゅ【雌雄異株】

雌花をつける株と雄花をつける株のが分かれている植物のことです。ミニ盆栽する木ではイチョウ、ツルウメモドキなどがあります。雄花をつける木を雄木、雌花をつける木を雌木といって、雌木には実がなりますが、雄木には実がなりません。

しゅかん【主幹】

寄せ植え・株立ち・根連なりなど複数の幹を持つ盆栽の中心的な幹のことをいいます。最も太く、高く、力強い幹で、全体のイメージを左右する大切な幹。双幹の場合は夫婦の夫役が主幹になりますが、妻をいたわる優しさも備えていなければなりません。
もしかしたら、かかあ殿下の双幹があるかもしれませんね~。冗談です。ハハハ

じゅかん【樹冠】

「じゅしん(樹芯)」ともいって、どちらも樹木の最上部を示す用語です。「樹冠」は一番上の枝のまとまり(枝棚)を呼ぶ時に使います。一方、先端部分で幹の頂点を「樹芯」と呼びます。どちらも樹形に大きな影響があり、木の輪郭や流れを決めるのに欠かせない部分です。

じゅせい【樹勢】

樹の勢いのことです。枝葉、幹、根の伸長が順調で元気のある状態を「樹勢がある」とか「樹勢が良い」といいます。

じゅせい【樹性】

木の性質、性格のことを樹勢といいます。生長の速さ、葉の性質、好みの土壌など木の種類によって異なるので、樹性を知ることがミニ盆栽を上手時育てる一歩です。同じ種類の木でも性質が違うことがありますが、これを「しょう(性)」ので、よく観察することも大切です。

しゅぼく【主木】

限られた空間に複数の盆栽を飾り付ける際、主役になる盆栽のことです。もしくは、盆栽の木のことを言います。主木をどのような木にするかで、飾り方も変わってきます。

しょう【性】

樹の個体差を表す言葉です。「性が良い」「葉性(はしょう)」「皮性(かわしょう)」などのように使います。芽や葉が小さい性質を「八ッ房」というように、性が固定化されたものを品種のように使うこともあります。例えば、アカエゾマツの八ツ房、モミジの荒皮性…などです。

しんしょう【新梢】

その年に伸びた枝のことで「当年枝」ともいいます。新梢の伸びが良い木は樹勢が良いことを意味します。

すかす【透かす】

葉・芽・枝・根などの量を減らすこと。強い枝と弱い枝の、強い葉と弱い葉の力の調節をする時に使う方法です。幹やフトコロの風通しを良くしたり、陽の光を当てるのにも有効な方法です。美観上のバランスを整える効果もあって、剪定ではどのように透かすかが重要になります。

せきかざり【席飾り】

盆栽を飾りつけることの総称。床飾り、棚飾りなどもこれに含まれる。盆栽を飾る空間を『席』といい、席の限られた空間を隅々まで意識した飾りが良いとされる。主木の向きや樹形の流れを意識して盆栽の主類や大きさ、樹形に配りょしながら飾ります。水石や添景を用いて自然を連想させる風景を作り出します。

せっかいいおうごうざい【石灰硫黄合剤】

農薬の一種で、殺菌・殺ダニの効果があります。昔から使われている必要に応じた倍率に水で薄め、筆などで塗布、または噴霧器で散布します。通常は1000倍程度に薄めるのが適当といわれていますが、冬の休眠期は一般的に20倍程度。ジンやシャリの化粧もこれで行ないます。

せっかん【節間】

葉や枝の出ているところを節といいます。「せっかん」は節と節との間のことです。小さく作るべき盆栽、ミニ盆栽では節間が間伸びすると、締りのない樹形になりやすいです。犠牲枝など特殊な場合を除き、芽摘みや切り戻しを丹念に行って節間を短く作っていくのがコツです。

せんてい【剪定】

枝や葉、幹を切り整えること。単純に枝や幹の長さを整えるだけでなく、様々な目的を持って行われます。水やり、植替えとともに盆栽には欠かせない作業です。剪定の目的は次のようなものです。
・樹形、樹形に影響する枝の流れ(枝芯、枝骨)を作る。
・徒長枝、勢い良く伸びる枝を抑え、弱い枝の伸びを促す。
・密生した枝葉を透かして、新芽の発芽を促す。
・風通しを良くして病害虫の発生を防ぐ。
・日陰になりやすいフトコロの日照不足を防ぐ
・木を小さく作ったり、小さいまま維持する。

そうかん【双幹】

ひとつの株から2本の幹が出ている樹形です。背が高くて太い方を主幹、細く低い方を副幹と呼びます。よく、中の良い夫婦に例えられます。主幹が夫、副幹が妻。主幹の樹冠、樹芯が寄り添うように副幹の方を向いていると、優しい雰囲気が出ます。2本の幹の高さと太さ、向きの調和が大切です。幹の岐れめが少し上にあるものは、途中双幹と呼ばれます。

そえ【添え】

飾りの中で、主木に対して飾られる盆栽。主木が黒松の模様木なら添えは雑木や花もの・実もの、山野草などが用いられ、主木を引き立てる役目を果たす。映画の脇役に当たります。

そこね【底根】

幹の真下の部分にある根のことをいいます。幹が太く、樹形ができてきたらできるだけ取り除き、横に伸びる根を育てながら細かい根を増やしていきます。楓、モミジ、ケヤキなど薄い鉢に植えつける木は、切り詰めながら育てます。

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る